一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)業種および職業による現在のマリファナ使用 ― コロ・・・

MMWR抄訳

rss

2018/04/13Vol. 67 / No. 14

MMWR67(14):409-413
Current Marijuana Use by Industry and Occupation — Colorado, 2014–2015

業種および職業による現在のマリファナ使用 ― コロラド州、2014年~2015年

Colorado Department of Public Health and Environment(CDPHE)が2017年に発表したデータによると、コロラド州の成人(18歳以上)の8人に1人以上がマリファナを使用していた(2014年:13.6%、2015年:13.4%)。CDPHEは今回、現在の労働者のマリファナの使用状況について、Behavioral Risk Factor Surveillance System (BRFSS)データを用いて業種および職業別に分析を行った。回答率は2014年が57.0%、2015年が55.2%であり、全回答者26,936名のうち18,848名(70.0%)がマリファナまたはハシシを使用したことがあると回答した。このうち18,674名(99.1%)の回答では、現労働者または1年未満の失業者は10,169名であり、うち現使用者(30日以内にマリファナを使用)は14.6%であった。年齢別では18~25歳29.6%、26~34歳18.6%、35歳以上11%、男女別では男性17.2%、女性11.3%であり、人種/民族別では非ヒスパニック系白人15.3%、ヒスパニック系15.1%、非ヒスパニック系黒人14.5%の順であった。業種別では宿泊および外食産業がもっとも高く(30.1%)、職業別では調理および給仕がもっとも高かった(32.2%、年齢補正使用率:19.2%)。労働者が自らの安全または他人の安全に責任のある職業のうち、建設および採掘業(16.5%)、農業、漁業および林業(16.5%)、健康管理支援(15.8%)は州平均値(14.6%)より高く、輸送および物流業(10.3%)、健康管理および技術(3.1%)は低かった。業種別では健康管理および社会的援助(7.4%)、公益事業(5.8%)、鉱山、石油、ガス(5.2%)、にて低く、輸送および物流業は10.2%と州平均を下回っていた。

References

  • Colorado Department of Public Health and Environment. Marijuana use trends and health effects. Denver, CO: Colorado Department of Public Health and Environment; 2018. <https://www.colorado.gov/cdphe/marijuana-health-report>
  • CDC. About the Behavioral Risk Factor Surveillance System (BRFSS). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <https://www.cdc.gov/brfss/about/index.htm>
  • Towle M, Tolliver R, Bui AG, Warner A, Van Dyke M. Adding industry and occupation questions to the Behavioral Risk Factor Surveillance System: new opportunities in public health surveillance. Public Health Rep 2015;130:153–60. <https://doi.org/10.1177/003335491513000208>
  • Goldsmith RS, Targino MC, Fanciullo GJ, et al. Medical marijuana in the workplace: challenges and management options for occupational physicians. J Occup Environ Med 2015;57:518–25. <https://doi.org/10.1097/JOM.0000000000000454>
  • Bureau of Labor Statistics. Table A-1. Fatal occupational injuries by industry and event or exposure, all United States, 2016. Washington, DC: US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics; 2018. <https://stats.bls.gov/iif/oshcfoi1.htm#other>
  • Asbridge M, Hayden JA, Cartwright JL. Acute cannabis consumption and motor vehicle collision risk: systematic review of observational studies and meta-analysis. BMJ 2012;344:e536. <https://doi.org/10.1136/bmj.e536>
  • Phillips JA, Holland MG, Baldwin DD, et al. Marijuana in the workplace: guidance for occupational health professionals and employers: joint guidance statement of the American Association of Occupational Health Nurses and the American College of Occupational and Environmental Medicine. Workplace Health Saf 2015;63:139–64. <https://doi.org/10.1177/2165079915581983>
  • Carpenter CS. Workplace drug testing and worker drug use. Health Serv Res 2007;42:795–810. <https://doi.org/10.1111/j.1475-6773.2006.00632.x>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ