一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)バイタルサイン:新規の多剤抵抗性細菌と抵抗性メカニ・・・

MMWR抄訳

rss

2018/04/06Vol. 67 / No. 13

MMWR67(13):396-401
Vital Signs: Containment of Novel Multidrug-Resistant Organisms and Resistance Mechanisms — United States, 2006–2017

バイタルサイン:新規の多剤抵抗性細菌と抵抗性メカニズムの封じ込め ― アメリカ、2006年~2017年

医療の現場における新興の抗生物質耐性の制御のための取り組むは、時間とともに進化している。基質拡張型βラクタマーゼ(ESBL)を介した広域スペクトル抗菌薬への耐性が、1980年代に発生した時、拡散を鈍化させるための標的化した介入は、広範囲には普及しなかった。一方、カルバペネム系抗生物質に対する耐性を与えるカルバペネマーゼを有する腸内細菌科が出限した時は、直接的な制御努力が推奨された。これらの異なる取り組みは、2つの病原体の蔓延において、異なる結果をもたらした可能性がある。CDCは、カルバペネム耐性を制御するために開発された介入を基礎とする強化した抗生物質耐性の検出および制御戦略の初期の所見とともに、これらの潜在的変化を評価した。広域スペクトラムセファロスポリン(ESBL表現型)またはカルバペネム耐性(カルバペネム耐性腸内細菌、CRE)に非感受性である特定した病原体の年間比率の変化を算出するために、2006年~2015年のNational Healthcare Safety Networkからの感染データを分析した。また、CREおよびカルバペネム耐性Pseudomonas aeruginosa(CRPA)の検査結果も報告する。短期滞在型の急性期ケアの病院では、ESBL表現型を有するKlebsiellaと大腸菌の分離株の割合は比較的安定したままで、2006年の17.6%から2015年の16.5%へ推移し、 2009年がピーク(18.9%)であった。CREの割合は2006年では8.8%、2007年では10.6%であったが2015年には3.1%に減少した。 2006年~2015年にESBL表現型を有する分離株の年間のパーセンテージは、年間で平均2%減少した。 同じ期間に、CREの割合は年間で15%減少した。 分析はすべての年に報告された施設に限定された場合、結果は変わらなかった。2017年の1月から9月では、32州からの4,442のCRE分離株および1,334のCRPE分離株においてカルバペネマーゼが検査され、CRE分離株の32%、CRPA分離株の1.9%でカルバペネマーゼ産生株であった。発端患者の無症候性の医療的接触を特定するために、カルバペネマーゼに対する1,489例のスクリーニング検査を50施設の70件の調査において実施した結果、全体でスクリーニング検査の11%が主に公衆衛生上の問題となる5種類のカルバペネマーゼの少なくても1種類で陽性であった。CRE腸内細菌の感染の割合は、ESBL表現型による感染よりも、年々減少した。 この違いは、CREに対する直接的な制御努力によって説明することができる。 新興の抗菌薬耐性の脅威への検出の増加と早期の積極的な対応は、さらなる蔓延を遅らせる可能性がある。

References

  • Weiner L, Webb A, Limbago B, et al. Antimicrobial-resistant pathogens associated with healthcare-associated infections: summary of data reported to the National Healthcare Safety Network at the Centers for Disease Control and Prevention, 2011–2014. Infect Control Hosp Epidemiol 2016;37:1288–1301.
  • Jacoby GA, Medeiros AA, O’Brien TF, Pinto ME, Jiang H. Broad-spectrum, transmissible beta-lactamases. N Engl J Med 1988;319:723–4. <https://doi.org/10.1056/NEJM198809153191114>
  • Yigit H, Queenan AM, Anderson GJ, et al. Novel carbapenem-hydrolyzing beta-lactamase, KPC-1, from a carbapenem-resistant strain of Klebsiella pneumoniae. Antimicrob Agents Chemother 2001;45:1151–61. <https://doi.org/10.1128/AAC.45.4.1151-1161.2001>
  • Schwaber MJ, Carmeli Y. An ongoing national intervention to contain the spread of carbapenem-resistant Enterobacteriaceae. Clin Infect Dis 2014;58:697–703. <https://doi.org/10.1093/cid/cit795>
  • Landman D, Bratu S, Kochar S, et al. Evolution of antimicrobial resistance among Pseudomonas aeruginosa, Acinetobacter baumannii and Klebsiella pneumoniae in Brooklyn, NY. J Antimicrob Chemother 2007;60:78–82. <https://doi.org/10.1093/jac/dkm129>
  • CDC. Guidance for control of infections with carbapenem-resistant or carbapenemase-producing Enterobacteriaceae in acute care facilities. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2009;58:256–60.
  • CDC. Vital signs: carbapenem-resistant Enterobacteriaceae. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:165–70.
  • CDC. Interim guidance for a public health response to contain novel or targeted multidrug-resistant organisms (MDROs). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/hai/outbreaks/docs/Health-Response-Contain-MDRO.pdf>
  • CDC. Antibiotic Resistance Lab Network. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/drugresistance/solutions-initiative/ar-lab-networks.html>
  • CDC. New carbapenem-resistant Enterobacteriaceae warrant additional action by healthcare providers; February 14, 2013. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. <https://stacks.cdc.gov/view/cdc/25250>
  • Prabaker K, Lin MY, McNally M, et al.; CDC Prevention Epicenters Program. Transfer from high-acuity long-term care facilities is associated with carriage of Klebsiella pneumoniae carbapenemase-producing Enterobacteriaceae: a multihospital study. Infect Control Hosp Epidemiol 2012;33:1193–9. <https://doi.org/10.1086/668435>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ