一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)花卉農場における職業的曝露による急性メタムナトリウ・・・

MMWR抄訳

rss

2018/04/13Vol. 67 / No. 14

MMWR67(14):414-417
Acute Metam Sodium Poisoning Caused by Occupational Exposure at a Flower Farm — Uganda, October 2016

花卉農場における職業的曝露による急性メタムナトリウム中毒 ― ウガンダ、2016年10月

2016年10月25日、Uganda Ministry of Healthはウガンダ中央部の花卉農場において労働者80人以上が嘔吐、失神、急性の下痢を来し、うち27人が入院したとの報告を受けた。11月1日、Uganda Public Health Fellowship Programによる調査が行われ、従業員562名のうち110名に症状を認めた[発病率:20%、女性:104名、平均年齢25(17~46)歳]。発病率は女性が男性よりも有意差に高く(女性:22%、104/465名、男性:6%、6/97名)、仕事の内容による有意差も認めた(管理者:5%~花摘み者:28%)。死亡例はなく、対症療法により全例が回復している。症例数は10月14日に急激に増加、以後漸減し、21日以降は約2例/日となった。症状はめまい(81/110例、74%)、息切れ(50/110例、45%)、眼の刺激(50/110例、45%)、頭痛(37/110例、34%)が多かった。症例65例と対照101例によるケースコントロール研究では、症例の83%(54例)と対照の34%(34例)が10月14日~21日の間に温室7で働いていた。農場の管理スタッフによると、温室では約1週間おき3回を1ラウンドとして2ラウンド、有機硫黄化合物メタムナトリウムによる燻蒸消毒を行っており、温室7は10月8日、13日、22日に消毒作業が行われていた。調査の結果、10月13日の作業に安全プロトコール違反があり、燻蒸エリアのカバーが不十分であったため、蒸気が土壌から漏れ、温室内に充満したと考えられた。また、消毒作業後24時間は入場禁止とするべきことを怠っており、さらに花摘み者はゴム長靴とエプロンのほか、呼吸器や目、その他の防護具を着用していなかった。以上により、労働者に対する職業上の危険性の認知、安全プロトコール遵守の重要性、リスクに対する対応の強化が指摘され、農場の管理者が対応している。

References

  • Carlock LL, Dotson TA. Metam-sodium [Chapter 107]. In: Krieger R, ed. Hayes’ handbook of pesticide toxicology. 3rd ed. Amsterdam, Netherlands: Elsevier; 2010:2293–306.
  • Pitt JJ. Principles and applications of liquid chromatography-mass spectrometry in clinical biochemistry. Clin Biochem Rev 2009;30:19–34.
  • US Environmental Protection Agency. Safety information for handlers participating in a field fumigant application for metam sodium and metam potassium products. Washington, DC: US Environmental Protection Agency; 2009. <https://www.epa.gov/sites/production/files/2013-11/documents/metam-handler-safety-info-11-2010.pdf>
  • Lam WW, Kim JH, Sparks SE, Quistad GB, Casida JE. Metabolism in rats and mice of the soil fumigants metham, methyl isothiocyanate, and dazomet. J Agric Food Chem 1993;41:1497–502. <https://doi.org/10.1021/jf00033a027>
  • Pruett SB, Myers LP, Keil DE. Toxicology of metam sodium. J Toxicol Environ Health B Crit Rev 2001;4:207–22.
  • Bowler RM, Mergler D, Huel G, Cone JE. Aftermath of a chemical spill: psychological and physiological sequelae. Neurotoxicology 1994;15:723–9.
  • O’Malley M, Barry T, Ibarra M, Verder-Carlos M, Mehler L. Illnesses related to shank application of metam-sodium, Arvin, California, July 2002. J Agromed 2005;10:27–42. <https://doi.org/10.1300/J096v10n04_06>
  • Cone JE, Wugofski L, Balmes JR, et al. Persistent respiratory health effects after a metam sodium pesticide spill. Chest 1994;106:500–8. <https://doi.org/10.1378/chest.106.2.500>
  • California Environmental Protection Agency. Metam sodium (sodium N-methyldithiocarbamate) risk characterization document. Sacramento, CA: California Environmental Protection Agency; 2004. <http://www.cdpr.ca.gov/docs/risk/rcd/metam.pdf>
  • California Department of Health Care Services, Environmental Epidemiology and Toxicology Program. Acute health effects of the Cantara metam sodium spill: an epidemiological assessment. Sacramento, CA: California Department of Health Care Services; 1992.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ