一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)炎症性腸疾患の成人患者における健康リスク行動および・・・

MMWR抄訳

rss

2018/02/16Vol. 67 / No. 6

MMWR67(6):190-195
Health-Risk Behaviors and Chronic Conditions Among Adults with Inflammatory Bowel Disease — United States, 2015 and 2016

炎症性腸疾患の成人患者における健康リスク行動および慢性状態 ― アメリカ、2015年および2016年

CDCは2015年および2016年のNational Health Interview Surveyデータから、アメリカの炎症性腸疾患(IBD)成人患者と非IBD患者における健康リスク行動および慢性症状について評価を行った。2015年および2016年、310万人(非補正生涯罹病率:1.3%、年齢補正生涯罹病率:1.2%)にIBD診断歴があり、年齢特異罹病率は45~64歳、および65歳以上(ともに1.7%)にて、18~24歳(0.5%)、25~44歳(1.0%)よりも高かった。男女別では女性にて高く(1.5%、男性:1.0%)、人種別では非ヒスパニック系白人にて高かった(1.4%、非ヒスパニック系黒人:0.6%、ヒスパニック系:0.8%)。また、高卒以下(1.6%、大学卒業:1.1%)、離婚/別居/未亡人(2.3%、既婚または同棲者:1.1%)、失業者(1.6%、就業者:1.1%)、アメリカ出身(1.3%、アメリカ以外の出身:0.8%)、小都市統計地域(MSA)居住者(1.4%、大都市MSA:1.1%)にて高値であった。健康リスク行動に関しては、IBD患者は前喫煙者が多く(26.0%、非IBD患者:21.0%)、喫煙歴のない人が少なかった(55.9%、非IBD:63.5%)。さらにIBD患者は1日の睡眠時間が7時間未満の人が多く(38.2%、非IBD:32.2%)、有酸素運動、筋肉強化身体活動ガイドラインのどちらも満たさない人が多かった(50.4%、非IBD:45.2%)。過度の飲酒、BMI分類には有意差は認めず、重篤な精神的苦痛を経験した人の割合はIBD患者:7.4%、非IBD:3.4%と約2倍の差を認めた。慢性症状に関しては、糖尿病を除くすべての項目(心血管系疾患、呼吸器疾患、癌、関節炎、腎および肝障害、潰瘍)にてIBD患者での罹患率が有意に高く、とくに潰瘍はIBD患者:26.0%、非IBD:5.5%と約5倍高値であった。以上、IBDの集学的治療には、患者に健康リスク行動を理解させ、慢性症状の多いことを理解することが重要であることが示唆された。

References

  • Dahlhamer JM, Zammitti EP, Ward BW, Wheaton AG, Croft JB. Prevalence of inflammatory bowel disease among adults aged ≥18 years—United States, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:1166–9. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6542a3>
  • Long MD, Hutfless S, Kappelman MD, et al. Challenges in designing a national surveillance program for inflammatory bowel disease in the United States. Inflamm Bowel Dis 2014;20:398–415. <https://doi.org/10.1097/01.MIB.0000435441.30107.8b>
  • Ghosh S, Mitchell R. Impact of inflammatory bowel disease on quality of life: results of the European Federation of Crohn’s and Ulcerative Colitis Associations (EFCCA) patient survey. J Crohn’s Colitis 2007;1:10–20. <https://doi.org/10.1016/j.crohns.2007.06.005>
  • Kappelman MD, Moore KR, Allen JK, Cook SF. Recent trends in the prevalence of Crohn’s disease and ulcerative colitis in a commercially insured US population. Dig Dis Sci 2013;58:519–25. <https://doi.org/10.1007/s10620-012-2371-5>
  • Longobardi T, Jacobs P, Bernstein CN. Work losses related to inflammatory bowel disease in the United States: results from the National Health Interview Survey. Am J Gastroenterol 2003;98:1064–72. <https://doi.org/10.1111/j.1572-0241.2003.07285.x>
  • Sonnenberg A, Genta RM. Geographic distributions of microscopic colitis and inflammatory bowel disease in the United States. Inflamm Bowel Dis 2012;18:2288–93. <https://doi.org/10.1002/ibd.22932>
  • Farraye FA, Melmed GY, Lichtenstein GR, Kane SV. ACG clinical guideline: preventive care in inflammatory bowel disease. Am J Gastroenterol 2017;112:241–58. <https://doi.org/10.1038/ajg.2016.537>
  • Engels M, Cross RK, Long MD. Exercise in patients with inflammatory bowel diseases: current perspectives. Clin Exp Gastroenterol 2017;11:1–11. <https://doi.org/10.2147/CEG.S120816>
  • Román ALS, Muñoz F. Comorbidity in inflammatory bowel disease. World J Gastroenterol 2011;17:2723–33. <https://doi.org/10.3748/wjg.v17.i22.2723>
  • Guthrie E, Jackson J, Shaffer J, Thompson D, Tomenson B, Creed F. Psychological disorder and severity of inflammatory bowel disease predict health-related quality of life in ulcerative colitis and Crohn’s disease. Am J Gastroenterol 2002;97:1994–9. <https://doi.org/10.1111/j.1572-0241.2002.05842.x>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ