一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)世帯収入および世帯主の教育レベル別による若者の肥満・・・

MMWR抄訳

rss

2018/02/16Vol. 67 / No. 6

MMWR67(6):186-189
Prevalence of Obesity Among Youths by Household Income and Education Level of Head of Household — United States 2011–2014

世帯収入および世帯主の教育レベル別による若者の肥満率 ― アメリカ、2011年~2014年

CDCは2011年~2014年のNational Health and Nutrition Examination Survey(NHANES)のデータから、小児期の肥満率を世帯収入[連邦貧困水準(FPL):130%以下、130%超~350%以下、350%超]および世帯主の教育レベル(高卒または高卒以下、大学中退、大学卒業)別に推定した。20歳未満のNHANES回答率は2011~2012年が77.6%、2013~2014年が76.1%であり、2011~2014年におけるサンプル数は、妊娠女性、体重または身長データがない139名を除いた6,878名(男性:3,507名、女性:3,371名)であり、FPLは517名、学歴は224名にてデータがなく、それぞれ分析から除外している。2011~2014年、2~19歳における肥満率は全体で17.0%であり、世帯収入別では130%以下群が18.9%、130%超~350%以下群が19.9%、350%超群が10.9%と350%超群にて有意に低く、女性では非ヒスパニック系白人、非ヒスパニック系アジア人およびヒスパニック系、男性では非ヒスパニック系アジア人およびヒスパニック系にて同様に350%超群にて有意に低く、非ヒスパニック系黒人女性/男性および非ヒスパニック系白人男性では世帯収入による有意な相違は認めなかった。世帯主の学歴別では高卒または高卒以下が21.6%、大学中退が18.3%、大学卒業が9.6%と大学卒業にて有意に低く、男女ともすべての人種にて同様の傾向を認めた[非ヒスパニック系黒人(全体および男女)および非ヒスパニック系アジア人(男女)では有意差なし]。1999~2002年から2011~2014年までの変化は、女性では130%以下群および130%超~350%以下群にて肥満率の有意な増加、350%超群では減少傾向を認めた。男性では、130%以下群は16.9%(1999年~2002年)から21.0%(2007~2010年)に増加した後、2011~2014年には18.9%に減少、130%超~350%以下群および350%超群では有意な変動は認めなかった。また、世帯主の学歴別では高卒または高卒以下、大学中退群にて男女とも肥満率の増加を認めた。今回の調査結果は世帯収入および世帯主の学歴による肥満率の格差を示すものであり、この格差を是正することがHealthy People 2020の目標(小児の肥満率14.5%未満)達成に重要であると考えられる。

References

  • Wang Y, Zhang Q. Are American children and adolescents of low socioeconomic status at increased risk of obesity? Changes in the association between overweight and family income between 1971 and 2002. Am J Clin Nutr 2006;84:707–16.
  • Singh GK, Kogan MD, Van Dyck PC, Siahpush M. Racial/ethnic, socioeconomic, and behavioral determinants of childhood and adolescent obesity in the United States: analyzing independent and joint associations. Ann Epidemiol 2008;18:682–95. <https://doi.org/10.1016/j.annepidem.2008.05.001>
  • Ogden CL, Fakhouri TH, Carroll MD, et al. Prevalence of obesity among adults, by household income and education—United States, 2011–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:1369–73. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6650a1>
  • Ogden CL, Lamb MM, Carroll MD, Flegal KM. Obesity and socioeconomic status in children and adolescents: United States, 2005–2008. NCHS Data Brief 2010;51:1–8.
  • National Center for Health Statistics. Healthy People 2020 midcourse review. Chapter 29: nutrition and weight status. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2016. <https://www.cdc.gov/nchs/data/hpdata2020/HP2020MCR-C29-NWS.pdf>
  • National Center for Health Statistics. National Health and Nutrition Examination Survey. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2011. <https://www.cdc.gov/nchs/nhanes/index.htm>
  • Korn EL, Graubard BI. Confidence intervals for proportions with small expected number of positive counts estimated from survey data. Surv Methodol 1998;24:193–201.
  • Lamerz A, Kuepper-Nybelen J, Wehle C, et al. Social class, parental education, and obesity prevalence in a study of six-year-old children in Germany. Int J Obes 2005;29:373–80. <https://doi.org/10.1038/sj.ijo.0802914>
  • Asian Pacific Islander Health Forum. Obesity and overweight among Asian American children and adolescents. Oakland, CA: Asian Pacific Islander Health Forum; 2016. <http://www.apiahf.org/resources/resources-database/obesity-and-overweight-among-asian-american-children-and-adolescents>
  • Freedman DS, Ogden CL, Flegal KM, Khan LK, Serdula MK, Dietz WH. Childhood overweight and family income. MedGenMed 2007;9:26.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ