一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)ミドルおよびハイスクールの生徒における電子タバコの・・・

MMWR抄訳

rss

2018/02/16Vol. 67 / No. 6

MMWR67(6):196-200
Reasons for Electronic Cigarette Use Among Middle and High School Students — National Youth Tobacco Survey, United States, 2016

ミドルおよびハイスクールの生徒における電子タバコの使用理由 ― National Youth Tobacco Survey、アメリカ、2016年

CDCおよびFDAは2016年の National Youth Tobacco Survey(NYTS)のデータから、アメリカにおけるミドル(6~8年生)およびハイスクール(9~12年生)の電子タバコ使用者を対象に、その理由を分析した。2016年、20,675名がNYTSを完了し、回答率は71.6%であった。うち分析対象となる電子タバコを使用したことのある生徒は4,049名(うち現使用者:1,281名)であり、電子タバコを使用する理由として全体では「友人や家族が使用している」がもっとも多く(39.0%)、次いで「ミント、キャンディ、フルーツ、チョコレートなどの味がある」(31.0%)、「紙タバコなど他のタバコよりも害が少ない」(17.1%)などが挙げられ、「紙タバコなど他のタバコよりも手に入れやすい」(4.8%)、「紙タバコなど他のタバコよりも安い」(3.2%)、「テレビや映画で有名人が使用していた」(1.5%)などは少数であった。「友人や家族が使用している」はミドルスクール生(43.7%)がハイスクール生(37.5%)よりも多く、また、女子(46.7%)が男子(32.2%)より多かった。「ミント、キャンディ、フルーツ、チョコレートなどの味がある」はハイスクール生にて多かった(32.3%、ミドルスクール:26.8%)。電子タバコを30日以内に使用した生徒に限定し、さらに電子タバコのみを使用した生徒、電子タバコと燃焼式タバコを使用した生徒、電子タバコと燃焼および非燃焼式タバコを使用した生徒に分類した場合、もっとも多かった理由は「ミント、キャンディ、フルーツ、チョコレートなどの味がある」であり(各生徒群:41.1%、46.0%、29.1%)、次いで「友人や家族が使用している」(各35.1%、26.6%、20.2%)、「紙タバコなど他のタバコよりも害が少ない」(各23.7%、24.6%、22.8%)であった。ミドルおよびハイスクール生徒の電子タバコを含むタバコ製品の使用の開始を阻止するには、若者のタバコ製品の使用を減少し、FDAによる製造、流通、販売に関する法規制とともに、包括的なタバコのコントロールおよび予防戦略が重要である。

References

  • Jamal A, Gentzke A, Hu SS, et al. Tobacco use among middle and high school students—United States, 2011–2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:597–603. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6623a1>
  • US Department of Health and Human Services. E-cigarette use among youth and young adults: a report of the Surgeon General. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Office of the Surgeon General; 2016. <https://www.surgeongeneral.gov/library/2016ecigarettes/index.html>
  • CDC. National Youth Tobacco Survey (NYTS). Atlanta, Georgia: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/surveys/nyts/>
  • Ambrose BK, Day HR, Rostron B, et al. Flavored tobacco product use among US youth aged 12–17 years, 2013-2014. JAMA 2015;314:1871–3. <https://doi.org/10.1001/jama.2015.13802>
  • Patrick ME, Miech RA, Carlier C, O’Malley PM, Johnston LD, Schulenberg JE. Self-reported reasons for vaping among 8th, 10th, and 12th graders in the US: nationally-representative results. Drug Alcohol Depend 2016;165:275–8. <https://doi.org/10.1016/j.drugalcdep.2016.05.017>
  • Singh T, Arrazola RA, Corey CG, et al. Tobacco use among middle and high school students—United States, 2011–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:361–7. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6514a1>
  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking—50 years of progress: a report of the Surgeon General. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Office of the Surgeon General; 2014. <http://www.surgeongeneral.gov/library/reports/50-years-of-progress/full-report.pdf>
  • Goriounova NA, Mansvelder HD. Short- and long-term consequences of nicotine exposure during adolescence for prefrontal cortex neuronal network function. Cold Spring Harb Perspect Med 2012;2:a012120. <https://doi.org/10.1101/cshperspect.a012120>
  • Johnston LD, O’Malley PM, Miech RA, Bachman JG, Schulenberg JE. Monitoring the future—national survey results on drug use 1975-2016: 2016 overview, key findings on adolescent drug use. Ann Arbor, MI: University of Michigan, Institute for Social Research; 2017. <http://www.monitoringthefuture.org/pubs/monographs/mtf-overview2015.pdf>
  • Althubaiti A. Information bias in health research: definition, pitfalls, and adjustment methods. J Multidiscip Healthc 2016;9:211–7. <https://doi.org/10.2147/JMDH.S104807>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ