一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)ミドルおよびハイスクール生におけるタバコ銘柄の嗜好・・・

MMWR抄訳

rss

2018/02/02Vol. 67 / No. 4

MMWR67(4):119-124
Cigarette Brand Preference and Pro-Tobacco Advertising Among Middle and High School Students — United States, 2012–2016

ミドルおよびハイスクール生におけるタバコ銘柄の嗜好とタバコ広告 ― アメリカ、2012年~2016年

CDCは現在(過去30日)の喫煙者であるミドルおよびハイスクール生に喫煙されたタバコの銘柄を特定するため、2012~2016年のNational Youth Tobacco Survey (NYTS)データの分析を行った。対象は6~12年生とし、サンプルサイズは2015年:17,711(回答率:63.4%)~2012年:24,658(回答率:73.6%)であり、過去30日間に通常喫煙したタバコの銘柄について質問し、2012年には好みのタバコ広告について、2015年には紙タバコと電子タバコに関する広告への曝露(インターネット、新聞/雑誌、小売店、TV/映画)についても質問した。2016年、ミドルスクール(6~8年生)の現喫煙者が通常吸うタバコの3大銘柄はマルボロ(38.3%)、ニューポート(21.4%)、キャメル(13.4%)であり、16.5%が他の銘柄、10.4%は特定の銘柄を持っていなかった。非ヒスパニック系白人ではマルボロがもっとも多く(54.6%)、ヒスパニック系は26.5%、非ヒスパニック系黒人は11.5%であり、黒人はニューポートがもっとも多く(58.4%)、ヒスパニック系は21.3%、白人は7.9%であった。また、女子ではマルボロが37.2%、ニューポートが27.2%、キャメルが12.3%、男子ではマルボロが38.9%、ニューポートが16.6%、キャメルが14.5%とニューポートの喫煙者に有意差を認めた。ハイスクール生(9~12年生)でも3大銘柄はマルボロ(48.8%)、ニューポート(16.6%)、キャメル(13.3%)であり、15.4%が他の銘柄、5.9%は銘柄の特定はなかった。ミドルスクール生と同様、白人はマルボロがもっとも多く(59.5%)、黒人はニューポートがもっとも多かった(47.5%)。キャメルはヒスパニック系で多く(18.8%)、黒人は8.9%、白人は11.9%であった。2012~2016年の傾向分析では、マルボロの喫煙率はハイスクール生にて38.5%から48.8%に増加し、男子(39.4%から50.0%)、女子(37.5%から45.7%)、9年生(34.3%から45.7%)、10年生(37.2%から45.7%)、12年生(41.1%から59.5%)、白人(45.8%から59.5%)、喫煙頻度の高い(過去30日以内に20~30日間)生徒(42.2%から59.1%)、喫煙頻度の低い(過去30日以内に1~19日間)生徒(37.8%から50.8%)においても同様に増加した。一方、ニューポートの喫煙率はハイスクール生(23.1%から16.6%)、女子(26.0%から16.8%)、白人(15.4%から9.5%)にて低下、キャメルの喫煙率もハイスクール生(17.8%から13.3%)、男子(17.0%から12.5%)、女子(18.6%から14.2%)、10年生(19.4%から14.2%)、12年生(19.8%から13.6%)、白人(19.6%から11.9%)、喫煙頻度の低い生徒(19.8%から12.4%)にて有意に低下した。特定の銘柄の特定がない生徒の割合は、ハイスクール生(4.1%から5.9%)、女子(2.7%から6.0%)、10年生(2.9%から6.8%)、12年生(3.3%から5.1%)、黒人(1.6%から15.9%)にて有意に増加した。2012年には、特定の銘柄を喫煙する生徒のうち72.1%がその銘柄の広告が気に入っていると回答し、好きなタバコ広告のトップ3は通常喫煙される銘柄のトップ3と一致していた。また、2015年、現喫煙者のうち、いずれの広告メディアにおいて、紙タバコ、電子タバコの広告に曝露していないと報告した生徒は、両方の広告に曝露した生徒に比べ特定の銘柄を喫煙する割合が有意に低かった(映画/TV:80.5% vs 94.2%、小売店:69.8% vs 94.8%、インターネット:79.4% vs 94.5%、雑誌/新聞:88.0% vs 94.6%)。

References

  • US Department of Health and Human Services. Preventing tobacco use among youth and young adults: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. <https://www.surgeongeneral.gov/library/reports/preventing-youth-tobacco-use/full-report.pdf>
  • DiFranza JR, Rigotti NA, McNeill AD, et al. Initial symptoms of nicotine dependence in adolescents. Tob Control 2000;9:313–9. <https://doi.org/10.1136/tc.9.3.313>
  • National Cancer Institute. The role of the media in promoting and reducing tobacco use. Tobacco control monograph no. 19. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, National Cancer Institute; 2008. <https://cancercontrol.cancer.gov/brp/tcrb/monographs/19/m19_complete.pdf>
  • CDC. National Youth Tobacco Survey (NYTS). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/surveys/nyts/index.htm>
  • Euromonitor International. Cigarettes in the US. London, United Kingdom: Euromonitor International; 2017. <http://www.euromonitor.com/cigarettes-in-the-us/report>
  • Substance Abuse and Mental Health Services Administration. Cigarette brand preferences in 2005. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Substance Abuse and Mental Health Services Administration; 2007. <https://archive.samhsa.gov/data/2k7/cigBrands/cigBrands.pdf>
  • Anderson SJ. Marketing of menthol cigarettes and consumer perceptions: a review of tobacco industry documents. Tob Control 2011;20(Suppl 2):ii20–8.
  • Gittelsohn J, McCormick LK, Allen P, Grieser M, Crawford M, Davis S. Inter-ethnic differences in youth tobacco language and cigarette brand preferences. Ethn Health 1999;4:285–303. <https://doi.org/10.1080/13557859998065>
  • Federal Trade Commission. Federal Trade Commission cigarette report for 2014. Washington, DC: Federal Trade Commission; 2017. <https://www.ftc.gov/system/files/documents/reports/federal-trade-commission-cigarette-report-2014-federal-trade-commission-smokeless-tobacco-report/ftc_cigarette_report_2014.pdf>
  • Singh T, Arrazola RA, Corey CG, et al. Tobacco use among middle and high school students—United States, 2011–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:361–7. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6514a1>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ