一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)HIV治療を受ける人の持続的なウイルス抑制と感染リ・・・

MMWR抄訳

rss

2018/02/02Vol. 67 / No. 4

MMWR67(4):113-118
Racial and Ethnic Disparities in Sustained Viral Suppression and Transmission Risk Potential Among Persons Receiving HIV Care — United States, 2014

HIV治療を受ける人の持続的なウイルス抑制と感染リスクの可能性における人種および民族的による格差 ― アメリカ、2014年

非ヒスパニック系黒人/アフリカ系アメリカ人(黒人)はアメリカの人口の12%であるが、2014年、HIV感染症の診断例および未診断例の43%(471,500例)を占めると推定されており、2016年のHIV新規診断例の44%は黒人であった。HIV治療を受ける患者に対する抗レトロウイルス療法(ART)の処方率は2009年の89%から2013年には94%へと増加しているが、ヒスパニック系またはラテン系(ヒスパニック系)、非ヒスパニック系白人(白人)に比べ黒人にて低く、また、ウイルス量抑制例(HIV RNAが200 copies/mL未満)も少ない。CDCはNational HIV Surveillance Systemデータから、持続的なウイルス抑制および感染リスクの可能性を人種/民族別に分析した。国内38地域において、2013年にHIVと診断され、2014年12月末の時点で生存するHIV感染例は651,811例であり、そのうち黒人は263,588例(40.4%)、白人は199,700例(30.6%)、ヒスパニック系は149,117例(22.9%)、その他は39,406例(6.1%)であった。2014年のウイルス量検査の回数(中央値)は2回であり、356,223例(54.7%)は2回以上の検査を受け、95,926例(14.7%)は1回、199,662例(30.6%)は1回も受けておらず、黒人の33.9%、ヒスパニック系の29.9%、白人の28.2%が検査を1回も受けていなかった。持続的なウイルス抑制は48.4%の症例にて認められ、白人では56.3%、ヒスパニック系は50.1%、黒人は40.8%であり、とくに13~24歳の黒人にて29.2%と少なかった。2014年、HIV治療を受け、持続的なウイルス抑制に至らない136,759例のうち、89,245例(65%)は少なくとも1回のHIV RNA量検査の結果が1,500 copies/mL超であった。感染リスクはHIV RNA量が1,500 copies/mLを超える期間が長いと高く、全体でウイルス量が1,500 copies/mL超であった期間の平均日数は176日間(12カ月の48.3%)であり、黒人にて190日間(52.1%)とヒスパニック系の172日間(47.2%)、白人の149日間(40.8%)に比べ長く、とくに13~24歳にて216日間(59%)と長かった。以上、黒人の13~24歳では持続的なウイルス抑制率が低く、感染リスクが高いことが示され、ARTの利用を改善し、治療アドヒアランスを強化することが人種/民族による健康格差を縮小する上で重要であると思われる。

References

  • CDC. Monitoring selected national HIV prevention and care objectives by using HIV surveillance data—United States and 6 dependent areas, 2015. HIV surveillance supplemental report 2017, vol. 22, no. 2. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/library/reports/surveillance/cdc-hiv-surveillance-supplemental-report-vol-22-2.pdf>
  • CDC. Diagnosis of HIV infection in the United States and dependent areas, 2016. HIV surveillance report, 2016, vol. 28. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/library/reports/surveillance/cdc-hiv-surveillance-report-2016-vol-28.pdf>
  • Bradley H, Mattson CL, Beer L, Huang P, Shouse RL; Medical Monitoring Project. Increased antiretroviral therapy prescription and HIV viral suppression among persons receiving clinical care for HIV infection. AIDS 2016;30:2117–24. <https://doi.org/10.1097/QAD.0000000000001164>
  • Attia S, Egger M, Müller M, Zwahlen M, Low N. Sexual transmission of HIV according to viral load and antiretroviral therapy: systematic review and meta-analysis. AIDS 2009;23:1397–404. < https://doi.org/10.1097/QAD.0b013e32832b7dca>
  • Marks G, Gardner LI, Rose CE, et al. Time above 1500 copies: a viral load measure for assessing transmission risk of HIV-positive patients in care. AIDS 2015;29:947–54. <https://doi.org/10.1097/QAD.0000000000000640>
  • Crepaz N, Tang T, Marks G, Mugavero MJ, Espinoza L, Hall HI. Durable viral suppression and transmission risk potential among persons with diagnosed HIV infection: United States, 2012–2013. Clin Infect Dis 2016;63:976–83. <https://doi.org/10.1093/cid/ciw418>
  • Crepaz N, Tang T, Marks G, Hall HI. Viral suppression patterns among persons in the United States with diagnosed HIV infection in 2014. Ann Intern Med 2017;167:446–7. <https://doi.org/10.7326/L17-0278>
  • Harrison KM, Kajese T, Hall HI, Song R. Risk factor redistribution of the national HIV/AIDS surveillance data: an alternative approach. Public Health Rep 2008;123:618–27. <https://doi.org/10.1177/003335490812300512>
  • CDC; Health Resources and Services Administration. National Institutes of Health; American Academy of HIV Medicine; Association of Nurses in AIDS Care; International Association of Providers in AIDS Care; National of Minority AIDS Council; Urban Coalition for HIV/AIDS Prevention Services. Recommendations for HIV prevention with adults and adolescents with HIV in the United States, 2014. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <https://stacks.cdc.gov/view/cdc/44064>
  • CDC. High-impact prevention: CDC’s approach to reducing HIV infections in the United States. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/policies_NHPC_Booklet.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ