一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)ジカウイルス感染が関連する可能性がある先天異常に関・・・

MMWR抄訳

rss

2018/01/26Vol. 67 / No. 3

MMWR67(3):91-96
Population-Based Surveillance of Birth Defects Potentially Related to Zika Virus Infection — 15 States and U.S. Territories, 2016

ジカウイルス感染が関連する可能性がある先天異常に関する人口ベースのサーベイランス ― 15州とアメリカ領土、2016年

妊娠中のジカウイルス感染は、小頭症や脳の異常をはじめとする深刻な先天異常を引き起こす可能性がある。人口ベースの先天異常のサーベイランスシステムは、妊娠中のジカウイルス感染の既知の曝露または臨床検査エビデンスにかかわらず、ジカウイルス感染に関連する可能性のある先天異常を有するすべての乳児および胎児を監視するために重要である。CDCは、ジカウイルス感染に関連する可能性のある先天異常に関する人口ベースのサーベイランスを実施しているアメリカの15の管轄区域からのデータを分析し、管轄区を1)2016年中に地域のジカウイルスの伝播が記録されている、2) CDCへ報告された旅行関連の症候性ジカウイルス疾患の確診例が居住者10万人あたり1例以上、3) CDCへ報告された旅行関連の症候性ジカウイルス疾患の確診例が居住者10万人あたり1例未満、の3つに分類した。全体で、2962例のジカウイルス感染症に関連した可能性のある先天異常の乳児および胎児が同定され(生産児1000人あたり3人)、脳異常または小頭症が1,457例(49%)、神経管欠損や早期脳形成異常(NTD)が581例(20%)、脳異常のない眼異常が262例(9%)、脳異常または眼異常のない重大な中枢神経系(CNS)の機能障害が662例(22%)であった。これらの先天異常のあった乳児および胎児のうち、2,716例(92%)は生産であった。母隊、胎盤、乳児、胎児検体においてジカウイルス感染の可能性の臨床検査エビデンスがあったのは45例(1.5%)で、96例(3.2%)はジカウイルス検査陰性、2,821例(95.2%)は検査を行わなかった、または検査結果が得られなかった。地域のジカウイルスの伝染が確認されている管轄区では、ジカウイルス感染に関連する可能性があると報告された先天異常症例の生産児1,000人あたりの有病率は、2016年上半期の2.8例(182例)から、下半期では3.0例(211例)に増加した。ジカ有病率の「高い」管轄区での先天異常の生産児1,000人あたりの有病率は、2016年の上半期と下半期でそれぞれ3.0例(各753例、775例)であった。有病率の「低い」管轄区の出生異常の生産児1,000人あたりの有病率は、2016年上半期の3.4例(549例)から、下半期では3.0例(492例)に有意に減少した。一方、NTDを除外した場合、地域のジカ伝染がある管轄区での先天性ジカウイルス疾患と強固に関連する先天異常の生産児1000人あたりの有病率は、2016年前半の2.0例から、下半期では2.4例へ有意に増加し、予測より29例増加した。これらの知見は、ジカウイルス感染に関連する可能性のある先天異常の監視の重要性と、ジカのリスクのある地域における継続的モニタリングの必要性を強調している。

References

  • Moore CA, Staples JE, Dobyns WB, et al. Characterizing the pattern of anomalies in congenital Zika syndrome for pediatric clinicians. JAMA Pediatr 2017;171:288–95. <https://doi.org/10.1001/jamapediatrics.2016.3982>
  • Honein MA, Dawson AL, Petersen EE, et al.; US Zika Pregnancy Registry Collaboration. Birth defects among fetuses and infants of US women with evidence of possible Zika virus infection during pregnancy. JAMA 2017;317:59–68. <https://doi.org/10.1001/jama.2016.19006>
  • CDC. Zika virus: 2016 cases counts in the US. Laboratory-confirmed symptomatic Zika virus disease cases and presumptive viremic blood donors reported to ArboNET by states and territories—United States, 2016. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/zika/reporting/2016-case-counts.html>
  • Cuevas EL, Tong VT, Rozo N, et al. Preliminary report of microcephaly potentially associated with Zika virus infection during pregnancy—Colombia, January–November 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:1409–13. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6549e1>
  • Lozier M, Adams L, Febo MF, et al. Incidence of Zika virus disease by age and sex—Puerto Rico, November 1, 2015–October 20, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:1219–23. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6544a4>
  • CDC. Guidance for travel and testing of pregnant women and women of reproductive age for Zika virus infection related to the investigation for local mosquito-borne Zika virus transmission in Miami-Dade and Broward counties, Florida. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://emergency.cdc.gov/han/han00393.asp>
  • CDC. Guidance for travel and testing of pregnant women and women of reproductive age for Zika virus infection related to the investigation for local mosquito-borne Zika virus transmission in Brownsville, Cameron County, Texas. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://emergency.cdc.gov/han/han00399.asp>
  • Cragan JD, Mai CT, Petersen EE, et al. Baseline prevalence of birth defects associated with congenital Zika virus infection—Massachusetts, North Carolina, and Atlanta, Georgia, 2013–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:219–22. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6608a4>
  • Cragan JD, Isenburg JL, Parker SE, et al.; National Birth Defects Prevention Network. Population-based microcephaly surveillance in the United States, 2009 to 2013: an analysis of potential sources of variation. Birth Defects Res A Clin Mol Teratol 2016;106:972–82. <https://doi.org/10.1002/bdra.23587>
  • Gilboa SM, Mai CT, Shapiro-Mendoza CK, et al. Population-based pregnancy and birth defects surveillance in the era of Zika virus. Birth Defects Res 2017;109:372–8. <https://doi.org/10.1002/bdr2.1007>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ