一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)ミドルスクールおよびハイスクールの生徒における短時・・・

MMWR抄訳

rss

2018/01/26Vol. 67 / No. 3

MMWR67(3):85-90
Short Sleep Duration Among Middle School and High School Students — United States, 2015

ミドルスクールおよびハイスクールの生徒における短時間の時間 ― アメリカ、2015年

小児および青年の睡眠不足は、肥満、糖尿病、傷害、精神的健康不良、注意や行動の問題、学業成績不振のリスクの上昇と関連している。アメリカ睡眠医学会では最適な健康状態のために、6~12歳の児童では24時間あたり9~12時間、13~18歳の青少年では24時間あたり8~10​​時間の睡眠を取ることを推奨している。CDCは、アメリカのミドルおよびハイスクールの生徒において学校がある日の夜の短時間睡眠(6~12歳の児童の場合9時間未満、13歳~18歳の青少年の場合は8時間未満)の割合を特定するため、2015年の全国、州、大都市学校区のYouth Risk Behavior Surveys(YRBS)のデータを分析した。ミドルスクールのYRBSを実施し、質問票に睡眠時間についての質問があった9州では、ミドルスクール生(6~8年生)の短時間睡眠の割合は57.8%で、睡眠時間の内訳は、4時間以下が5.9%、5時間が6.0%、6時間が11.0%、7時間が20.0%、8時間が29.9%、9時間が17.2%、10時間以上が10.0%であった。短時間睡眠の割合は、女子(59.6%)で男子(56.0%)よりも多く、6年生(61.3%)で最も多かったが、8年生(53.1%)では最も少なかった。人種別では、黒人およびハワイ先住民/太平洋諸島の住民で、白人、ヒスパニック系、アジア人よりも増加した。州レベルでの推定値は50.2%(ニューメキシコ州)~64.7%(ケンタッキー州)であった。7つの大都市学校区の推定値は、50.2%(カリフォルニア州サンフランシスコ)~61.8%(フロリダ州マイアミ・デイド郡)であった。全国のハイスクール生(9~12年生)の短時間睡眠の割合は72.7%であり、睡眠時間の内訳は、4時間以下が7.5%、5時間が12.6%、6時間が22.9%、7時間が29.7%、8時間が20.6%、9時間が5.0%、10時間以上が1.7%であった。短時間睡眠の割合は、女子(75.6%)で男子(69.9%)よりも多く、9年生(65.6%)では他の学年(71.7%~77.6%)よりも少なかった。人種別では、黒人およびアジア人で、白人およびヒスパニック系よりも増加した。30州における短時間睡眠の割合の州レベル推定値は、61.8%(サウスダコタ州)~82.5%(ウェストバージニア州)であった。16の大都市学校区の推定値は、69.9%(カリフォルニア州ロサンゼルス)~85.6%(フロリダ州ブロワード郡)であった。授業のある日の夜間に十分な睡眠が得られないミドルおよびハイスクール生の割合が高いことは、学校および家庭での睡眠の健康が推進される必要があり、生徒が十分な睡眠時間を取れるように、学校の開始時間を遅らせる必要性を示唆している。

References

  • Paruthi S, Brooks LJ, D’Ambrosio C, et al. Consensus statement of the American Academy of Sleep Medicine on the recommended amount of sleep for healthy children: methodology and discussion. J Clin Sleep Med 2016;12:1549–61. <https://doi.org/10.5664/jcsm.6288>
  • Owens J; Adolescent Sleep Working Group; Committee on Adolescence. Insufficient sleep in adolescents and young adults: an update on causes and consequences. Pediatrics 2014;134:e921–32. <https://doi.org/10.1542/peds.2014-1696>
  • Lowry R, Eaton DK, Foti K, McKnight-Eily L, Perry G, Galuska DA. Association of sleep duration with obesity among US high school students. J Obes 2012;2012:476914. <https://doi.org/10.1155/2012/476914>
  • Fitzgerald CT, Messias E, Buysse DJ. Teen sleep and suicidality: results from the youth risk behavior surveys of 2007 and 2009. J Clin Sleep Med 2011;7:351–6.
  • Brener ND, Kann L, Shanklin S, et al. Methodology of the Youth Risk Behavior Surveillance System—2013. MMWR Recomm Rep 2013;62(No. RR-01).
  • McKnight-Eily LR, Eaton DK, Lowry R, Croft JB, Presley-Cantrell L, Perry GS. Relationships between hours of sleep and health-risk behaviors in US adolescent students. Prev Med 2011;53:271–3. <https://doi.org/10.1016/j.ypmed.2011.06.020>
  • Wheaton AG, Olsen EO, Miller GF, Croft JB. Sleep duration and injury-related risk behaviors among high school students—United States, 2007–2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:337–41. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6513a1>
  • Short MA, Gradisar M, Lack LC, et al. A cross-cultural comparison of sleep duration between US and Australian adolescents: the effect of school start time, parent-set bedtimes, and extracurricular load. Health Educ Behav 2013;40:323–30. <https://doi.org/10.1177/1090198112451266>
  • Bartel KA, Gradisar M, Williamson P. Protective and risk factors for adolescent sleep: a meta-analytic review. Sleep Med Rev 2015;21:72–85. <https://doi.org/10.1016/j.smrv.2014.08.002>
  • Chung K-F, Chan M-S, Lam Y-Y, Lai CS-Y, Yeung W-F. School-based sleep education programs for short sleep duration in adolescents: a systematic review and meta-analysis. J Sch Health 2017;87:401–8. <https://doi.org/10.1111/josh.12509>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ