一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)成人の現喫煙率 ― アメリカ、2016年

MMWR抄訳

rss

2018/01/19Vol. 67 / No. 2

MMWR67(2):53-59
Current Cigarette Smoking Among Adults — United States, 2016

成人の現喫煙率 ― アメリカ、2016年

CDCは2016年のNational Health Interview Surveyデータから、Healthy People 2020の目標(18歳以上の成人における喫煙率を12.0%以下にする)達成への状況について分析を行った。その結果、2016年における18歳以上の成人における現喫煙率は15.5%(約3,780万人)であり、2015年(15.1%)から有意な変動は認められなかった。男女別では男性が17.5%、女性が13.5%と男性にて高く、年齢別では18~24歳が13.1%、25~44歳が17.6%、45~64歳が18.0%、65歳以上が8.8%、人種/民族別ではアメリカインディアン/アラスカ原住民にてもっとも高く(31.8%)、白人(16.6%)、黒人(16.5%)、ヒスパニック系(10.7%)、アジア系(9.0%)の順であった。また、25歳以上ではGED(高校卒業資格)にてもっとも高く(40.6%)、大学院修了にてもっとも低かった(4.5%)。貧困レベル別では、貧困レベル以下が25.3%、以上が14.3%、地域別では中西部(18.5%)、南部(16.9%)にて高く、西部(12.3%)、北東部(13.3%)にて低かった。加入医療保険別ではMedicaid(25.3%) 、未加入(28.4%)にて高く、民間保険が11.8%、Medicareのみが10.2%、他の公的保険が19.8%であり、身体的障害/制限のある人では21.2%、ない人で14.4%、同性愛者/両性愛者が20.5%、異性愛者が15.3%、重篤な精神的苦痛のある人が35.8%、ない人が14.7%であった。現喫煙者において、毎日喫煙する人は76.1%であり、2005年の80.8%に比べ有意に減少し、1日あたりの喫煙本数も2005年の16.7本から2016年には14.1本と有意に減少したが、2015年の14.2本とは同等であった。また、2005~2016年において、1日あたりの喫煙本数が1~9本、10~19本の人はそれぞれ16.4%から25.0%、36.0%から39.0%に増加し、20~29本および30本以上の人はそれぞれ34.9%から28.4%、12.7%から7.5%に減少していた。全体での禁煙率は2005年が50.8%、2016年が59.0%と有意に増加し(p<0.05)、25~44歳にてもっとも増加していた(2005年:37.0%、2016年:48.9%)。以上、2005~2016年において、18歳以上における喫煙率は低下しているが、2015年からの有意な変動はなく、今後もHealthy People 2020目標値に向け、包括的な禁煙の推進が必要である。

References

  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking—50 years of progress: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, Coordinating Center for Health Promotion, National Center for Chronic Disease Prevention and Health Promotion, Office on Smoking and Health, 2014. <http://www.surgeongeneral.gov/library/reports/50-years-of-progress/full-report.pdf>
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs—2014. Atlanta: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Chronic Disease Prevention and Health Promotion, Office on Smoking and Health, 2014. <https://www.cdc.gov/tobacco/stateandcommunity/best_practices/index.htm>
  • Siahpush M, McNeill A, Hammond D, Fong GT. Socioeconomic and country variations in knowledge of health risks of tobacco smoking and toxic constituents of smoke: results from the 2002 International Tobacco Control (ITC) Four Country Survey. Tob Control 2006;15(Suppl 3):iii65–70. <https://doi.org/10.1136/tc.2005.013276>
  • Pampel FC, Krueger PM, Denney JT. Socioeconomic disparities in health behaviors. Annu Rev Sociol 2010;36:349–70. <https://doi.org/10.1146/annurev.soc.012809.102529>
  • McAfee T, Babb S, McNabb S, Fiore MC. Helping smokers quit— opportunities created by the Affordable Care Act. N Engl J Med 2015;372:5–7. <https://doi.org/10.1056/NEJMp1411437>
  • American Legacy Foundation. A hidden epidemic: tobacco use and mental illness. Washington, DC: American Legacy Foundation; 2011.
  • Gfroerer J, Dube SR, King BA, et al. Vital signs: current cigarette smoking among adults aged ≥18 years with mental illness—United States, 2009–2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:81–7.
  • Jamal A, King BA, Neff LJ, Whitmill J, Babb SD, Graffunder CM. Current cigarette smoking among adults—United States, 2005–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:1205–11. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6544a2>
  • Holmes CB, King BA, Babb SD. Stuck in neutral: stalled progress in statewide comprehensive smoke-free laws and cigarette excise taxes, United States, 2000–2014. Prev Chronic Dis 2016;13:E80. <https://doi.org/10.5888/pcd13.150409>
  • Binnie V, McHugh S, Macpherson L, Borland B, Moir K, Malik K. The validation of self-reported smoking status by analysing cotinine levels in stimulated and unstimulated saliva, serum and urine. Oral Dis 2004;10:287–93. <https://doi.org/10.1111/j.1601-0825.2004.01018.x>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ