一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)産業別および職業別による15~64歳の人の喘息死亡・・・

MMWR抄訳

rss

2018/01/19Vol. 67 / No. 2

MMWR67(2):60-65
Asthma Mortality Among Persons Aged 15–64 Years, by Industry and Occupation — United States, 1999–2016

産業別および職業別による15~64歳の人の喘息死亡率 ― アメリカ、1999年~2016年

2015年における喘息患者数は1,840万人と推定されており、喘息による成人の死亡者数は3,396名と報告されている。喘息による死亡の11~21%は職業的曝露によると推測され、CDCは1999~2016年の複数の死因データおよび1999年、2003年、2004年、2007年~2012年の国内26州から収集した産業および職業情報の分析を行い、15~64歳における喘息の特定死因死亡比(PMRs)を算出した。1999~2016年、喘息または喘息状態により15~64歳、33,307名が死亡、死亡率は100万人あたり8.89であり、年齢別では55~64歳 (100万人あたり16.32)、男女別では女性(同9.95)、民族別では非ヒスパニック/ラテン系(同9.93)、人種別では黒人/アフリカ系アメリカ人(同25.60)にて高値であった。喘息による年齢補正死亡率は1999年の11.41から2016年には8.60へ24.6%低下し、女性では13.59から9.34、男性では9.14から7.78へ低下した。州別では男性が4.59 (メイン州)~14.72 (ワシントンDC)、女性では6.70 (ノースダコタ州)~15.30 (ミシシッピ州)であった。喘息による死亡例3,491名のうち、3,393名(97.2%)の職業が明らかとなり(男性:1,398/1,435名、女性:1,995/2,056名)、産業別では、男性は建設業(184名:13.2%)、女性は医療保険業界がもっとも多く(279名:14.0%)、職業別では、男性が建設業労働者(189名:9.3%)、女性はオフィスおよび行政支援職(186名:9.3%)がもっとも多かった。産業別PMRsは男性では食品、飲料、タバコ製品製造業(1.82)、その他の製造業(1.45)、女性では社会扶助労働者(1.35)にて高く、職業別PMRsは女性コミュニティおよび社会的サービス業(1.46)にて有意に高かった。以上のことから、喘息死亡率の高い産業、職業の労働者には、適切な管理を行うとともに、職場での曝露を予防することが重要である。

References

  • CDC. Asthma: most recent asthma data. 2017. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/asthma/most_recent_data.htm>
  • Steenland K, Burnett C, Lalich N, Ward E, Hurrell J. Dying for work: the magnitude of US mortality from selected causes of death associated with occupation. Am J Ind Med 2003;43:461–82. <https://doi.org/10.1002/ajim.10216>
  • National Asthma Education and Prevention Program. Expert panel report 3 (EPR-3): guidelines for the diagnosis and management of asthma—summary report 2007. J Allergy Clin Immunol 2007;120(Suppl):S94–138. <https://doi.org/10.1016/j.jaci.2007.09.029>
  • Heederik D, Henneberger PK, Redlich CA; ERS Task Force on the Management of Work-related Asthma. Primary prevention: exposure reduction, skin exposure and respiratory protection. Eur Respir Rev 2012;21:112–24. <https://doi.org/10.1183/09059180.00005111>
  • Moorman JE, Akinbami LJ, Bailey CM, et al. National surveillance of asthma: United States, 2001–2010. Vital Health Stat 3 2012;35:1–58.
  • Calvert GM, Luckhaupt SE, Sussell A, Dahlhamer JM, Ward BW. The prevalence of selected potentially hazardous workplace exposures in the US: findings from the 2010 National Health Interview Survey. Am J Ind Med 2013;56:635–46. <https://doi.org/10.1002/ajim.22089>
  • White GE, Seaman C, Filios MS, et al. Gender differences in work-related asthma: surveillance data from California, Massachusetts, Michigan, and New Jersey, 1993–2008. J Asthma 2014;51:691–702. <https://doi.org/10.3109/02770903.2014.903968>
  • Baur X, Bakehe P, Vellguth H. Bronchial asthma and COPD due to irritants in the workplace - an evidence-based approach. J Occup Med Toxicol 2012;7:19. <https://doi.org/10.1186/1745-6673-7-19>
  • Tarlo SM, Balmes J, Balkissoon R, et al. Diagnosis and management of work-related asthma: American College Of Chest Physicians consensus statement. Chest 2008;134(Suppl):1S–41S. <https://doi.org/10.1378/chest.08-0201>
  • Le Moual N, Kauffmann F, Eisen EA, Kennedy SM. The healthy worker effect in asthma: work may cause asthma, but asthma may also influence work. Am J Respir Crit Care Med 2008;177:4–10. <https://doi.org/10.1164/rccm.200703-415PP>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ