一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)バイタルサイン:乳児の安全な睡眠習慣における傾向と・・・

MMWR抄訳

rss

2018/01/12Vol. 67 / No. 1

MMWR67(1):39-46
Vital Signs: Trends and Disparities in Infant Safe Sleep Practices — United States, 2009–2015

バイタルサイン:乳児の安全な睡眠習慣における傾向と格差 ― アメリカ、2009年~2015年

アメリカでは毎年、乳幼児突然死症候群、ベッドでの予期せぬ窒息や絞扼、原因不明などの睡眠に関連した乳児の死亡が約3,500例報告されている。乳児を非仰臥位(横向きまたはうつ伏せ)に寝かすことや、添い寝、睡眠環境での柔らかい寝具の使用(毛布、枕など)をはじめとする安全でない睡眠習慣は、睡眠関連の乳児の死亡の修正可能なリスク因子である。乳児を仰向けに寝かせることの推奨が導入された1990年以降、乳児の睡眠関連死亡率は減少しているが、非仰臥位の習慣についてははっきりしない。そこで、CDCは2009年~2015年のPregnancy Risk Assessment Monitoring System(PRAMS)データを使用して乳幼児の危険な睡眠習慣の割合を調査した。PRAMSは州固有の集団をベースとした監視システムで、最近生児を出生した女性の妊娠前、妊娠期間、出産直後の自己申告の行動および経験をモニターしている。CDCは州および母親の特性による非仰臥位の睡眠時の姿勢、添い寝、柔らかい寝具の使用に関する2015年のデータを調査し、さらに、2009~2015年の非仰臥位の睡眠時の姿勢の傾向も調査した。2015年では、32州およびニューヨーク市のからの回答者の21.6%で、乳児を非仰臥位の姿勢で寝かせていた[12.2%(ウィスコンシン州)~33.8%(ルイジアナ州)]。睡眠時の姿勢が非仰臥位の乳児は、非ヒスパニック系黒人の回答者間で最も多かった。睡眠時の姿勢が非仰臥位の割合は、25歳未満、12年以下の教育期間、妊娠中の[女性、乳児および小児のための特別な補助栄養プログラム]参加者の女性で、それぞれ25歳以上、12年を超える教育期間、プログラム非参加の女性と比べ増加した。15州からの傾向データに基づいて、乳時の非仰臥位の睡眠時の姿勢は、2009年の27.2%から2015年の19.4%へ減少した。2015年では、14州の回答者の半数以上(61.4%)が乳児と添い寝し、13州およびニューヨーク市の回答者の38.5%が柔らかい寝具を使用した。アメリカ小児科学会が推奨する安全な睡眠習慣の改善された実施は、睡眠関連の乳児死亡率を減少させるのに役立つと考えられる。エビデンスに基づく介入は、特に睡眠関連死亡のリスクが高い集団内の乳児において、安全な睡眠習慣の使用を増加させる可能性がある。

References

  • Matthews TJ, MacDorman MF, Thoma ME. Infant mortality statistics from the 2013 period linked birth/infant death data set. Natl Vital Stat Rep 2015;64:1–30.
  • Parks SE, Erck Lambert AB, Shapiro-Mendoza CK. Racial and ethnic trends in sudden unexpected infant deaths: United States 1995–2013. Pediatrics 2017;139:e20163844. <https://doi.org/10.1542/peds.2016-3844>
  • Shapiro-Mendoza CK, Tomashek KM, Anderson RN, Wingo J. Recent national trends in sudden, unexpected infant deaths: more evidence supporting a change in classification or reporting. Am J Epidemiol 2006;163:762–9. <https://doi.org/10.1093/aje/kwj117>
  • Moon RY; Task Force on Sudden Infant Death Syndrome. SIDS and other sleep-related infant deaths: evidence base for 2016 updated recommendations for a safe infant sleeping environment. Pediatrics 2016;138:e20162940. <https://doi.org/10.1542/peds.2016-2940>
  • Colson ER, Rybin D, Smith LA, Colton T, Lister G, Corwin MJ. Trends and factors associated with infant sleeping position: the National Infant Sleep Position Study, 1993-2007. Arch Pediatr Adolesc Med 2009;163:1122–8. <https://doi.org/10.1001/archpediatrics.2009.234>
  • CDC. Compressed mortality file 1990–2015. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://wonder.cdc.gov/cmf-icd10.html>
  • Colson ER, Geller NL, Heeren T, Corwin MJ. Factors associated with choice of infant sleep position. Pediatrics 2017;140:e20170596. <https://doi.org/10.1542/peds.2017-0596>
  • Smith LA, Geller NL, Kellams AL, et al. Infant sleep location and breastfeeding practices in the United States, 2011–2014. Acad Pediatr 2016;16:540–9. <https://doi.org/10.1016/j.acap.2016.01.021>
  • Shapiro-Mendoza CK, Colson ER, Willinger M, Rybin DV, Camperlengo L, Corwin MJ. Trends in infant bedding use: National Infant Sleep Position Study, 1993–2010. Pediatrics 2015;135:10–7. <https://doi.org/10.1542/peds.2014-1793>
  • Shulman HB, Gilbert BC, Lansky A. The Pregnancy Risk Assessment Monitoring System (PRAMS): current methods and evaluation of 2001 response rates. Public Health Rep 2006;121:74–83. <https://doi.org/10.1177/003335490612100114>
  • Moon RY, Hauck FR, Colson ER. Safe infant sleep interventions: what is the evidence for successful behavior change? Curr Pediatr Rev 2016;12:67–75. <https://doi.org/10.2174/1573396311666151026110148>
  • Salm Ward TC, Balfour GM. Infant safe sleep interventions, 1990–2015: a review. J Community Health 2016;41:180–96. <https://doi.org/10.1007/s10900-015-0060-y>
  • Moon RY, Hauck FR, Colson ER, et al. The effect of nursing quality improvement and mobile health interventions on infant sleep practices: a randomized clinical trial. JAMA 2017;318:351–9. <https://doi.org/10.1001/jama.2017.8982>
  • Hwang SS, O’Sullivan A, Fitzgerald E, Melvin P, Gorman T, Fiascone JM. Implementation of safe sleep practices in the neonatal intensive care unit. J Perinatol 2015;35:862–6. <https://doi.org/10.1038/jp.2015.79>
  • Heitmann R, Nilles EK, Jeans A, et al. Improving safe sleep modeling in the hospital through policy implementation. Matern Child Health J 2017;21:1995–2000. <https://doi.org/10.1007/s10995-017-2334-8>
  • Shapiro-Mendoza CK, Camperlengo LT, Kim SY, Covington T. The sudden unexpected infant death case registry: a method to improve surveillance. Pediatrics 2012;129:e486–93. <https://doi.org/10.1542/peds.2011-0854>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ