一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)再定住したイラク難民の健康-カリフォルニア州サンデ・・・

MMWR抄訳

rss

2010/12/17Vol. 59 / No. 49

MMWR59(49):1614-1618
Health of Resettled Iraqi Refugees - San Diego County, California, October 2007-September 2009 

再定住したイラク難民の健康-カリフォルニア州サンディエゴ郡、2007年10月~2009年9月

2007年10 月~2009年9月の2年間において、アメリカでは約28,000人のイラク難民が再定住しており、CDCはこれらの難民に対し、入国後90日以内に健康診断を受けるよう勧告を出している。この期間、カリフォルニア州には全難民の24%(6,626名)が再定住しており、サンディエゴ郡ではこのうち 5,397名(81%)を受け入れ、5,100名(94.5%)の難民が健康診断を受けた。到着から健康診断までの期間は76(1~159)日間であった。潜在性結核感染(LTBI)は1歳以上でスクリーニングを受けた4,923名のうち、692名(14.1%)にて認められ、65歳以上では52.3% に認められた。便検査にて確認された病原性寄生虫は、スクリーニング検査を行った4,520名においてランブル鞭毛虫を140(3.1%)、赤痢アメーバを55(1.2%)検出し、蠕虫は認めなかった。また、B型肝炎表面抗体陽性例は2,957名中21名(0.7%)のみであった。海外でスクリーニング検査を受けてアメリカに入ったイラク難民28,366名では梅毒を27例(0.1%)、HIV感染を3例(0.1%未満)認め、梅毒検査を行っていなかった 323名では8名(2.5%)、HIV検査を行っていなかった274名では1例にて感染が確認された。非感染性疾患は肥満(751/3,047名、 24.6%)、高血圧(410/2,704名、15.2%)などが認められ、65歳以上では83/129名(64.3%)が高血圧であり、40歳以上では 114/286名(39.9%)が高脂血症であった。また、5歳未満の小児では23/322名(7.1%)にて急性栄養失調、出産可能年齢の女性348 /1,175名(29.6%)にて貧血が認められた。こうした難民の健康診断のデータを適時、収集、分析することにより疾患の早期発見、早期治療が可能となり、また、特定集団に特異的な介入措置やガイドラインの制定に有用であると考える。

References

  • CDC. Medical examination of immigrants and refugees [Internet site]. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/immigrantrefugeehealth/exams/medical- examination.html>. Accessed April 30, 2010.
  • Barnett ED. Infectious disease screening for refugees resettled in the United States. Clin Infect Dis 2004;39:833-41.
  • CDC. Domestic intestinal parasite guidelines [Internet site]. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/immigrantrefugeehealth/guidelines/domestic /intestinal-parasites-domestic.html#table2>. Accessed August 17, 2010.
  • US Department of State. FY 2010 cumulative summary of refugee admissions. Washington, DC: US Department of State, Refugee Processing Center; 2010. Available at <http://www.wrapsnet.org/reports/archives/tabid/215/language/en-us /default.aspx>. Accessed April 29, 2010.
  • Arredondo A. Costs and financial consequences of the changing epidemiological profile in Mexico. Health Policy 1997;42:39-48.
  • CDC. U.S. obesity trends, 2009. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/obesity/data/trends.html#state>. Accessed December 13, 2010.
  • Varkey P, Jerath AU, Bagniewski SM, Lesnick TG. The epidemiology of tuberculosis among primary refugee arrivals in Minnesota between 1997 and 2001. J Travel Med 2007;14:1-8.
  • Liu Y, Weinberg MS, Ortega LS, Painter JA, Maloney SA. Overseas screening for tuberculosis in U.S.-bound immigrants and refugees. N Engl J Med 2009;360:2406-15.
  • CDC. The pre-travel consultation: hepatitis B. In: Health information for international travel 2010. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, Public Health Service, 2009. Available at <http://wwwnc.cdc.gov/travel/yellowbook/2010/chapter-2/hepatitis- b.aspx>. Accessed April 29, 2010.
  • Rein RB, Lesesne SB, O’Fallon A, Weinbaum CM. Prevalence of hepatitis B surface antigen among refugees entering the United States between 2006 and 2008. Hepatology 2010;51:431-4.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ