一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)成人による逆境的小児期体験の報告-5州、2009年

MMWR抄訳

rss

2010/12/17Vol. 59 / No. 49

MMWR59(49):1609-1613
Adverse Childhood Experiences Reported by Adults - Five States, 2009

成人による逆境的小児期体験の報告-5州、2009年

逆境的小児期体験(ACEs)は言葉、身体的または性的虐待のほか、家族の投獄、精神疾患、薬物乱用、家庭内暴力、離婚や別居による親の不在など家族の機能不全を含み、成人期の健康に有害な影響を及ぼす。今回、CDCは2009年のBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)の5州(アーカンソー、ルイジアナ、ニューメキシコ、テネシー、ワシントン州)、26,229名分のデータから、ACEsに関する分析を行った。その結果、59.4%が少なくとも1つのACEを受けた経験があると回答し、種類別では家族の薬物乱用が最も多く(29.1%)、両親の離婚/別居(26.6%)、言葉による虐待(25.9%)、家族の精神疾患(19.4%)、家庭内暴力の目撃(16.3%)、身体的虐待 (14.8%)、性的虐待(12.2%)、家族の投獄(7.2%)と続いた。男女別では女性にて性的虐待(17.2%、男性:6.7%)、家族の精神疾患 (22.0%、男性:16.7%)および薬物乱用(30.6%、男性:25.5%)を有意に多く認めたが、他はほぼ同等であった。年齢別では全てのACE について、55歳以上にて急激に減少し、身体的虐待は18~24歳にて16.9%に対し、55歳以上では9.6%と有意差を認めた。人種別では非ラテン系黒人にて家族の収監(12.9%)、両親の離婚/別居(37.9%)が最も多く、家庭内暴力の目撃を除く他のACEは最も少なかった。また、ラテン系では非ラテン系白人に比べ身体的虐待、家族の投獄および家庭内暴力が有意に多く認められた。学歴別では高卒以下において身体的虐待、家族の投獄、薬物乱用および両親の離婚/別居が有意に多く認められた。ACEの経験がない(0ACE)との回答は40.6%、1ACE:22.4%、2ACE:13.1%、 3ACE:8.8%、4ACE:6.5%、5ACE以上:8.7%であった。5ACE以上の回答における男女別では男性:6.9%、女性:10.3%と女性にて多く、人種別では非ラテン系黒人:4.9%、非ラテン系白人:8.9%、ラテン系:9.1%、その他非ラテン系:11.7%で(いずれも有意差なし)、学歴別では高卒未満:14.8%、高卒:8.7%、高卒以上:7.7%と、高卒未満にて有意に高値であった。今後、州や地域での児童虐待、家族機能の崩壊を抑制する努力とACEsのストレスによる健康障害に対するサービスを充実させていくことが重要と考える。

References

  • Felitti VJ, Anda RF, Nordenberg D, et al. Relationship of childhood abuse and household dysfunction to many of the leading causes of death in adults. The adverse childhood experiences (ACE) study. Am J Prev Med 1998;14:245-58.
  • Brown DW, Anda RF, Henning T, et al. Adverse childhood experiences and the risk of premature mortality. Am J Prev Med 2009;37:389-96.
  • Anda RF, Felitti VJ, Bremner JD, et al. The enduring effects of abuse and related experiences in childhood: a convergence of evidence from neurobiology and epidemiology. Eur Arch Psychiatry Clin Neurosci 2006;256:174-86.
  • Dong M, Anda RF, Felitti VJ, et al. The interrelatedness of multiple forms of childhood abuse, neglect, and household dysfunction. Child Abuse Negl 2004;28;771- 84.
  • Green JG, McLaughlin KA, Berglund PA, et al. Childhood adversities and adult psychiatric disorders in the National Comorbidity Survey Replication 1: associations with first onset of DSM-IV disorders. Arch Gen Psychiatry 2010;67:113-23.
  • Lang J, Laffaye C, Satz LE, et al. Relationships among childhood maltreatment, PTSD, and health in female veterans in primary care. Child Abuse Neg 2006;30:1281-91.
  • Eckenrode J, Campa M, Luckey DW, et al. Long-term effects of prenatal and infancy nurse home visitation on the life course of youths: 19-year follow-up of a randomized trial. Arch Pediatr Adolescent Med 2010;164:9-15.
  • Prinz RJ, Sanders MR, Shapiro CJ, Whitaker DJ, Lutzker JR. Population-based prevention of child maltreatment: the U.S. Triple P system population trial. Prev Sci 2009;10:1-12.
  • Wethington HR, Hahn RA, Fuqua-Whitley DS, et al. The effectiveness of interventions to reduce psychological harm from traumatic events among children and adolescents: a systematic review. Am J Prev Med 2008;35:287-313.
  • Bloom SL. The sanctuary model: developing generic inpatient programs for the treatment of psychological trauma. In: Williams, MB, Sommer, JF Jr (eds). Handbook of post-traumatic therapy, a practical guide to intervention, treatment, and research. Westport, Connecticut: Greenwood Publishing; 1994:474-91.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ