一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)喫煙に関連した死亡率と損失生存可能年数の人種差-ミ・・・

MMWR抄訳

rss

2010/11/26Vol. 59 / No. 46

MMWR59(46):1518-1521
Racial Disparities in Smoking-Attributable Mortality and Years of Potential Life Lost - Missouri, 2003-2007

喫煙に関連した死亡率と損失生存可能年数の人種差-ミズーリ州、2003~2007年

アメリカでは喫煙および受動喫煙により毎年推定443,000人が死亡しており、この死亡による生産性損失額は約970億ドル、かかった医療費は960億ドルである。ミズーリ州では2000~2004年に喫煙により9,600人が死亡し、損失生存可能年数(YPLL)は132,000年、年間生産性損失額は 24億ドル、喫煙関連医療費は22億ドルであった。喫煙率は白人と黒人で異なることから、CDCのSmoking-Attributable Mortality, Morbidity, and Economic Costs(SAMMEC)システムのデータを用いてミズーリ州における2003~2007年の喫煙関連死亡率(SAM)とYPLLを白人と黒人で比較した。ミズーリ州成人におけるこの期間中の年間平均喫煙関連死亡者数は9,377人(白人:8,400人、黒人:853人)と推定された。喫煙関連死は35 歳以上の死亡者の約18.1%、全ての癌死の32.1%、全ての心血管疾患による死亡の15.3%、全ての呼吸器疾患による死亡の46.5%を占めた。平均年間SAMは黒人(338/10万人)が白人(286/10万人)よりも18%高く、このSAMの人種差は男性(28%)が女性(11%)よりも大きかった。また喫煙関連YPLLも黒人が白人よりも18%高く、この人種差も男性(25%)が女性(15%)よりも大きかった。以上、SAMとYPLLはタバコ規制プログラムの成果を評価するための重要な指標となることが明らかになった。州は喫煙および喫煙関連死における格差を少なくするため、全ての人種を対象とした包括的なタバコ規制プログラム(禁煙相談、タバコ製品の増税など)とともにハイリスクグループを対象とした介入を実施し続ける必要がある。

References

  • CDC. Smoking-attributable mortality, years of potential life lost, and productivity losses-United States, 2000-2004. MMWR 2008;57:1226-8.
  • Kayani N, Yun S, Zhu BP. The health and economic burden of smoking in Missouri, 2000-2004. Mo Med 2007; 104:265-9.
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs-2007. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/tobacco_control_programs/stateandcommunity /best_practices>. Accessed November 18,  2010.
  • Missouri Department of Health and Senior Services. Missouri information for community assessment: death MICA (2003-2007). Jefferson City, MO: Missouri Department of Health and Senior Services; 2008. Available at <http://www.dhss.mo.gov/DeathMICA/index.html>. Accessed November 18, 2010.
  • Farrelly M, Pechacek T, Thomas K, Nelson D. The impact of tobacco control programs on adult smoking. Am J Public Health 2008;98:304-9.
  • National Institutes of Health State-of-the-Science Panel. National Institutes of Health State-of-the Science conference statement: tobacco use: prevention, cessation, and control. Ann Intern Med 2006;145:839-44.
  • CDC. Tobacco use among U.S. racial/ethnic minority groups-African Americans, American Indians and Alaska Natives, Asian Americans and Pacific Islanders, and Hispanics: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA:   US Department of Health and Human Services, CDC; 1998. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/sgr_1998>. Accessed November 18, 2010.
  • CDC. The health consequences of smoking: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2004. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/2004/index.htm>. Accessed November 18, 2010.
  • Thun MJ, Apicella LF, Henley SJ. Smoking vs other risk factors as the cause of smoking-attributable deaths confounding in the courtroom. JAMA 2000;284:706-12.
  • Fiore MC, Jaen CR, Baker TB, et al. Treating tobacco use and dependence; 2008 update. Clinical practice guideline. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Public Health Service; 2008. Available at <http://www.surgeongeneral.gov/tobacco/treating_tobacco_use08.pdf>. Accesssed November 18, 2010.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ