一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)結核患者におけるHIV検査と治療-ケニア、2006・・・

MMWR抄訳

rss

2010/11/26Vol. 59 / No. 46

MMWR59(46):1514-1517
HIV Testing and Treatment Among Tuberculosis Patients - Kenya, 2006-2009

結核患者におけるHIV検査と治療-ケニア、2006~2009年

世界中のHIV感染症患者において結核は死亡の主因であり、サハラ砂漠以南の地域における結核患者のHIV陽性率は80~90%と推定されている。2004 年にWHOがHIVプログラムと結核プログラムの協働促進を勧告して以降、多くの国々では結核/HIV協働活動が増加している。ケニアのDivision of Leprosy, Tuberculosis, and Lung Disease(DLTLD)は2005年に既存の結核サーベイランスシステムにHIV検査と治療に関する質問を加えたことから、この拡大結核サーベイランスシステムで2006~2009年に収集されたHIV関連データを分析した。新たに登録された結核患者の総数は、2006年の115,234例から 2009年には110,015例に低下した(低下率5%)。結核患者におけるHIV検査の実施率は2006年の60%から2009年には88%に増加し、結核患者におけるHIV感染症の有病率は52%から44%に低下した。HIV感染結核患者における2009年の日和見感染予防のためのコトリモキサゾール投与率は92%と高かったが(2006年:87%)、結核治療中の抗レトロウイルス治療(ART)開始率は34%のみであった(2006年26%)。ケニアでは、特に2009年WHOガイドライン(全てのHIV感染結核患者に対してCD4数に関わらずできるだけ早くARTを開始すること)を考慮し、HIV 感染結核患者のART実施率を増加させる方法を検討する必要がある。

References

  • CDC. Mortality among patients with tuberculosis and associations with HIV status-United States, 1993-2008. MMWR 2010;59:1509-13.
  • CDC. Provider-initiated HIV testing and counseling of TB patients-Livingstone District, Zambia, September 2004-December 2006. MMWR 2008;57:285-9.
  • World Health Organization. Interim policy on collaborative TB/HIV activities. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2004. Available at <http://whqlibdoc.who.int/hq/2004/who_htm_tb_2004.330_eng.pdf>. Accessed November 22, 2010.
  • World Health Organization. Guidelines on co-trimoxazole prophylaxis for HIV-related infections among children, adolescents, and adults: recommendations for a public health approach. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2006. Available at <http://www.who.int/entity/hiv/pub/guidelines/ctxguidelines.pdf>. Accessed November 22, 2010.
  • World Health Organization. Rapid advice: antiretroviral therapy for HIV infection in adolescents and adults. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2009. Available at <http://www.who.int/entity/hiv/pub/arv/rapid_advice_art.pdf>. Accessed November 22, 2010.
  • Chakaya JM, Mansoer JR, Scano F, et al. National scale-up of HIV testing and provision of HIV care to tuberculosis patients in Kenya. Int J Tuberc Lung Dis 2008;12:424-9.
  • Republic of Kenya Ministry of Health. National AIDS and STI Control Programme: guidelines for HIV testing in clinical settings. Nairobi, Kenya: Republic of Kenya Ministry of Health; 2004.
  • Teck R, Ascurra O, Gomani P, et al. WHO clinical staging of HIV infection and disease, tuberculosis, and eligibility for antiretroviral treatment: relationship to CD4 lymphocyte counts. Int J Tuberc Lung Dis 2005;9:258-62.
  • Abdool Karim SS, Naidoo K, Grobler A, et al. Timing of initiation of antiretroviral drugs during tuberculosis therapy. N Engl J Med 2010;362:697-706.
  • Huerga H, Spillan H, Guerrero W, Odongo A, Varaine F. Impact of introducing human immunodeficiency virus testing, treatment, and care in a tuberculosis clinic in rural Kenya. Int J Tuberc Lung Dis 2010;14:611-5.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ