一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)妊娠女性における季節性インフルエンザおよび2009・・・

MMWR抄訳

rss

2010/12/03Vol. 59 / No. 47

MMWR59(47):1541-1545
Seasonal Influenza and 2009 H1N1 Influenza Vaccination Coverage Among Pregnant Women - 10 States, 2009-10 Influenza Season 

妊娠女性における季節性インフルエンザおよび2009 H1N1インフルエンザワクチン接種率-10州、2009-10インフルエンザ期

妊婦はインフルエンザ合併症のリスクが高いため、2009-10インフルエンザ期には季節性および2009 H1N1インフルエンザワクチンの接種が推奨されていた。CDCは2009-10年期の国内10州(イリノイ、メリーランド、マサチューセッツ、ミシシッピ、ミズーリ、ニュージャージー、ロードアイランド、ユタ、ワシントンおよびウエストバージニア州)のPregnancy Risk Assessment Monitoring System (PRAMS)データから、妊婦におけるワクチン接種率について分析を行った。2009年9月1日~2010年3月12日に出産し、季節性ワクチン接種に関するデータの得られた6,225名における接種率は50.7(36.6~68.3)%、2009年10月1日~2010年3月12日に出産し、2009 H1N1ワクチン接種に関するデータの得られた5,112名における接種率は46.6(26.9~72.4)%であった。両方に該当する5,052名における接種率は、季節性ワクチンのみ:19.7%、H1N1ワクチンのみ:12.2%、両方を接種:34.1%、どちらも受けていない:34.0%であった。また、“医療提供者から接種を推奨された”と回答した妊婦は、季節性に関しては67.4%、H1N1に関しては75.2%であり、推奨された妊婦の接種率はされていない妊婦に比べ高かった(季節性:65.8% vs 19.6%、H1N1:60.1% vs 5.9%)。接種を受けなかった理由として、季節性ワクチンに関しては胎児への安全性の不安:47.7%、妊婦本人の安全性の不安:45.2%、H1N1 ワクチンに関してはそれぞれ63.6%、61.4%であった。この時期、一般人におけるワクチン接種率は、季節性:39.7(36.0~48.5)%、 H1N1:21.4(8.7~27.8)%、さらに前々年、前年期の妊婦における季節性ワクチン接種率はそれぞれ24.2%、11.3%であったことから、2009-10年期の妊婦におけるインフルエンザワクチン接種率は高いと思われるが、今後インフルエンザ合併症の危険性および胎児、妊婦に対する安全性に関する教育を徹底し、さらに接種率を向上させることが重要と考える。

References

  • American College of Obstetricians and Gynecologists Committee on Obstetric Practice. ACOG committee opinion number 305, November 2004. Influenza vaccination and treatment during pregnancy. Obstet Gynecol 2004;104 (5 pt 1):1125-6.
  • CDC. Prevention and control of influenza with vaccines: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2010. MMWR 2010;59(No. RR-8).
  • Novel Swine-Origin Influenza A (H1N1) Virus Investigation Team. Emergence of a novel swine-origin influenza A (H1N1) virus in humans. N Engl J Med 2009;360:2605-15.
  • Jamieson DJ, Honein MA, Rasmussen SA, et al. H1N1 2009 influenza virus infection during pregnancy in the USA. Lancet 2009;374:451-8.
  • CDC. Use of influenza A (H1N1) 2009 monovalent vaccine: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2009. MMWR 2009;58 (No. RR-10).
  • Ahluwalia IB, Jamieson DJ, Rasmussen SA, D’Angelo D, Goodman D, Kim H. Correlates of seasonal influenza vaccine among pregnant women in Georgia and Rhode Island. Obstet Gynecol 2010;116:949-55.
  • Broughton DE, Beigi RH, Switzer GE, Raker CA, Anderson BL. Obstetric health care worker’s attitudes and beliefs regarding influenza vaccination in pregnancy. Obstet Gynecol 2009;114: 981-7.
  • CDC. Interim results: state-specific seasonal influenza vaccination coverage-United States, August 2009-January 2010. MMWR 2010;59:477-84.
  • CDC. Interim results: state-specific influenza A (H1N1) 2009 monovalent vaccination coverage-United States, October 2009-January 2010. MMWR 2010;59:363-8.
  • Zaman K, Roy E, Arifeen SE, et al. Effectiveness of maternal influenza immunization in mothers and infants. N Engl J Med 2008;359:1555-64.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ