一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)肺癌発症率の人種/民族差と地域差-38州とワシント・・・

MMWR抄訳

rss

2010/11/12Vol. 59 / No. 44

MMWR59(44):1433-1438
Racial/Ethnic Disparities and Geographic Differences in Lung Cancer Incidence - 38 States and the District of Columbia, 1998-2006

肺癌発症率の人種/民族差と地域差-38州とワシントンDC、1998~2006年

アメリカにおいて肺癌は男女とも診断頻度が2番目に高い癌であり、癌死の主因である。アメリカの肺癌発症率には人種/民族差が存在することから、CDCは人種/民族別肺癌発症率を包括的に調査するため、CDCのNational Program of Cancer Registries(NPCR)と国立癌研究所のSurveillance, Epidemiology, and End Resuls(SEER)プログラムを利用し、アメリカの全人口の79.5%を占める38州とワシントンDCにおける1998~2006年のデータを分析した。この期間中全体で1,433,172例が肺癌と診断され、10万人あたりの年間肺癌発症率は69.3例であった。男性の発症率は女性よりも高かった (それぞれ88.2例、55.4例)。人種/民族別発症率は黒人が最高で(76.1例)、次が白人(69.7例)、アメリカンインディアン/アラスカ先住民(AI/AN)(48.4例)、アジア/太平洋諸島系(A/PI)(38.4例)の順であり、ラテンアメリカ系の肺癌発症率は非ラテンアメリカ系よりも低かった(それぞれ37.3例、71.9例)。年齢別発症率は70~79歳群が最高で(426.7例)、次が80歳以上354.8例)であり、60~69 歳(258.0)、50~59歳(86.5例)、40~49歳(21.8例)、40歳未満(0.9例)の順に低下した。この傾向は全ての人種/民族で共通していた。また全年齢群で黒人と白人の発症率はAI/AN、A/PIよりも高かった。地域別発症率は南部(76.0例)が最高で次が中西部(73.0 例)、南東部(68.6例)、西部(58.8例)の順であり、白人は南部(76.3例)、黒人とAI/AN、ラテンアメリカ系は中西部(それぞれ88.9 例、64.2例、40.6例)、A/PIは西部(42.5例)での発症率が最高であった。肺癌の発症率を低下させるためには、特にリスクの高い人種/民族・地理的地域をターゲットとし禁煙戦略や環境発癌物質(ラドン、副流煙など)への曝露減少といった一次予防対策を強化する必要がある。

References

  • Jemal A, Siegel R, Ward E, Hao Y, Xu J, Thun MJ. Cancer statistics, 2009. CA Cancer J Clin 2009;59:225-49.
  • Gadgeel SM, Kalemkerian GP. Racial differences in lung cancer. Cancer Metastasis Rev 2003;22:39-46.
  • Bach PB, Cramer LD, Warren JL, Begg CB. Racial differences in the treatment of early-stage lung cancer. N Engl J Med 1999;341:1198-205.
  • Bliss A, Cobb N, Solomon T, et al. Lung cancer incidence among American Indians and Alaska Natives in the United States, 1999-2004. Cancer 2008;113(5 Suppl):1168-78.
  • Clegg LX, Reichman ME, Hankey BF, et al. Quality of race, Hispanic ethnicity, and immigrant status in population-based cancer registry data: implications for health disparity studies. Cancer Causes Control 2007;18:177-87.
  • Wagenknecht LE, Cutter GR, Haley NJ, et al. Racial differences in serum cotinine levels among smokers in the Coronary Artery Risk Development in (Young) Adults study. Am J Public Health 1990;80:1053-6.
  • Haiman CA, Stram DO, Wilkens LR, et al. Ethnic and racial differences in the smoking-related risk of lung cancer. N Engl J Med 2006;354:333-42.
  • Ward E, Jemal A, Cokkinides V, et al. Cancer disparities by race/ethnicity and socioeconomic status. CA Cancer J Clin 2004;54:78-93.
  • Shopland DR, Hartman AM, Gibson JT, Mueller MD, Kessler LG, Lynn WR. Cigarette smoking among U.S. adults by state and region: estimates from the current population survey. J Natl Cancer Inst 1996;88:1748-58.
  • Jemal A, Center MM, Ward E. The convergence of lung cancer rates between blacks and whites under the age of 40, United States. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2009;18:3349-52.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ