一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)小児における親の報告による注意欠陥/多動性障害の有・・・

MMWR抄訳

rss

2010/11/12Vol. 59 / No. 44

MMWR59(44):1439-1443
Increasing Prevalence of Parent-Reported Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder Among Children - United States, 2003 and 2007

小児における親の報告による注意欠陥/多動性障害の有病率増加-アメリカ、2003年と2007年

注意欠陥/多動性障害(ADHD)は診断頻度の高い小児期の神経行動障害であり、ADHDの有病率と治療率は過去10年間に増加していることが示唆されている。2003年に実施されたNational Survey of Children’s Health(NSCH)のデータに基づいた親の報告によるADHD(診断歴)の有病率と現在のADHD小児における治療率が2005年に発表されたが、本報告では2007年に実施された2回目のNSCHデータの分析結果を2003年の結果と比較して述べる。2007年4月~2008年7月の調査で、 4~17歳の小児73,123人のADHDに関する情報が得られた。これら小児における親の報告によるADHD(診断歴)の有病率は9.5%であり、これは4~17歳の小児540万人に相当した。またこれらADHD(診断歴)小児のうち78%(4~17歳の小児全体の7.2%、410万人)は現在も ADHDの症状があった(軽度:46.7%、中等度39.5%、重度13.8%)。ADHD(診断歴)の有病率は男児が女児よりも2倍以上高く(それぞれ 13.2%、5.6%)、多人種小児(14.2%)、Medicaid加入小児(13.6%)で高かった。現在ADHD小児における治療率は66.3% (4~17歳の小児全体の4.8%、270万人)であった。ADHD(診断歴)の有病率は2003年(7.8%、440万人)から2007年(9.5%、 540万人)にかけて21.8%(100万人)増加した。サブグループ分析では、3つのサブグループ以外(家族の教育歴が高校卒業未満、人種/民族で「その他」[白人・黒人・多人種以外]、西部地域)全てのサブグループにおいて2007年の有病率は2003年に比べて有意に高く、増加率は15~17歳群 (2003年:9.6%、2007年:13.6%)、多人種群(それぞれ9.7%、14.2%)、ラテンアメリカ系/ラテンアメリカ人(3.7%、 5.6%)が最高であった(増加率:それぞれ42%、46%、53%)。全国的なADHD(診断歴)患者数の増加は、12州での有意な増加を反映していた。医療関係者は、ADHDの全国・州・人口統計学的パターンを意識する必要がある。

References

  • American Psychiatric Association. Diagnostic and statistical manual of mental disorders. 4th ed. Washington, DC: American Psychiatric Association; 2000:85-93.
  • Pastor PN, Reuben CA. Diagnosed attention deficit hyperactivity disorder and learning disability: United States, 2004-2006. Vital Health Stat 2008;10(237).
  • Castle L, Aubert RE, Verbrugge RR, Khalid M, Epstein RS. Trends in medication treatment for ADHD. J Atten Disord 2007;10:335-42.
  • CDC. Mental health in the United States: prevalence of diagnosis and medication treatment for attention-deficit/hyperactivity disorder-United States, 2003. MMWR 2005; 54:842-7.
  • Blumberg SJ, Olson L, Frankel MR, Osborn L, Srinath KP, Giambo P. Design and operation of the National Survey of Children’s Health, 2003. Vital Health Stat 2005;1(43).
  • Blumberg SJ, Foster EB, Frasier AM, et al. Design and operation of the National Survey of Children’s Health, 2007. Vital Health Stat;1(in press).
  • Eiraldi RB, Mazzuca LB, Clarke AT, Power TJ. Service utilization among ethnic minority children with ADHD: a model of help-seeking behavior. Adm Policy  Ment Health 2006;33:607-22.
  • Rowland AS, Umbach DM, Stallone L, Naftel AJ, Bohlig EM, Sandler DP. Prevalence of medication treatment for attention deficit-hyperactivity disorder among elementary school children in Johnston County, North Carolina. Am J Public Health 2002;92:231-4.
  • Matza LS, Paramore C, Prasad M. A review of the economic burden of ADHD. Cost Eff Resour Alloc 2005;3:5.
  • Fulton BD, Scheffler RM, Hinshaw SP, et al. National variation of ADHD diagnostic prevalence and medication use: health care providers and education policies. Psychiatr Serv 2009;60:1075-83.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ