一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)コレラのアウトブレイク-ハイチ、2010年10月

MMWR抄訳

rss

2010/11/05Vol. 59 / No. 43

MMWR59(43):1411
Cholera Outbreak - Haiti, October 2010

コレラのアウトブレイク-ハイチ、2010年10月

2010 年10月21日、ハイチにて毒素産生型Viblio choleraeO1(血清型Ogawa、生物型El Tor)が同定され、CDCにて確認された。10月27日の時点で、4,722例が発症(発症時期:10月21~27日)、303例が死亡している。症例の多くはArtibonite県から報告されており、ここは農業地域であるが人口が集中しており、小規模な都市が複数存在するエリアである。また、首都ポルトープランスのあるOuest県など他の地域でも推定患者が確認されている。コレラは糞便に汚染された水または食料を介して伝染し、急性の重症水様下痢を来し、適切な処置を行わないと血液量減少性ショックから死に至る。ハイチではこれまでコレラの流行は報告されておらず、国民はコレラに対する免疫がないためV.choleraeに感染しやすい。アウトブレイクはArtibonite県にて患者が集中的に発生し、拡散したものと考えられる。現在、死亡率を最小限に抑えるため、患者に対し経口での補液療法(重症例には静注による補液療法)、感染防止のため水処理、適切な下水設備と衛生状態の維持、安全な食物の提供が行われている。ハイチからアメリカへの旅行者にコレラ患者は報告されていないが、ハイチからの入国者にコレラ感染が疑われる場合はCDCに報告することが義務付けられている。また、CDCではハイチへの旅行者およびハイチからの旅行者に対し、感染予防および治療ガイドラインを提供している。

References

  • Pan American Health Organization. Cholera outbreak in Haiti. EOC situation report no. 6-October 27, 2010. Available at <http://new.paho.org/hq/index.php?option=com_content&task= view&id=4381&Itemid=3481>. Accessed October 28, 2010.
  • Pollitzer R, Swaroop S, Burrows W. Cholera. Monogr Ser World Health Organ 1959;58:1001-19.
  • Guerra F. American and Filipino epidemiology, 1492-1898. Madrid, Spain: Ministry of Health and Consumption; 1999.
  • Bordes A. Vol. 2. Médecine et santé publique sous l’occupation Américaine, 1915-1934. In: Évolution des sciences de la santé et de l’hygiène publique en Haïti. Port-au-Prince, Haiti: Centre d’Hygiène Familiale. Imprimerie Deschamps; 1979.
  • Pan American Health Organization. Cholera outbreak in Haiti. EOC situation report no. 4-October 25, 2010. Available at <http://new.paho.org/disasters/index.php?option=com_docman& task=doc_view&gid=1194>. Accessed October 28, 2010.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ