一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)急性C型肝炎感染サーベイランスの評価-アメリカ、2・・・

MMWR抄訳

rss

2010/11/05Vol. 59 / No. 43

MMWR59(43):1407-1410
Evaluation of Acute Hepatitis C Infection Surveillance - United States, 2008

急性C型肝炎感染サーベイランスの評価-アメリカ、2008年

アメリカにおけるC型肝炎ウイルス(HCV)感染例は約400万人であり、死亡例は年間12,000例と推定されている。2010~2019年の10年間における慢性HCV感染症の直接医療費は107億ドルを超え、HCV感染による早期死亡により喪失する社会的コストは542億ドル、HCV感染による機能障害により逸失するコストは213億ドルと見積もられている。アウトブレイクの早期確認や対応およびエビデンスに基づく予防対策には完全かつ時期を得たサーベイランスが必須であることから、今回、CDCは2008年に報告された急性HCVサーベイランスデータ[National Notifiable Diseases Surveillance System(NNDSS)、Emerging Infections Program(EIP)]の比較を行った。NNDSSは各州のサーベイランスシステムからNETSS(National Electronic Telecommunications System for Surveillance)を通じて報告された症例、EIPは6ヶ所(コネチカット、コロラド、ミネソタ、オレゴン、ニューヨーク州34郡およびNYC) にて報告された症例を対象としている。2008年、NNDSSには40州から877例、EIPには120例が報告され、うち102例は一致していた。年齢、性別に関するデータはNNDSS、EIPともにほぼ完全であったが、人種/民族に関してはNNDSSにて22/41%、EIPにて8/21%が欠落していた。黄疸の有無に関するデータの完全性はNNDSS:63%、EIP:98%、感染のリスク因子に関してはNNDSS:15~46%、 EIP:70~77%であり、データが完全に得られた症例はNNDSSにて39例(4%)、EIPにて72例(60%)であった。診断から報告までの期間はNNDSS:30(0~298)日、EIP:19(0~350)日、診断から7日および30日以内に報告された症例はNNDSSにてそれぞれ74%、 77%、EIPにてそれぞれ80%、94%であった。また、EIPにて報告された症例のうち26例がNNDSSにて欠落、逆にNNDSSにて報告された症例では8例がEIPにて欠落しており、EIPを基準にした場合、NNDSSの感受性は78%、陽性予測値は92%であった。以上、HCV感染に関するサーベイランスはその質の強化が課題であることが示唆された。

References

  • Armstrong GL, Wasley AM, Simard EP, McQuillan GM, Kuhnert WL, Alter MJ. The prevalence of hepatitis C virus infection in the United States, 1999 through 2002. Ann Intern Med 2006;144:705-14.
  • Wong JB, McQuillan GM, McHutchinson JG, Poynard T. Estimating future hepatitis C morbidity, mortality, and costs in the United States. Am J Public Health 2000;90:1562-9.
  • Institute of Medicine. Hepatitis and liver cancer: a national strategy for prevention and control of hepatitis B and C. Colvin HM, Mitchell, AE, eds. Washington, DC: National Academies Press; 2010.
  • Buehler JW, Stroup DF, Klaucke DN, Berkelman RL. The reporting of race and ethnicity in the national notifiable diseases surveillance system. Public Health Rep 1989;104:457-65.
  • CDC. Reporting of race and ethnicity in the national notifiable diseases surveillance system, 1990. MMWR 1992;41:653-7.
  • CDC. Use of enhanced surveillance for hepatitis C virus infection to detect a cluster among young injection drug users-New York, November 2004-April 2007. MMWR 2008;57:517-21.
  • Jaeckel E, Cornberg M, Wedemeyer H, et al. Treatment of acute hepatitis C with interferon alfa-2b. N Engl J Med 2001;345:1452-7.
  • Dintsios CM, Haverkamp A, Wiegand J, et al. Economic evaluation of early monotherapy versus delayed monotherapy or combination therapy in patients with acute hepatitis C in Germany. Eur J Gastroenterol Hepatol 2010;22:278-88.
  • Corey KE, Mendez-Navarro J, Gorospe EC, Zheng H, Chung RT. Early treatment improves outcomes in acute hepatitis C virus infection: a meta-analysis. J Viral Hepatitis 2010;17:201-7.
  • Klevens RM, Miller J, Vonderwahl C, Speers S, et al. Population-based surveillance for hepatitis C virus, United States, 2006-2007. Emerg Infect Dis 2009;15:1499-502.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ