一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)成人における州別のタバコ喫煙と無煙タバコの利用率-・・・

MMWR抄訳

rss

2010/11/05Vol. 59 / No. 43

MMWR59(43):1400-1406
State-Specific Prevalence of Cigarette Smoking and Smokeless Tobacco Use Among Adults - United States, 2009

成人における州別のタバコ喫煙と無煙タバコの利用率-アメリカ、2009年

2009 年Behavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)データを用いて、アメリカにおけるタバコの喫煙率および無煙タバコの利用率を州別に分析した。2009年のタバコ喫煙率はケンタッキー州(25.6%)、ウエストバージニア州(25.6%)、オクラホマ州(25.5%)にて高く、ユタ州(9.8%)、カリフォルニア州 (12.9%)、ワシントン州(14.9%)にて低く、アメリカ領ではバージン諸島(USVI、6.4%)、プエルトリコ(10.6%)、グアム (24.1%)であった。無煙タバコの利用率はワイオミング州(9.1%)、ウエストバージニア州(8.5%)、ミシシッピ州(7.5%)にて高く、カリフォルニア州(1.3%)、DC(1.5%)、マサチューセッツ州(1.5%)、ロードアイランド州(1.5%)にて低く、USVI(0.8%)、プエルトリコ(1.4%)、グアム(4.1%)であった。無煙タバコの男性における利用率はDC:2.0%~ウエストバージニア州:17.1%であり、50州全てにおいて男性にて有意に高い利用率を認め、年齢は18~24歳にて最も高かった。タバコの喫煙率および無煙タバコの利用率はともに高学歴者にて低かった。男性におけるタバコの喫煙率が25%を超える13州のうち、7州(アラバマ、アラスカ、アーカンソー、ケンタッキー、ミシシッピ、オクラホマ、ウエストバージニア)では無煙タバコの利用率も高く、ワイオミング州ではタバコ喫煙者の23.4%、アーカンソー州では20.8%が無煙タバコも利用していた。無煙タバコは禁煙場所でも利用が可能であることから喫煙者に利用が勧められ、その利用率も増加しており、若者が喫煙を始める製品としても利用されている。 Healthy People 2010ではタバコの喫煙率を12%、無煙タバコの利用率は0.4%を目標としているが、タバコの喫煙率ではユタ、プエルトリコ、バージン諸島のみが目標を達成し、無煙タバコの利用率ではこれに達する州はなかった。今後とも禁煙促進の強化が重要な課題であると考える。

References

  • International Agency for Research on Cancer. IARC monographs on the evaluation of carcinogenic risks to humans: smokeless tobacco and some tobacco specific n-nitrosamines [volume 89]. Lyon, France: World Health Organization, International Agency for Research on Cancer; 2007. Available at <http://monographs.iarc.fr/ENG/Monographs/vol89/mono89.pdf>. Accessed October 29, 2010.
  • CDC. The health consequences of smoking: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2004.
  • CDC. Vital signs: current cigarette smoking among adults -18 years-United States, 2009. MMWR 2010;59:1135-40.
  • Substance Abuse and Mental Health Services Administration, Office of Applied Studies. The NSDUH report: smokeless tobacco use, initiation, and relationship to cigarette smoking: 2002 to 2007. Rockville, MD: Substance Abuse and Mental Health Services Administration, Office of Applied Studies; 2009. Available at <http://www.oas.samhsa.gov/2k9/smokelesstobacco/smokelesstobacco.htm>. Accessed October 29, 2010.
  • Wetter DW, McClure JB, de Moor C, et al. Concomitant use of cigarettes and smokeless tobacco: prevalence, correlates, and predictors of tobacco cessation. Prev Med 2002;34:638-48.
  • Tomar SL, Alpert HR, Connolly GN. Patterns of dual use of cigarettes and smokeless tobacco among US males: findings from national surveys. Tob Control 2010;19:104-9.
  • Tomar SL. Is use of smokeless tobacco a risk factor for cigarette smoking? The U.S. experience. Nicotine Tob Res 2003;5:561-9.
  • Mejia AB, Ling PM. Tobacco industry consumer research on smokeless tobacco users and product development. Am J Public Health 2010;100:78-87.
  • Blumberg SJ, Luke JV. Wireless substitution: early release of estimates from the National Health Interview Survey, July-December 2009. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2009. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/nhis/earlyrelease/wireless201005.pdf>. Accessed October 28, 2010.
  • Nelson DE, Holtzman D, Bolen J, Stanwyck CA, Mack KA. Reliability and validity of measures from the Behavioral Risk Factor Surveillance System (BRFSS). Social Prev Med 2001;46:S3-42.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ