一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)タバコ依存症治療に対する州のメディケイド補償範囲-・・・

MMWR抄訳

rss

2010/10/22Vol. 59 / No. 41

MMWR59(41):1340-1343
State Medicaid Coverage for Tobacco-Dependence Treatments - United States, 2009

タバコ依存症治療に対する州のメディケイド補償範囲-アメリカ、2009年

メディケイド加入者は、一般人と比べ喫煙率が約2倍高く(37% vs 21%)、支出の約11%を喫煙関連の医療費が占めている。2008年、Public Health Serviceはタバコ依存症の薬物治療およびカウンセリングの費用を包括的に補償するようガイドラインを発表し、Healthy People 2010でもFDAが承認する薬物療法と禁煙カウンセリングを保険適用にすることが目標とされている。今回、CDCはUC Berkeleyとともに2009年の国内50州およびワシントンDCにおけるタバコ依存症治療に対するメディケイドの補償範囲に関する調査を行った。その結果、全51プログラムのうち4プログラム(コネチカット、ジョージア、ミズーリ、テネシー州)はタバコ依存症治療に関する補償が全くなく、47プログラムにて受給者の一部に対しタバコ依存症治療を補償し、38プログラムでは全ての受給者に対し少なくとも1つのタバコ依存症治療を補償していた。補償する内容はニコチンパッチ(34プログラム)、ブプロピオンまたはZyban(33)、ニコチンガム(32)、バレニクリン(32)、ニコチン経鼻スプレー(28)、ニコチン吸入薬(27)、ニコチントローチ錠(25)であり、カウンセリングに関しては薬物治療に比べ補償するプログラムは少なく、個人カウンセリングは18プログラムにて加入者全員に、6プログラムにてFFS(出来高払い型)、1プログラムにてMCO(管理医療型)、6プログラムにて妊婦を対象に補償し、グループカウンセリングは全員:8、FFS:3、MCO:1、妊婦:5プログラムにて補償していた。また、5州(インディアナ、マサチューセッツ、ミネソタ、モンタナ、ペンシルバニア州)が全てのメディケイド加入者に対し、薬物療法、カウンセリング(個人およびグループ)を補償していた。2007年の調査以降、ネブラスカ州とアラバマ州にて補償が開始、計12プログラムにて補償の追加や拡大されていた。

References

  • Pleis JR, Lucas JW, Ward BW. Summary health statistics for U.S. adults: National Health Interview Survey, 2008. Vital Health Stat 2009;10(242):1-157.
  • Armour BS, Finkelstein EA, Fiebelkorn IC. State-level Medicaid expenditures attributable to smoking. Prev Chronic Dis 2009;6:A84.
  • Fiore MC, Jaen CR, Baker TB, et al. Treating tobacco use and dependence: 2008 update. Clinical practice guideline. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Public Health Service; 2008. Available at <http://www.surgeongeneral.gov/tobacco/treating_tobacco_use08.pdf>. Accessed April 2, 2010.
  • US Department of Health and Human Services. Objective 27-8b: increase insurance coverage of evidence-based treatment for nicotine dependency. In: Healthy people 2010 (conference ed, in 2 vols). Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2000. Available at <http://www.healthypeople.gov/document/html/objectives/27-08.htm>. Accessed April 2, 2010.
  • Patient Protection and Affordable Care Act of 2010. Pub. L. No. 114-48 (March 23, 2010), as amended through May 1, 2010. Available at <http://docs.house.gov/energycommerce/ppacacon.pdf>. Accessed October 20, 2010.
  • CDC. State Medicaid coverage for tobacco-dependence treatments-United States, 2007. MMWR 2009;58: 1199-204.
  • Maciosek MV, Coffield AB, Edwards NM, Flottemesch TJ, Goodman MJ, Solberg LI. Priorities among effective clinical preventive services: results of a systematic review and analysis. Am J Prev Med 2006;31:52-61.
  • Reda AA, Kaper J, Fikrelter H, Severens JL, van Schayck CP. Healthcare financing systems for increasing the use of tobacco dependence treatment. The Cochrane Library 2009;3:CD004305. Available at <http://onlinelibrary.wiley.com/o/cochrane/clsysrev/articles/CD004305 /frame.html>. Accessed October 15, 2010.
  • Land T, Warner D, Paskowsky M, et al. Medicaid coverage for tobacco dependence treatments in Massachusetts and associated decreases in smoking prevalence. PLoS ONE 2010;5:e9770. Available at <http://www.plosone.org/article /info%3adoi%2f10.1371%2fjournal.pone.0009770>. Accessed April 20, 2010.
  • McMenamin SB, Halpin HA, Bellows NM. Knowledge of Medicaid coverage and effectiveness of smoking treatments. Am J Prev Med 2006;31:369-74.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ