一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)糖尿病と診断された患者における糖尿病による末期腎疾・・・

MMWR抄訳

rss

2010/10/29Vol. 59 / No. 42

MMWR59(42):1361-1366
Incidence of End-Stage Renal Disease Attributed to Diabetes Among Persons With Diagnosed Diabetes - United States and Puerto Rico, 1996-2007

糖尿病と診断された患者における糖尿病による末期腎疾患の発症率-アメリカおよびプエルトリコ、1996~2007年

アメリカとプエルトリコでは、2007年に約11万人が末期腎疾患(ESRD[透析あるいは移植が必要な腎不全])のため治療を開始した。糖尿病はアメリカにおけるESRDの主因であり、2007年には新規ESRDの原因の44%が糖尿病であった。腎不全のため治療を開始した患者のうち主要原因が糖尿病 (ESRD-D)の患者数は1996年以降増加しているが、糖尿病と診断された患者におけるESRD-Dの発症率は1996年以降低下している。アメリカのどの地域でもこの発症率低下がみられるかどうかを検討するため、CDCはU.S. Renal Data System(USRDS)とBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)の1996~2007年のデータを分析した。アメリカおよびプエルトリコにおけるESRD-Dのため治療を開始した成人(18 歳以上)の数は、1996年の32,716例(州別:32[ワイオミング州]~3,719例[カリフォルニア州])から2007年には48,712例 (37[ワイオミング州]~6,059例[カリフォルニア州])に有意に増加した。しかし糖尿病と診断された患者におけるESRD-Dの年齢調整発症率 (10万人あたり)は、1996年の304.5例から2007年には199.1例へと35%低下した。この低下はアメリカの4地域全て、および多くの州でみられ、ESRD-D発症率が有意に増加した州はなかった。2007年の新規ESRD-D患者の発生地域は約40%が南部であり、中西部・北東部・西部がそれぞれ約20%であったが、糖尿病診断患者におけるESRD-D発症率は西部が北東部に比べて有意に高かった(それぞれ219.2例、182.6例)。この低下傾向を継続させるためには、腎不全の危険因子を意識し続けることと糖尿病の管理を改善するための介入が必要である。

References

  • US Renal Data System. USRDS 2009 annual data report: atlas of chronic kidney disease and end-stage renal disease in the United States. Bethesda, MD: National Institutes of Health, National Institute of Diabetes and Digestive and Kidney Diseases; 2009.
  • CDC. National Diabetes Surveillance System. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://apps.nccd.cdc.gov/ddtstrs/default.aspx>. Accessed October 21, 2010.
  • Burrows NR, Li Y, Geiss LS. Incidence of treatment for end-stage renal disease among individuals with diabetes in the U.S. continues to decline. Diabetes Care 2010;33:73-7.
  • Hoerger TJ, Segel JE, Gregg EW, Saaddine JB. Is glycemic control improving in U.S. adults? Diabetes Care 2008;31:81-6.
  • Imperatore G, Cadwell BL, Geiss L, et al. Thirty-year trends in cardiovascular risk factor levels among US adults with diabetes: National Health and Nutrition Examination Surveys, 1971-2000. Am J Epidemiol 2004;160:531-9.
  • James MT, Hemmelgarn BR, Tonelli M. Early recognition and prevention of chronic kidney disease. Lancet 2010;375:1296-309.
  • Saydah SH, Fradkin J, Cowie CC. Poor control of risk factors for vascular disease among adults with previously diagnosed diabetes. JAMA 2004;291:335-42.
  • Saaddine JB, Cadwell B, Gregg EW, et al. Improvements in diabetes processes of care and intermediate outcomes: United States, 1988-2002. Ann Intern Med 2006;144:465-74.
  • Ackermann RT, Finch EA, Brizendine E, Zhou H, Marrero DG. Translating the Diabetes Prevention Program into the community: the DEPLOY Pilot Study. Am J Prev Med 2008;35:357-63.
  • Expert Committee on the Diagnosis and Classification of Diabetes Mellitus. Report of the Expert Committee on the Diagnosis and Classification of Diabetes Mellitus. Diabetes Care 1997;20:1183-97.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ