一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)男性同性愛者におけるHIV感染罹患率と認識-アメリ・・・

MMWR抄訳

rss

2010/09/24Vol. 59 / No. 37

MMWR59(37):1201-1207
Prevalence and Awareness of HIV Infection Among Men Who Have Sex With Men - 21 Cities, United States, 2008

男性同性愛者におけるHIV感染罹患率と認識-アメリカ21市、2008年

男性同性愛者(MSM)はHIV感染症のリスクが高く、2006年の新規HIV感染の57%はMSMにて発症している。CDC’s National HIV Behavioral Surveillance System (NHBS)は大都市部(MSAs)のMSMが集まるバー、クラブ、街頭などで匿名でのインタビュー調査によりHIV感染やリスク行為に関するデータを収集しており、今回、2008年の調査結果がまとめられた。この調査は21 MSA (アトランタ、バルチモア、ボストン、シカゴ、ダラス、デンバー、デトロイト、ヒューストン、ロサンゼルス、マイアミ、ナッソー-サフォーク、ニューオーリンズ、ニューヨーク、ニューアーク、フィラデルフィア、サンディエゴ、サンフランシスコ、サンファン、セントルイス、シアトル、ワシントンDC)、 626ヶ所にて行われ、分析対象となったMSMは8,153名であった。HIV陽性率は全体で19%(1,562名)であり、年齢別では18~19 歳:7%(28例)、20~24歳:12%(170例)、25~29歳:15%(223例)、30~39歳:21%(470例)、40~49歳:28% (474例)、50歳以上:25%(197例)と年齢に伴い増加し、学歴および年収に伴い減少していた。人種別では非ラテン系黒人にて最も高く (28%)、白人では16%と低かった。このうち感染の認識がない症例は680例(44%)であり、年齢の低い症例にて多く、学歴および年収に伴い減少し、人種別では黒人:59%、白人:26%であった。また、健康保険未加入者および調査12ヶ月前より受診歴のない症例で認識のない症例が多く認められた。以上、今回の調査からとくに年齢の低いマイノリティMSMに対するHIV検査や予防プログラムの推進の重要性が示唆された。

References

  • Hall HI, Song R, Rhodes P, et al. Estimation of HIV incidence in the United States. JAMA 2008;300:520-9.
  • MacKellar DA, Gallagher K, Finlayson T, Sanchez T, Lansky A, Sullivan P. Surveillance of HIV risk and prevention behaviors of men who have sex with men-a national application of venue-based, time-space sampling. Public Health Rep 2007;122:39-47.
  • Allen D, Finlayson T, Abdul-Quader A, Lansky A. The role of formative research in the National HIV Behavioral Surveillance System. Public Health Rep 2009;124:26-33.
  • CDC. HIV prevalence, unrecognized infection, and HIV testing among men who have sex with men-five U.S. cities, June 2004-April 2005. MMWR 2005;54:597-601.
  • Campsmith M, Rhodes P, Hall I, Green T. Undiagnosed HIV prevalence among adult and adolescents in the United States at the end of 2006. J Acquir Immune Defic Syndr 2010;53:619-24.
  • CDC. Cases of HIV infection and AIDS in the United States and dependent areas, 2007. HIV/AIDS Surveillance Report 2009;19.
  • CDC. Revised recommendations for HIV testing of adults, adolescents, and pregnant women in health-care settings. MMWR 2006;55(No. RR-14).
  • Fujie X, Sternberg M, Markowitz L. Men who have sex with men in the United States: demographic and behavioral characteristics and prevalence of HIV and HSV-2 infection. Sex Transm Dis 2010;37:399-405.
  • Marks G, Crepaz N, Janssen RS. Estimating sexual transmission of HIV from persons aware and unaware that they are infected with the virus in the USA. AIDS 2006;20:1447-50.
  • Marks G, Crepaz N, Senterfitt JW, et al. Meta-analysis of high-risk sexual behavior in persons aware and unaware they are infected with HIV in the United States: implications for HIV prevention programs. J Acquir Immune Defic Syndr 2005;39:446-53.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ