一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)先天性心疾患に起因する新生児死亡における妊娠期間に・・・

MMWR抄訳

rss

2010/09/24Vol. 59 / No. 37

MMWR59(37):1208-1211
Racial Differences by Gestational Age in Neonatal Deaths Attributable to Congenital Heart Defects - United States, 2003-2006

先天性心疾患に起因する新生児死亡における妊娠期間による人種間の相違-アメリカ、2003~2006年

アメリカでは出生児の約1%が先天性心疾患と診断され、先天性奇形による新生児死亡の最も多い死因となっている。先天性心疾患による新生児死亡は約70%が生後28日未満に起こり、今までの研究では正期産児では白人の母親に比べ黒人の母親から出生した新生児に多く、早産児では白人の母親から出生した新生児に多く認められている。今回、CDCは母親の人種および妊娠期間による先天性心疾患に起因する新生児死亡率を評価するために、2003~2006年の出生および新生児死亡データの分析を行った。この期間、アメリカでは11,383,665名(白人:9,071,585、黒人:2,312,080)が出生し、新生児死亡は54,008名(白人:33,205、黒人:20,803)、うち2,256名(4.2%)が先天性心疾患により死亡していた[白人:1,777(5.4%)、黒人:479(2.3%)]。これは先天性奇形による死亡の24.5%を占め、死亡率は出生児10,000名あたり2.0であった。死因は左心低形成症候群が最も多いが[白人:480(27%)、黒人:126(26%)]、先天性心奇形(詳細不明)とされる症例が38%認められ、大血管転位症は白人:6%、黒人:2%と白人にて有意に多く、肺動脈閉鎖症は黒人:3%、白人:2%と黒人にて多く認められた。先天性心疾患による新生児死亡率は黒人にて出生児10,000名あたり2.1、白人にて2.0と有意な相違は認められなかったが、37週未満の早産児(黒人:18%、白人:11%)では出生児10,000名あたり黒人:4.5、白人:6.8と黒人にて有意に低く、正期産児では黒人:1.5、白人:1.3と黒人にて高かった。妊娠期間によるこれら先天性心疾患に起因する新生児死亡率の人種による相違の原因については不明であり、今後さらに詳細な検討が必要である。

References

  • Botto LD, Correa A, Erickson JD. Racial and temporal variations in the prevalence of heart defects. Pediatrics 2001;107:e32.
  • CDC. Trends in infant mortality attributable to birth defects-United States, 1980-1995. MMWR 1998;47:773-8.
  • Yang Q, Chen H, Correa A, Devine O, Mathews TJ, Honein MA. Racial differences in infant mortality attributable to birth defects in the United States, 1989-2002. Birth Defects Res A Clin Mol Teratol 2006;76:706-13.
  • Jenkins KJ, Correa A, Feinstein JA, et al. Noninherited risk factors and congenital cardiovascular defects: current knowledge. A scientific statement from the American Heart Association Council on Cardiovascular Disease in the Young, endorsed by the American Academy of Pediatrics. Circulation 2007;115:2995-3014.
  • Pierpont ME, Basson CT, Benson DW Jr, et al. Genetic basis for congenital heart defects: current knowledge. A scientific statement from the American Heart Association Congenital Cardiac Defects Committee, Council on Cardiovascular Disease in the Young, endorsed by the American Academy of Pediatrics. Circulation 2007;115:3015-38.
  • Alexander GR, Kogan M, Bader D, Carlo W, Allen M, Mor J. US birth weight/gestational age-specific neonatal mortality: 1995-1997 rates for whites, Hispanics, and blacks. Pediatrics 2003;111:e61-6.
  • CDC. Racial/ethnic disparities in neonatal mortality-United States, 1989-2001. MMWR 2004;53:655-8.
  • CDC. Racial/ethnic trends in fetal mortality-United States, 1990-2000. MMWR 2004;53:529-32.
  • Ehrenthal DB, Wingate MS, Kirby RS. Variation by state in outcomes classification for deliveries less than 500 g in the United States. Matern Child Health J 2010;January 29:epub ahead of print.
  • Canfield MA, Honein MA, Yuskiv N, et al. National estimates and race/ethnic-specific variation of selected birth defects in the United States, 1999-2001. Birth Defects Res A Clin Mol Teratol 2006;76:747-56.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ