一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)CDC Grand Rounds:放射線と核に対す・・・

MMWR抄訳

rss

2010/09/17Vol. 59 / No. 36

MMWR59(36):1178-1181
CDC Grand Rounds: Radiological and Nuclear Preparedness

CDC Grand Rounds:放射線と核に対する準備

放射線および核による災害の頻度は低いが、発生した場合には大規模で明らかな健康負担をもたらす。健康管理などで使用される放射線源の誤使用、チェルノブイリやスリーマイル島で起きたような原子力発電所での事故、放射線テロなどにより一般市民が放射線や核の曝露を受ける可能性があるため、その対策は保健衛生上重要である。この報告は最近発生した放射線・核による事故と実施された対応を紹介し、州や地域における現在の放射線・核事故発生時の対応能力、保健機関に要求される事故発生前の計画と事故発生後の対応、緊急対応時に必要な臨床検査に関する高度な専門的知識と検査能力、対応の全段階での強力なパートナーシップの必要性に関して述べる。全てのレベルの保健機関は放射線緊急事態における責務(放射線曝露の可能性のある人・場所の特定、放射線防護や医学的管理の指導、汚染のタイプやレベルの同定など)を理解し、緊急対応の優先順位を適切に決定しなければならない。また事故の全段階で対応にあたった人々の安全性と健康も保証しなければならない。臨床検体の迅速分析法としてCDCは22種類の放射性核種を検出できる尿の迅速バイオアッセイを開発しており、これは事故後の内部被曝者の同定や線量の推定などに有用である。国、州、地域の保健局は柔軟に対応して事故発生時の緊急対策(輸送、商業、農業、環境に関連した対応を含む)を確実に実施する必要がある。

References

  • US Department of Homeland Security. National response framework, January 2008. Washington, DC: US Department of Homeland Security, Federal Emergency Management Agency; 2008. Available at <ttp://www.fema.gov/pdf/emergency/nrf/nrf-core.pdf>. Accessed September 9, 2010.
  • CDC. Radiation emergencies. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://emergency.cdc.gov/radiation>. Accessed September 9, 2010.
  • National Institutes of Health, National Library of Medicine. Radiation Event Medical Management (REMM). Available at <http://remm.nlm.gov>. Accessed September 9, 2010.
  • CDC. Population monitoring in radiation emergencies: a guide for state and local public health planners. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://emergency.cdc.gov/radiation/pdf/population-monitoring- guide.pdf>. Accessed September 9, 2010.
  • CDC. Guidelines for handling decedents contaminated with radioactive materials. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://emergency.cdc.gov/radiation/pdf/radiation-decedent- guidelines.pdf>. Accessed September 9, 2010.
  • CDC. Attention emergency responders: guidance on emergency responder personal protective equipment (PPE) for response to CBRN terrorism incidents. Cincinnati, OH: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2008. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/docs/2008-132/pdfs/2008-132.pdf>. Accessed September 9, 2010.
  • Association of Public Health Laboratories. 2009 APHL All-Hazards Laboratory Preparedness Survey data. Silver Spring, MD: Association of Public Health Laboratories; 2010. Available at <http://www.aphl.org/aphlprograms/ep/ahr/documents /aphlallhazwhitepaperepr.pdf>. Accessed September 14, 2010.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ