一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)食品由来疾患のアウトブレイクに関するサーベイランス・・・

MMWR抄訳

rss

2010/08/13Vol. 59 / No. 31

August 13 2010 / Vol. 59 / No. 31
Surveillance for Foodborne Disease Outbreaks - United States, 2007

食品由来疾患のアウトブレイクに関するサーベイランス-アメリカ、2007年

アメリカにおいて毎年約7,600万人が食品由来疾患に罹患している。この報告は、CDCによる2007年に発生した食品由来疾患のアウトブレイクに関する調査をまとめたものである。2007年、アメリカ48州、プエルトリコおよびワシントンDCにて発生し、2010年3月までに報告されたアウトブレイクは 1,097件、アウトブレイクに関連する疾患数は21,244例であり、2002~2006年における平均年間報告数(1,193件)より8%、平均年間疾患数(25,079例)より15%少なかった。各州および地域での発生数は0~149件(10万人あたり0.03~1.90件、中央値:0.30件)であった。単一の病因物質によるアウトブレイクは698件(64%、確定:497件、未確定:201件)、疾患数は15,477例(78%)であり、確定されたアウトブレイクにおける病因物質は細菌:259件(52%)、6,441例(50%)、ウイルス:199件(40%)、6,120例(48%)、化学物質:34件(7%)、141例(1%)、寄生虫:5件(1%)、65例(1%)であった。また、病因別ではノロウイルスが最も多く(193件、 39%)、ついでSalmonella(136件、27%)であり、大腸菌O157は志賀毒素産生型大腸菌 (STEC)による40件のアウトブレイクのうち、39件を占めていた。複数の食品によるアウトブレイクは18件発生し (Salmonella:10件、大腸菌O157:6件、ボツリヌス:1件、ノロウイルス:1件)、原因となった食品はサルモネラの場合、冷凍肉入りパイ、野菜スナック、卵、ほうれん草/レタス、トマト、マグロ(生)、牛ひき肉、チーズ、アルファルファ、バジル (生)などであった。また、3件の大規模アウトブレイクのうち、2件はSalmonella[フムス(802疾患)、冷凍肉入りパイ(401疾患、死亡:3)]、1件はノロウイルス(526疾患)によるもであった。これらのアウトブレイクはほとんどが散発性であり、報告および調査システムにより食品の安全性に関する政策に重要な疫学的情報が提供される。

References

  • Mead PS, Slutsker L, Dietz V, et al. Food-related illness and death in the United States. Emerg Inf Dis 1999;5:607-25.
  • Painter JA, Ayers T, Woodruff R, et al. Recipes for foodborne outbreaks: a scheme for categorizing and grouping implicated foods. Foodborne Pathog Dis 2009;6:1259-64.
  • CDC. Norovirus activity-United States, 2006-2007. MMWR 2007;56:842-6.
  • CDC. Surveillance for foodborne disease outbreaks-United States, 2006. MMWR 2009;58:609-15.
  • Siebenga JJ, Vennema H, Zheng DP, et al. Norovirus illness is a global problem: emergence and spread of norovirus GII.4 variants, 2001-2007. J Infect Dis 2009;200:802-12.
  • Korsager B, Hede S, Boggild H, Bottiger BE, Molbak K. Two outbreaks of norovirus infections associated with the consumption of imported frozen raspberries, Denmark, May-June 2005. Euro Surveill 2005;10:E050623.1.
  • Dowell SF, Groves C, Kirkland KB, et al. A multistate outbreak of oyster-associated gastroenteritis: implications for interstate tracing of contaminated shellfish. J Infect Dis 1995;171:1497-503.
  • Malek M, Barzilay E, Kramer A, et al. Outbreak of norovirus infection among river rafters associated with packaged delicatessen meat, Grand Canyon, 2005. Clin Infect Dis 2009;48:31-7.
  • Food and Drug Administration. Real progress in food code adoptions. Silver Spring, MD: Food and Drug Administration; 2010. Available at <http://www.fda.gov/food/foodsafety/retailfoodprotection /federalstatecooperativeprograms/ucm108156.htm#adopt>. Accessed August 5, 2010.
  • CDC. FoodNet 2007 surveillance report. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2009. Available at <http://www.cdc.gov/foodnet/annual/2007/2007_annual_report_508.pdf>. Accessed May 5, 2010.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ