一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)バイタルサイン:成人における肥満の州別有病率-アメ・・・

MMWR抄訳

rss

2010/08/06Vol. 59 / No. 30

MMWR59(30):951-955
Vital Signs: State-Specific Obesity Prevalence Among Adults - United States, 2009

バイタルサイン:成人における肥満の州別有病率-アメリカ、2009年

肥満は、QOLの低下や多くの重度慢性疾患および早期死亡のリスクを上昇させる可能性がある。また最近の推定によると肥満に関連した年間医療費は約1470 億ドルであり、肥満者の平均医療費は正常体重者に比べて1,429ドル高い。U.S. Surgeon General(公衆衛生総監)は2001年に過体重および肥満の予防と減少のための強力な公衆衛生活動の実施を呼び掛けたが、2007年の時点で成人の肥満率を15%に低下させるというHealthy People 2010 の目標を達成した州はなかった。CDCは肥満の全国および州別有病率を調査するため、2009年のBehavioral Risk Factor Surveillance Systemのデータを分析した。自己申告された体重と身長に基づいてBMIを算出し、BMI=30を肥満とした。アメリカにおける肥満の有病率は全体で26.7%であり、2007年(25.6%)、2005年(23.9%)、2000年(19.8%)に比べて有意に高かった。その有病率は50~59歳 (31.1%)と60~69歳(30.9%)、非ラテンアメリカ系黒人(36.8%)とラテンアメリカ系(30.7%)、高校卒業未満(32.9%)、中西部(28.2%)と南部(28.4%)が高かった。州別有病率は18.6%(コロラド州)~34.4%(ミシシッピ州)であり、Healthy People 2010の目標(15%)を達成した州はなかった。有病率が20%未満の州は2州(コロラド州、ワシントンDC[19.7%])のみで(2007年:1 州、2005年:4州、2000年:28州)、30%以上の州は9州あった(2007年:3州、2005年:3州、2000年:0州)。以上の結果は、肥満の予防・減少に関するこれまでの努力が不十分であったことを示唆する。肥満は、各個人の栄養摂取、身体活動、それらの行動に影響を及ぼす環境や方針を変化させる可能性のある様々な場所(医療施設、職場、コミュニティーなど)や分野(産業界、政府など)における包括的アプローチを通して取り組むべきである。新たな国・州・コミュニティーレベルでの肥満、その行動的危険因子、それらの行動に影響を及ぼす環境や方針の継続的なサーベイランスは、肥満予防の進行状況の監視と介入の標的化に重要である。

References

  • Flegal KM, Carroll MD, Ogden CL, Curtin LR. Prevalence and trends in obesity among US adults, 1999-2008. JAMA 2010;303:235-41.
  • National Heart, Lung, and Blood Institute. Clinical guidelines on the identification, evaluation, and treatment of overweight and obesity in adults: the evidence report. Bethesda, MD: US Department of Health and Human Services, National Institutes of Health, National Heart, Lung, and Blood Institute; 1998. Available at <http://www.nhlbi.nih.gov/guidelines/obesity/ob_gdlns.htm>. Accessed July 20, 2010.
  • US Department of Health and Human Services. The Surgeon General’s call to action to prevent and decrease overweight and obesity 2001. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, US Public Health Service, Office of the Surgeon General; 2001. Available at <http://www.surgeongeneral.gov/topics/obesity/calltoaction /CalltoAction.pdf>. Accessed July 20, 2010.
  • Thorpe KE, Florence CS, Howard DH, Joski P. The impact of obesity on rising medical spending. Health Aff 2004;W4:480-6.
  • Finkelstein EA, Trogden JG, Cohen JW, Dietz W. Annual medical spending attributable to obesity: payer- and service-specific estimates. Health Aff 2009;28:w822-831.
  • CDC. State-specific prevalence of obesity among adults-United States, 2007. MMWR 2008;57:765-8.
  • CDC. State-specific prevalence of obesity among adults-United States, 2005. MMWR 2006;55:985-8.
  • Merrill RM, Richardson JS. Validity of self-reported height, weight, and body mass index: findings from the National Health and Nutrition Examination Survey, 2001-2006. Prev Chronic Dis 2009;6:A121.
  • Larson NI, Story MT, Nelson MC. Neighborhood environments: disparities in access to healthy foods in the U.S. Am J Prev Med 2009;36:74-81.
  • CDC. Recommended community strategies and measurements to prevent obesity in the United States. MMWR 2009;58(No. RR-7).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ