一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)地震後の国内避難民疾病サーベイランスシステムの速や・・・

MMWR抄訳

rss

2010/08/06Vol. 59 / No. 30

MMWR59(30):939-945
Rapid Establishment of an Internally Displaced Persons Disease Surveillance System After an Earthquake - Haiti, 2010

地震後の国内避難民疾病サーベイランスシステムの速やかな確立-ハイチ、2010年

ハイチでは2010年1月12日に発生したマグニチュード7.0の地震によりインフラが混乱し約200万人が強制退去となったため、過密状態と不良な住環境から伝染性疾患のリスクが上昇した。何百というNGOが国内避難民(IDP)キャンプに健康管理クリニックを設立したが、それらNGO間に共通した疾病サーベイランスシステムは存在しなかった。NGOキャンプクリニックで同定されたアウトブレイクの可能性のある疾病を監視するため、2月18日に Haiti Ministry of Public Health and Population(MSPP)、Pan-American Health Organization(PAHO)、CDCはIDPサーベイランスシステム(IDPSS)を開始した。この報告は、地震後のIDPSSの計画、設立、サーベイランスの結果、現状などについて述べる。IDPSS実施における重要問題は、NGOパートナー間でのコミュニケーションの難しさとキャンプ民における信頼性の高い基準が存在しないことによるIDPSSデータの利用限界であった。ハイチにおける人道支援を調和させるためInter-Agency Standing Committee(IASC)のクラスターアプローチを利用し、11のクラスター(保健、キャンプの調整と運営、水/下水/衛生、農業、輸送、早期復旧、栄養、教育、保護、緊急シェルター、緊急通信)が地域レベルでそれぞれの活動を行った。2月18日~4月24日に91のNGOキャンプクリニックから最低1回IDPSSへの報告があった。この期間中96,472例がNGOキャンプクリニックを受診し、うち23,183例(24%)がIDPSSの対象となっている19種類の特定の疾病患者であった。全クリニック受診者のうち最も報告頻度が高かった診断は急性気道感染症(8,878例[9%])、マラリア疑い(4,899例[5%])、水様下痢(4,549例[5%])であった。この期間中、重大なアウトブレイクは確認されなかった。IDPSSの経験より、地域のコミュニケーションと協調戦略の改善の必要性が強調された。将来の人道支援を改善するためには、容易に適応できる標準的サーベイランスツールの開発と配布、疾病発症率の分析を可能にする信頼性の高い国勢調査を早期に実施するための学際的戦略の開発、地域で利用可能なインターネットおよびセルラーネットワークを用いたコミュニケーション戦略の開発が必要である。

References

  • Inter-Agency Standing Committee. Guidance note on using the cluster approach to strengthen humanitarian response. Geneva, Switzerland: Inter-Agency Standing Committee; 2006. Available at <http://www.humanitarianreform.org/humanitarianreform/portals/1 /resources%20&%20tools/iascguidancenoteclusterapproach.pdf>. Accessed July 29, 2010.
  • United Nations Development Programme. Human development report 2009. Overcoming barriers: human mobility and development. Table I-1: human and income poverty. New York, NY: United Nations Development Programme; 2009: 178. Available at <http://hdr.undp.org/en/media/HDR_2009_EN_Complete.pdf>. Accessed June 29, 2010.
  • World Health Organization. Public health risk assessment and interventions. Earthquake: Haiti. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2010. Available at <http://www.who.int/diseasecontrol_emergencies/publications /haiti_earthquake_20100118.pdf>. Accessed June 29, 2010.
  • World Health Organization. Communicable disease control in emergencies: a field manual. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2005. Available at <http://www.who.int/infectious-disease-news/iddocs/whocds200527 /isbn_9241546166.pdf>. Accessed July 29, 2010.
  • Watson J, Gayer M, Connolly M. Epidemics after natural disasters. Emerg Infect Dis 2007;13:1-5.
  • Guha-Sapir D, van Panhuis W. Health impact of the 2004 Andaman Nicobar earthquake and tsunami in Indonesia. Prehosp Disaster Med 2009;24:493-9.
  • Bellos A, Mulholland K, O’Brien K, Qazi S, Gayer M, Checchi F. The burden of acute respiratory infections in crisis-affected populations: a systematic review. Confl Health 2010;4:3.
  • Inter-Agency Standing Committee. Cluster approach evaluation phase 2. Synthesis report. Geneva, Switzerland: Inter-Agency Standing Committee; 2010. Available at <http://www.humanitarianinfo.org/iasc/pageloader.aspx?page=content- products-common&tempid=99>. Accessed June 29, 2010.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ