一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)13州における全てのタバコの使用-Behavior・・・

MMWR抄訳

rss

2010/08/06Vol. 59 / No. 30

MMWR59(30):946-950
Any Tobacco Use in 13 States - Behavioral Risk Factor Surveillance System, 2008

13州における全てのタバコの使用-Behavioral Risk Factor Surveillance System、2008年

アメリカにおいて喫煙は予防可能な死亡の主因であり、アメリカで最も一般的なタバコである紙巻きタバコの使用により年間約443,000人が死亡する。 2008年のアメリカ成人の現在喫煙率は20.6%であるが、他のタバコ製品(無煙タバコ、葉巻、bidi[未加工タバコの葉を葉で巻いたタバコ]、 kretek[丁子入りタバコ])の使用者もおり、他のタバコ製品を併用している喫煙者(複数タバコ使用者)は健康被害のリスクが高まる可能性がある。全てのタバコおよび複数タバコの現在使用率を調査するため、CDCは13州における2008年Behavioral Risk factor Surveillance System(BRFSS)のデータ(最新データ)を分析した(デラウェア、フロリダ、インディアナ、カンサス、ルイジアナ、ネブラスカ、ニュージャージー、ノースカロライナ、テネシー、テキサス、ウェストバージニア、ウィスコンシン、ワイオミング)。全てのタバコ製品の使用率は24.8%(州別:18.4%~35.0%)、紙巻きタバコ使用率は19.4%(14.6%~26.6%)、複数タバコ使用率は2.5%(1.0%~3.7%)であった。州別使用率は全てニュージャージー州が最低、ウェストバージニア州が最高であった。全てのタバコ製品の使用率は男性(31.5%)が女性 (18.3%)に比べて、非ラテンアメリカ系白人(26.2%)と非ラテンアメリカ系黒人(24.4%)がラテンアメリカ系(19.7%)に比べて有意に高かった。またその使用率は未婚カップル(36.3%)・独身者(30.3%)・離婚/死別者(29.1%)、高校教育未満(33.1%)で高く、年間所得の増加に伴い低下した(15,000ドル未満:32.5%、75,000ドル以上:19.2%)。複数タバコ使用率は男性(4.4%)、18~24歳 (5.7%)、独身者(4.8%)、高校卒業未満(3.6%)・高校卒業/General Education Development(GED)(3.6%)、世帯所得35,000ドル未満(9.8%)がより高かった。安全に使用できるタバコ製品はないため、アメリカにおけるタバコ関連罹病率と死亡率を低下させるための喫煙予防および中止介入プログラムは全てのタバコ製品を対象とする必要がある。また医師は無煙タバコやその他のタバコ製品の使用者を同定し、禁煙を勧めるべきである。

References

  • CDC. Smoking-attributable mortality, years of potential life lost, and productivity losses-United States, 2000-2004. MMWR 2008;57:1226-8.
  • CDC. Cigarette smoking among adults and trends in cessation-United States, 2008. MMWR 2009;58:1227-32.
  • Backinger CL, Fagan P, O’Connell ME, et al. Use of other tobacco products among U.S. adult cigarette smokers: prevalence, trends and correlates. Addict Behav 2008;33:472-89.
  • Substance Abuse and Mental Health Services Administration. Results from the 2008 national survey on drug use and health: national findings. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Substance Abuse and Mental Health Services Administration; 2009. Available at  http://www.oas.samhsa.gov/nsduh/2k8nsduh/2k8Results.pdf. Accessed July 29, 2010.
  • Bombard JM, Rock VJ, Pederson LL, Asman KJ. Monitoring polytobacco use among adolescents: do cigarette smokers use other forms of tobacco? Nictotine Tob Res 2008;10:1581-9.
  • US Department of Health and Human Services. Tobacco use in population groups: reduce tobacco use in adults. Cigarette smoking (27-1a). In: Healthy people 2010 (conference ed, in 2 vols). Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2000. Available at <http://www.healthypeople.gov/document/html/volume2 /27tobacco.htm#_toc489766222>. Accessed July 29, 2010.
  • Fiore MC, Jean CR, Baker TB, et al. Treating tobacco use and dependence: 2008 update. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Public Health Service; 2008. Available at <http://www.surgeongeneral.gov/tobacco/treating_tobacco_use08.pdf>. Accessed July 29, 2010.
  • Blumberg SJ, Luke JV. Wireless substitution: early release of estimates on data from the National Health Interview Survey, July-December 2006. Hyattsville,MD: US Department of Health and Human Services, National Center for Health Statistics, CDC; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/nhis/earlyrelease/wireless200705.pdf>. Accessed July 29, 2010.
  • Nelson DE, Holtzman D, Bolen J, Stanwyck CA, Mack KA. Reliability and validity of measures from the Behavioral Risk Factor Surveillance System (BRFSS).Soz Praventivmed 2001;46:S3-42.
  • Federal Trade Commission. Smokeless tobacco report for the year 2006. Washington, DC: Federal Trade Commission; 2009. Available at <http://www.ftc.gov/os/2009/08/090812smokelesstobaccoreport.pdf>. Accessed July 29, 2010.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ