一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)労働により負傷した労働者の割合と労働者の賠償システ・・・

MMWR抄訳

rss

2010/07/30Vol. 59 / No. 29

MMWR59(29):897-900
Proportion of Workers Who Were Work-Injured and Payment by Workers’ Compensation Systems - 10 States, 2007

労働により負傷した労働者の割合と労働者の賠償システムによる支払い

アメリカでは2007年の労働による非致死性の負傷や病気の報告は約400万に及ぶが、人口ベースの州レベルでの負傷率を推定するシステムは確立していない。今回、CDCは国内10州(カリフォルニア、コネチカット、ケンタッキー、マサチューセッツ、ミシガン、ニュージャージー、ニューヨーク、オレゴン、テキサスおよびワシントン州)の2007 Behavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)の調査に項目を追加し、過去12ヶ月において労働中に負傷した労働者およびその治療に対する補償保険プログラムの割合を推定した。回答率はニュージャージー州:26.9%~ケンタッキー州:60.1%(中央値:39.0%)であり、過去12ヶ月にて労働により負傷したとの回答は労働者100名あたり4.0(ケンタッキー州)~6.9(ニューヨーク州)(中央値:5.9)であり、医療費を補償保険プログラムにより支払った労働者はテキサス州:47%~ケンタッキー州:77%(中央値:61%)であった。今回の結果から、職業による負傷に関する調査は、人口ベースの調査への補足により実施可能であると考えられ、今後、サーベイランスの強化の必要性が示唆される。

References

  • US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics. Workplace injuries and illnesses-2008. Washington, DC: US Department of Labor; 2009. Available at <http://www.bls.gov/iif/oshwc/osh/os/osnr0032.txt>. Accessed July 20, 2010.
  • Leigh JP, Marcin JP, Miller TR. An estimate of the U.S. government’s undercount of nonfatal occupational injuries. J Occ Env Med 2004;46:10-8.
  • Azaroff LS, Levenstein C, Wegman DH. Occupational injury and illness surveillance: conceptual filters explain underreporting. Am J Public Health 2002;92:1421-9.
  • CDC. Behavioral Risk Factor Surveillance System 2007 summary data quality report. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2008. Available at <http://www.cdc.gov/brfss/technical_infodata/quality.htm>. Accessed July 20, 2010.
  • Sengupta I, Reno V, Burton JF Jr. Workers’ compensation: benefits, coverage, and costs, 2007. Washington, DC: National Academy of Social Insurance; 2009. Available at <http://www.nasi.org/sites/default/files/research /Workers_Comp_Report_2007.pdf>. Accessed July 20, 2010.
  • Council of State and Territorial Epidemiologists. Putting data to work: occupational health indicators from thirteen pilot states for 2000. Atlanta, GA: Council of State and Territorial Epidemiologists; 2005. Available at <http://www.cste.org/pdffiles/newpdffiles/cste_ohi.pdf>. Accessed July 20, 2010.
  • Institute of Medicine and National Research Council. Traumatic Injury Research at NIOSH. Reviews of research programs of the National Institute for Occupational Safety and Health. Washington, DC: The National Academies Press; 2008.
  • US Census Bureau. Current Population Survey design and methodology. Technical paper 66. Washington, DC: US Census Bureau; 2006. Available at <http://www.census.gov/prod/2006pubs/tp-66.pdf>. Accessed July 20, 2010.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ