一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)2009年パンデミックインフルエンザA(H1N1)・・・

MMWR抄訳

rss

2010/06/11Vol. 59 / No. 22

MMWR59(22):682-686
Deaths and Hospitalizations Related to 2009 Pandemic Influenza A (H1N1) - Greece, May 2009-February 2010

2009年パンデミックインフルエンザA(H1N1)に関連した死亡と入院-ギリシャ、2009年5月~2010年2月

ギリシャでは2009年5月18日に初めて2009年パンデミックインフルエンザA(H1N1)検査確定例が報告され、その後7月~8月に2009H1N1流行の第1波(中等度)が、10月以降にはより強力な第2 波が発生し、11月23~29日にピークとなった。ギリシャにおける2009H1N1のサーベイランスを実施するため、Hellenic Centre for Diseases Control and Prevention(HCDCP)はMinistry of Health and Social SolidarityのNational Health Operations Centre(NaHOC)と協力して検査確定2009H1N1症例数、インフルエンザ様疾患(ILI)症例の救急診療部(ED)受診・入院、確定 2009H1N1症例のICU入院・院内死亡に関するデータを収集し分析した。ギリシャでは2009年5月18日~2010年2月28日に ILI88,244例がEDを受診し、10,040例が入院した。またこの期間中、検査確定2009H1N1症例が18,075例報告され、294例が ICUに入院し、140例が死亡した。ICU入院例のうち201例(68.4%)は基礎疾患(慢性呼吸器系、心血管系、腎、肝疾患など)を有し、13例は妊娠していた。また死亡例のうち115例(82.1%)も肥満や糖尿病、心血管系疾患などの基礎疾患を有していた。死亡した140例中89例 (63.5%)は60歳未満であり、8例(5.7%)は19歳未満であった。ギリシャにおける2009H1N1ワクチン接種率は低かった(2010年2月 28日の時点で3.2%)。2009H1N1およびその他の循環インフルエンザウイルスに立ち向かうためには、この冬の間に持続的なサーベイランスと効果的なワクチン接種プログラムを実施する必要がある。

References

  • Tsiodras S, Sypsa V, Hatzakis A. The vaccination campaign against 2009 pandemic influenza A (H1N1) and its continued importance in view of the uncertainty surrounding the risk associated with the pandemic [Letter]. Euro Surveill 2010;15:pii = 19468.
  • CDC. Swine influenza A (H1N1) infection in two children-southern California, March-April 2009. MMWR 2009;58:400-2.
  • CDC. Outbreak of swine-origin influenza A (H1N1) virus infection-Mexico, March-April 2009. MMWR 2009;58:467-70.
  • Official Journal of the European Union. Commission decision of 30 April 2009. Available at <http://eurlex.europa.eu/LexUriServ /LexUriServ.do?uri=OJ:L:2009:110:0058:0059:EN:PDF>. Accessed June 4, 2010.
  • Lytras T, Theocharopoulos G, Tsiodras S, Mentis A, Panagiotopoulos T, Bonovas S; influenza surveillance report group. Enhanced surveillance of influenza A (H1N1)v in Greece during the containment phase. Euro Surveill 2009;14:pii = 19275.
  • ANZIC Influenza Investigators. Critical care services and 2009 H1N1 influenza in Australia and New Zealand. N Engl J Med 2009;361:1925-34.
  • Baker MG, Kelly H, Wilson N. Pandemic H1N1 influenza lessons from the southern hemisphere. Euro Surveill 2009;14:pii = 19370.
  • CDC. FluView. 2009-2010 influenza season week 14 ending April 10, 2010. Available at <http://www.cdc.gov/flu/weekly/weeklyarchives2009-2010/weekly14.htm>. Accessed June 4, 2010.
  • CDC. Interim results: state-specific influenza A (H1N1) 2009 monovalent vaccination coverage-United States, October 2009-January 2010. MMWR 2010;59:363-8.
  • Sypsa V, Livanios T, Psichogiou M, et al. Public perceptions in relation to intention to receive pandemic influenza vaccination in a random population sample: evidence from a cross-sectional telephone survey. Euro Surveill 2009;14:pii = 19437.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ