一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)ロタウイルスワクチン接種の禁忌として重症複合型免疫・・・

MMWR抄訳

rss

2010/06/11Vol. 59 / No. 22

MMWR59(22):687-689
Addition of Severe Combined Immunodeficiency as a Contraindication for Administration of Rotavirus Vaccine

ロタウイルスワクチン接種の禁忌として重症複合型免疫不全症の追加

重症複合型免疫不全症(SCID)乳児におけるロタウイルスワクチン接種後のワクチン由来ロタウイルス感染症が報告されていることから、Merck & Co.とGlaxoSimthKline BiologicalsはFDAに承認されているそれぞれのロタウイルスワクチン製剤、5価ロタウイルスワクチン(RV5)と1価ロタウイルスワクチン (RV1)の処方情報と患者用ラベルを改訂した(RV5:2009年12月、RV1:2010年2月)。RV5の処方情報改訂後、CDCは Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)の以前のRotavirus Vaccine Work Groupと協議し、ロタウイルスワクチンの禁忌リストを更新してSCDIと診断された乳児へのロタウイルスワクチン(RV5、RV1)接種を禁忌とした。SCIDはT・Bリンパ球の機能不全をもたらす様々な遺伝子欠損を原因とするまれな致死性疾患であり、アメリカにおける年間発症率は出生児4万~10 万人あたり1例と推定されている。SCIDの診断時年齢中央値は生後4~7ヶ月であり、ACIPが推奨するロタウイルスワクチン接種年齢(RV5:生後 2、4、6ヶ月、RV1:生後2、4ヶ月)と重なる。アメリカでは2006年のロタウイルスワクチン導入後、RV5を接種したSCID乳児5例でワクチン由来ロタウイルス感染症が報告されており、アメリカ以外でもSCID乳児3例(RV5:2例、RV1:1例)でワクチン由来感染症が報告されている。これら8例のSCID診断時年齢は生後3~9ヶ月であり、診断前にロタウイルスワクチンを1~3回接種していた。またこのうち6例ではワクチンウイルスの出芽が11ヶ月間持続していた。2010年1月21日にFederal Advisory Committee on Heritable Disorders in Newborns and Childrenは全ての新生児に対して推奨統一スクリーニングパネルのコアパネルにSCIDのスクリーニング検査を含めることを推奨し、5月21日には U.S. Department of Health and Human Servicesが統一スクリーニングパネルへのSCID追加を承認している。既知の免疫能異常あるいはその疑いのある乳児へのロタウイルスワクチン接種については、接種前に免疫学者や感染性疾患専門家に相談することが勧められる。

References

  • Food and Drug Administration. Product approval-prescribing information [package insert]. RotaTeq [rotavirus vaccine, live, oral pentavalent], Merck & Co, Inc: Food and Drug Administration; 2009. Available at <http://www.fda.gov/biologicsbloodvaccines/vaccines/approvedproducts /ucm094063.htm>. Accessed June 4, 2010.
  • Food and Drug Administration. Product approval-prescribing information [package insert]. Rotarix [rotavirus vaccine, live, oral], GlaxoSmithKline Biologicals: Food and Drug Administration; 2010. Available at <http://www.fda.gov/biologicsbloodvaccines/vaccines/approvedproducts /ucm133920.htm>. Accessed June 4, 2010.
  • Puck JM. Population-based newborn screening for severe combined immunodeficiency: steps toward implementation. J Allergy Clin Immunol 2007;120:760-8.
  • Saulsbury FT, Winkelstein JA, Yolken RH. Chronic rotavirus infection in immunodeficiency. J Pediatr 1980;97:61-5.
  • Buckley RH, Schiff SE, Schiff RI, et al. Hematopoietic stem-cell transplantation for the treatment of severe combined immunodeficiency. N Engl J Med 1999;340:508-16.
  • Patel NC, Hertel PM, Estes MK, et al. Vaccine-acquired rotavirus in infants with severe combined immunodeficiency. N Engl J Med 2010;362:314-9.
  • Uygungil B, Bleesing JJ, Risma KA, McNeal MM, Rothenberg ME. Persistent rotavirus vaccine shedding in a new case of severe combined immunodeficiency: a reason to screen. J Allergy Clin Immunol 2010;125:270-1.
  • Werther RL, Crawford NW, Boniface K, Kirkwood CD, Smart JM. Rotavirus vaccine induced diarrhea in a child with severe combined immune deficiency. J Allergy Clin Immunol 2009;124:600.
  • CDC. Cortese MM, Parashar UD. Prevention of rotavirus gastroenteritis among infants and children: recommendations of the Advisory Committee on I mmunization Practices (ACIP). MMWR 2009;58(No. RR-2).
  • American Academy of Pediatrics. Immunocompromised children. Pickering LK, Baker CJ, Kimberlin DW, Long SS, eds. Red book: 2009 report of the Committee on Infectious Diseases. 28th ed. Elk Grove Village, IL: American Academy of Pediatrics; 2009:24-5.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ