一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)New Year’s Eve Raveでのエクスタ・・・

MMWR抄訳

rss

2010/06/11Vol. 59 / No. 22

MMWR59(22):677-681
Ecstasy Overdoses at a New Year’s Eve Rave - Los Angeles, California, 2010

New Year’s Eve Raveでのエクスタシー過量服用-カリフォルニア州ロサンゼルス、2010年

エクスタシー(3,4-メチレンジオキシメタンフェタミン [MDMA])は、刺激薬や幻覚薬として使用される違法な合成アンフェタミンである。2010年1月4日、Los Angeles County(LAC) Department of Public Health(DPH)はMDMAに関連した救急診療部(ED)受診者6例と死亡者1例を確認した。これら全例がNew Year’s Eve Rave(電子音楽を流したオールナイトでのダンスパーティー)の参加者であったことから、LAC DPHはさらなるMDMA関連ED受診者を確認し、患者の特徴や薬物汚染との関連を検討するため調査を実施した。この報告は、その調査結果をまとめたものである。このパーティーは2009年12月31日の午後6時から2010年1月1日の午前4時まで開催され、約45,000名が参加していた。このうち 18例(16~34歳、男性:9例、女性:9例)がパーティー終了から12時間以内にMDMA関連疾患でEDを受診した。症状は、MDMA使用時の典型症状(激越、高血圧、瞳孔拡大、頻拍など)と一致した。このうち10例はMDMA使用に加えてアルコール、5例は他の薬物(マリファナ、処方薬)を使用しており、3例は入院した(1例はICUに入院)。使用量を報告した8例中7例は少なくとも2錠服用していた(1~6錠)。患者から押収した錠剤はMDMAとカフェインを含み、既知の毒性成分は含まれていなかった。LACでは2005年から2009年かけてMDMA含有法医学的検体の同定数とMDMAのための薬物治療プログラムに登録された住民数が増加しており、MDMA使用者の増加に伴いエクスタシー過量服用集団が発生したと思われた。公衆衛生局、警察、消防署、救急医療サービス(EMS)が協力して包括的予防戦略を実施することにより、このようなイベントでの過量服用者数が減少する可能性がある。

References

  • Henry JA, Jeffreys KJ, Dawling S. Toxicity and deaths from 3,4 methylenedioxymethamphetamine (“ecstasy”). Lancet 1992;340:384-7.
  • Rogers G. The harmful health effects of recreational ecstasy: a systematic review of observational evidence. Health Technol Assess 2009;13:iii-iv, ix-xii, 1-315.
  • Gross SR, Barrett SP, Shestowsky JS, Pihl RO. Ecstasy and drug consumption patterns: a Canadian rave population study. Can J Psychiatry 2002;47:546-51.
  • Kalant H. The pharmacology and toxicology of “ecstasy” (MDMA) and related drugs. CMAJ. 2001;165:917-28.
  • Bahora M, Sterk CE, Elifson KW. Understanding recreational ecstasy use in the United States: a qualitative inquiry. Int J Drug Policy 2009;20:62-9.
  • Degenhardt L, Copeland J, Dillon P. Recent trends in the use of “club drugs”: an Australian review. Subst Use Misuse 2005;40:1241-56.
  • National Drug Intelligence Center. Raves. Johnstown, PA: US Department of Justice, National Drug Intelligence Center; 2001. Available at <http://www.justice.gov/ndic/pubs/656/656p.pdf>. Accessed April 15, 2010.
  • Drug Abuse Warning Network. Detailed tables: national estimates, drug-related emergency department visits for 2004-2008. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Office of Applied Studies, Substance Abuse and Mental Health Services Administration; 2009. Available at <http://dawninfo.samhsa.gov/data>. Accessed June 3, 2010.
  • Partnership for a Drug-Free America, Metlife Foundation. 2009 parents and teens attitude tracking study report. New York, NY: Partnership for a Drug-Free America and Metlife Foundation; 2010. Available at<http://www.drugfree.org/files/pats_full_report_2009_pdf>. Accessed April 15, 2010.
  • CDC. CDC’s issue brief: unintentional drug poisoning in the United States. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at< http://www.cdc.gov/homeandrecreationalsafety/poisoning/brief.htm>. Accessed April 14, 2010.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ