一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)予備結果:インフルエンザA(H1N1)2009一価・・・

MMWR抄訳

rss

2010/06/04Vol. 59 / No. 21

MMWR59(21):657-661
Preliminary Results: Surveillance for Guillain-Barré Syndrome After Receipt of Influenza A (H1N1) 2009 Monovalent Vaccine - United States, 2009-2010

予備結果:インフルエンザA(H1N1)2009一価ワクチン接種後のギランバレー症候群に関するサーベイランス-アメリカ、2009~2010年

ギランバレー症候群(GBS)は珍しい末梢神経障害であり、重症の場合は呼吸不全から死に至る。主に胃腸疾患や上気道疾患に引き続き発症するが、稀にワクチン接種後に発症することがある。1976年には豚インフルエンザA(H1N1)ワクチン接種から42日後にGBSリスクが有意に高くなり、発症率が100 万人あたり約10例を超えたことから、2009年のインフルエンザA(H1N1)一価ワクチンの安全性に関し、CDCによるEmerging Infections Program(EIP)などのサーベイランスシステムによるモニタリングが行われた。EIPによるサーベイランスは2009年10月より開始、2010 年5月10日までにGBSの可能性がある症例が529例報告され、うち326例が症例基準を満たしていた。このうち発症前の42日間に2009 H1N1ワクチン接種を受けていた症例は27例、受けていない症例は274例、不明または確認中の症例が25例であり、GBS発症前に前駆症状があったと報告した症例は、ワクチン接種例にて16/27例(59%)、非接種例にて215/274例(78%)であった。接種例にて人工呼吸器を要した症例は4 例、1例は発症から30日経過した時点でまだ入院しており、非接種例では37例(14%)が人工呼吸器を要し、34例(12%)が入院している。死亡例は 8例、全例ワクチン非接種例であった。入院例におけるH1N1ワクチン接種による年齢補正GBS発症率は1.92/100,000例-年、非接種例では 1.21/100,000例-年であり、発症比率は1.77であった。しかし、end-of-surveillance分析ではワクチン接種によるGBS 発症率は100万人あたり0.8と季節性インフルエンザワクチンと同等であり、1976年に認められた発症率よりも非常に低く、GBSリスクよりもワクチン接種の利点が勝ると判断された。

References

  • Schonberger LB, Bregman DJ, Sullivan-Bolyai JZ, et al. Guillain-Barré syndrome following vaccination in the National Influenza Immunization Program, United States, 1976-1977. Am J Epidemiol 1979;110:105-23.
  • Lasky T, Terracciano GJ, Magder L, et al. The Guillain-Barré syndrome and the 1992-1993 and 1993-1994 influenza vaccines. N Engl J Med 1998;339:1797-802.
  • Juurlink DN, Stukel TA, Kwong J, et al. Guillain-Barré syndrome after influenza vaccination in adults: a population-based study. Arch Intern Med 2006;166:2217-21.
  • CDC. Interim results: state-specific influenza A (H1N1) 2009 monovalent vaccination coverage-United States, October 2009-January 2010. MMWR 2010;59:363-8.
  • Efron B, Tibshirani RJ. An introduction to the bootstrap. New York: Chapman & Hall/CRC; 1993.
  • Kulldorff M. A spatial scan statistic. Communications in Statistics: Theory and Methods 1997;26:1481-96.
  • McGrogan A, Madle GC, Seaman HE, de Vriers CS. The epidemiology of Guillain-Barré syndrome worldwide. Neuroepidemiology 2009;32:150-63.
  • CDC. Safety of influenza A (H1N1) 2009 monovalent vaccines-United States, October 1-November 24, 2009. MMWR 2009;58:1351-6.
  • CDC. Interim results: state-specific seasonal influenza vaccination coverage-United States, August 2009-January 2010. MMWR 2010;59:477-84.
  • Whitaker HJ, Farrington CP, Spiessens B, Musonda P. Tutorial in biostatistics: the self-controlled case series method. Stat Med 2006;25:1768-97.
  • Stowe J, Andrews N, Wise L, Miller E. Investigation of the temporal association of Guillain-Barré syndrome with influenza vaccine and influenza-like illness using the United Kingdom General Practice Research Database. Am J Epidemiology 2008;169:382-8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ