一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)FDAによる男性用の4価ヒトパピローマウイルスワク・・・

MMWR抄訳

rss

2010/05/28Vol. 59 / No. 20

MMWR59(20):630-632
FDA Licensure of Quadrivalent Human Papillomavirus Vaccine (HPV4, Gardasil) for Use in Males and Guidance from the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP)

FDAによる男性用の4価ヒトパピローマウイルスワクチン(HPV4、Gardasil)の認可と米国予防接種諮問委員会(ACIP)によるガイダンス

2009 年10月16日、FDAはヒトパピローマウイルス(HPV)6、11による尖圭コンジローマ(性器疣贅)の予防用として9~26歳の男性に対する4価 HPVワクチン(HPV4、Gardasil)を認可した。HPV4は、すでにHPV6、11、16、18関連転帰(膣・外陰部・子宮頸部の前癌病変・癌、尖圭コンジローマ)の予防用として9~26歳の女性に対する使用が認可されている。2009年10月21日、ACIPは尖圭コンジローマ予防のための 9~26歳の男性に対するHPV4接種に関するガイダンスを示した(ACIPは男性におけるHPV4の定期接種を推奨していない)。この報告はACIPの方針を紹介し、その背景となるデータ(男性におけるHPV4ワクチンの有効性・免疫原性・安全性、男性におけるHPVの疫学とHPV関連疾患・癌の負担、男性へのワクチン接種の費用対効果など)の概要を述べる。第3相試験におけるHPV4のHPV6、11、16、18関連尖圭コンジローマに対するワクチン効果は、3回接種例で89.4%( per protocol分析)、1回接種例で67.2%( intent to treat分析)となっている。有害事象は、女性と同様に注射部位反応、頭痛、発熱の発現率が最も高い。HPV関連転帰による健康への負担は女性が男性より大きいため、多くの数学モデルは11、12歳の女性における接種率改善が男性へのワクチン接種よりも有効で費用対効果に優れた戦略である可能性を示唆する。HPV4は、尖圭コンジローマ予防のため9~26歳の男性に対して3回接種(初回接種から1~2ヶ月後に2回目、6ヶ月後に3回目)してよい。

References

  • CDC. Quadrivalent human papillomavirus vaccine: recommendations of the Advisory Committee for Immunization Practices (ACIP). MMWR 2007;56(No. RR-2).
  • Hu D, Goldie S. The economic burden of noncervical human papillomavirus disease in the United States. Am J Obstet Gynecol 2008;198:500-7.
  • Hoy T, Singhal PK, Willey VJ, Insinga RP. Assessing incidence and economic burden of genital warts with data from a US commercially insured population. Curr Med Res Opin 2009;25:2343-51.
  • Woodhall SC, Jit M, Cai C, et al. Cost of treatment and QALYs lost due to genital warts: data for the economic evaluation of HPV vaccines in the United Kingdom. Sex Transm Dis 2009;36:515-21.
  • Food and Drug Administration. Product approval-prescribing information [package insert]. Gardasil [human papillomavirus quadrivalent (types 6, 11, 16, and 18) vaccine, recombinant], Merck & Co, Inc: Food and Drug Administration 2009. Available at <http://www.fda.gov/biologicsbloodvaccines/vaccines/approvedproducts /ucm094042.htm>. Accessed May 25, 2010.
  • Slade BA, Leidel L, Vellozzi C, et al. Postlicensure safety surveillance for quadrivalent human papillomavirus recombinant vaccine. JAMA 2009;302:750-7.
  • Brisson M, Van de Velde N, Boily MC. Economic evaluation of human papillomavirus vaccination in developed countries. Public Health Genomics 2009;12:343-51.
  • Joseph DA, Miller JW, Wu X, et al. Understanding the burden of human papillomavirus-associated anal cancers in the U.S. Cancer 2008;113(10 Suppl):2892-900.
  • Jin F, Prestage GP, Kippax SC, et al. Risk factors for genital and anal warts in a prospective cohort of HIV-negative homosexual men: the HIM study. Sex Transm Dis 2007; 34:488-93.
  • Palefsky J, Male Quadrivalent HPV Vaccine Efficacy Trial Team. Quadrivalent HPV vaccine efficacy against anal intraepithelial neoplasia in men having sex with men [Abstract]. Eurogin 9th International Multidisciplinary Congress, Monte Carlo, Monaco. February 17-20, 2010.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ