一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)救急医療サービス記録を用いた公衆衛生サーベイランス・・・

MMWR抄訳

rss

2010/06/04Vol. 59 / No. 21

MMWR59(21):649-653
Public Health Surveillance Using Emergency Medical Service Logs - U.S.-Mexico Land Border, El Paso, Texas, 2009

救急医療サービス記録を用いた公衆衛生サーベイランス-アメリカ-メキシコ国境、エルパソ、テキサス州、2009年

2008 年におけるアメリカへの旅行者は約35,800万人であり、うち20,600万人はアメリカ-メキシコ国境からの陸路経由入国(POEs)であった。これらの旅行者における感染性疾患はタイムリーに検出し、州および連邦保健局へ速やかに報告することが重要である。現在はU.S. Customs and Border Protection (CBP)の担当官がCDCの検疫所へ通達することになっているが、CBPの職員は他に業務もあり、公衆衛生の知識も少ないため、感染性疾患を疑わせる症状を示す症例については、Emergency Medical Service(EMS)モニタリングシステムを利用して行っている。メキシコとの国境であるテキサス州エルパソでは4ヶ所にてPOEsが可能である。 2009年におけるEMSへの連絡は50,799名分あり、うち国境ゲートからの連絡は898名(1.8%)であった。この898名のうち、455名 (50.7%)が警戒基準に合致し、うち86名(9.6%)は最終的な診断が必要とされた。この86名において、報告義務のある感染症は9例 (10.5%、パンデミックインフルエンザA(H1N1):5例、コクシジオイデス症、レジオネラ症、浸潤性肺炎球菌疾患)、報告義務のない感染症(尿路感染症、気管支炎、骨髄炎)は31例(36.0%)に認められ、46例(53.5%)は非感染症状態であった。この時期におけるCDCの検疫所への通達は 295件、うちEMSが国境にてカバーした症例は27例であった。この27例のうち、報告義務のある感染症は2例(結核、ハンセン病)、報告義務のない感染症は15(55.6%)例に認められ、10例は非感染症状態であった。EMSと検疫所にて検出された感染症例は一致しておらず、メキシコとの国境からの入国者における感染症罹患情報はEMSを利用することにより効率的に把握されるが、検疫所でのスクリーニングおよびCDCによる追跡も必要であることが示唆された。

References

  • Research and Innovation Technology Administration. U.S. border crossings [Database].Washington, DC: US Department of Transportation, Research and Innovation Technology Administration; 2010. Available at <http://www.transtats.bts.gov/bordercrossing.aspx>. Accessed April 1, 2010.
  • Institute of Medicine. Quarantine stations at ports of entry: protecting the public’s health. Washington, DC: National Academy Press; 2005.
  • Bork KH, Klein BM, Molbak K, Trautner S, Pedersen UB, Heegaard E. Surveillance of ambulance dispatch data as a tool for early warning. Euro Surveill 2006;11:229-33.
  • Ackerman R, Waldron RL. Difficulty breathing: agreement of paramedic and emergency physician diagnoses. Prehosp Emerg Care 2006;10:77-80.
  • Reingold A. If syndromic surveillance is the answer, what is the question? Biosecur Bioterror 2003;1:77-81.
  • Government Accountability Office. Public health and border security: HHS and DHS should further strengthen their ability to respond to tuberculosis incidents. Washington, DC: Government Accountability Office; 2008. Available at <http://www.gao.gov/new.items/d0958.pdf>. Accessed April 11, 2010.
  • Waterman SH, Escobedo M, Wilson T, et al. A new paradigm for quarantine and public health activities at land borders: opportunities and challenges. Public Health Rep 2009; 124:203-11.
  • Weinberg M, Waterman S, Lucas CA, et al. The U.S.-Mexico Border Infectious Disease Surveillance project: establishing bi-national border surveillance. Emerg Infect Dis 2003;9:97-102.
  • Cain KP, Benoit SR, Winston CA, MacKenzie WR. Tuberculosis among foreign-born persons in the United States. JAMA 2008;300:405-12.
  • CDC. Swine influenza A (H1N1) infection in two children-southern California, March-April 2009. MMWR 2009;58:400-2.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ