一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)肝細胞癌-アメリカ、2001~2006年

MMWR抄訳

rss

2010/05/07Vol. 59 / No. 17

MMWR59(17):517-520
Hepatocellular Carcinoma - United States, 2001-2006

肝細胞癌-アメリカ、2001~2006年

原発性肝細胞癌(HCC)は世界では癌による死亡の第3位、アメリカでは第9位に位置し、慢性B型肝炎ウイルス(HBV)およびC型肝炎ウイルス(HCV) 感染例がHCC症例の78%を占めている。アメリカではHCCの発生傾向について、CDCの National Program of Cancer Registries (NPCR)およびNCIのSurveillance, Epidemiology, and End Result (SEER)の2つのサーベイランスシステムを用いて分析を行っており、この報告では2001~2006年のデータ分析の結果を示す。期間中の発症数は計 48,596例、年間平均発症率は10万人あたり3.0であり、2001年:2.7から2006年:3.2へ増加、年間パーセント変化率(APC)は平均 3.5%であった。発症例の年齢(中央値)は64歳(男性:62歳、女性:69歳)、年齢別発症率は70~79歳(13.7)にて最も高く、次いで80歳以上(10.0)、60~69歳(9.6)、50~59歳(6.8)、40~49歳(2.1)と続き、男女別では男性が女性より約3倍高く(男性:5.0、女性:1.3)、男性にて2001年:4.5から2006年:5.4、女性にて2001年:1.2から2006年:1.4と増加、APCは男性にて3.6%、女性にて2.3%であった。人種別ではアジア/太平洋諸国にて最も高く(7.8)、次いで黒人(4.2)、アメリカンインディアン/アラスカ原住民(3.2)、白人(2.6)と続き、民族別ではラテン系:5.7、非ラテン系:2.8であった。APCは白人:3.8、黒人:4.8と増加した。また、州別の発症率はハワイ州にて最も高く(5.5)、サウスダコタ州にて最も低かった(1.4)。APCはオクラホマ州(11.7)、アイオワ州 (9.0)、ジョージア州(7.4)にて高かった。HCCはHBV、HCVの伝播および慢性化の予防により発症を抑制しうる疾患であるが、今回の分析結果から症例数は増加していることが示された。今後、HBV、HCV感染のスクリーニングと肝炎ワクチン接種によりこの増回傾向を食い止める必要があると思われる。

References

  • Parkin DM, Bray F, Ferlay J, Pisani P. Global cancer statistics, 2002. CA Cancer J Clin 2005;55:74-108.
  • Altekruse SF, McGlynn KA, Reichman ME. Hepatocellular carcinoma incidence, mortality, and survival trends in the United States from 1975 to 2005. J Clin Oncol 2009;27:1485-91.
  • Perz JF, Armstrong GL, Farrington LA, Hutin YJ, Bell BP. The contributions of hepatitis B virus and hepatitis C virus infections to cirrhosis and primary liver cancer worldwide. J Hepatol 2006;45:529-38.
  • Ahmed F, Perz JF, Kwong S, Jamison PM, Friedman C, Bell BP. National trends and disparities in the incidence of hepatocellular carcinoma, 1998-2003. Prev Chronic Dis 2008 Jul;5:A74. Epub 2008 Jun 15.
  • Institute of Medicine. Hepatitis and liver cancer: a national strategy for prevention and control of hepatitis B and C. Washington, DC: National Academies Press; 2010. Available at <http://www.iom.edu/reports/2010/hepatitis-and-liver-cancer-a-national- strategy-for-prevention-and-control-of-hepatitis-B-and-C.aspx>. Accessed May 3, 2010.
  • CDC. Surveillance for acute viral hepatitis - United States, 2007. MMWR 2009;58(No. SS-3).
  • Armstrong GL, Wasley A, Simard EP, McQuillan GM, Kuhnert WL, Alter MJ. The prevalence of hepatitis C virus infection in the United States, 1999 through 2002. Ann Intern Med 2006;144:705-14.
  • Miller BA, Chu KC, Hankey BF, Ries LA. Cancer incidence and mortality patterns among specific Asian and Pacific Islander populations in the U.S. Cancer Causes Control 2008;19:227-56.
  • Chang MH, You SL, Chen CJ, et al. Decreased incidence of hepatocellular carcinoma in hepatitis B vaccines: a 20-year follow-up study. J Natl Cancer Inst 2009;101:1348-55.
  • Sroczynski G, Esteban E, Conrads-Frank A, et al. Long-term effectiveness and cost-effectiveness of antiviral treatment in hepatitis C. J Viral Hepat 2010;17:34-50.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ