一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)成人肝炎ワクチンプロジェクト-カリフォルニア州、2・・・

MMWR抄訳

rss

2010/05/07Vol. 59 / No. 17

MMWR59(17):513-516
The Adult Hepatitis Vaccine Project - California, 2007-2008

成人肝炎ワクチンプロジェクト-カリフォルニア州、2007~2008年

2007 年、アメリカにおけるB型肝炎ウイルス感染の新規診断例は約43,000例と推定され、25~44歳の成人にて最も多いと報告されている。また、この新規診断例のほとんどは危険な性行為を行ったり、同じ注射器で薬物を回し打つリスク成人が占めている。2006年、Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)は全ての成人に対しB型肝炎(Hep-B)ワクチンを接種するよう勧告を出し、これに対しCDCはHep-Bワクチンの購入に連邦予算を充てることとし、2007年10月には2,000万ドルを用意した。これを受けてカリフォルニア州ではCalifornia Department of Public Health(CDPH)によりAdult Hepatitis Vaccine Project(AHVP)が設立され、リスク成人を扱う施設へ参加要請を行い、2007年6月~2008年12月、州内29施設[性感染症(STD)診療所:11、刑務所:4、地域健康センター:4、薬物乱用治療プログラム:4、注射器交換プログラム:4、HIVカウンセリング/検査/治療施設:2]が参加し、リスク成人に対するHep-Bワクチン接種が行われた。19ヶ月間にHep-Bワクチンは計28,824回(初回接種:15,865、2回目接種:8,488、3回目接種:4,165、4回目以降または接種回数不明:306)接種され、初回接種は男性:11,366(72%)、女性:4,239 例(27%)、年齢別では10~18歳:147(1%)、19~24歳:2,406(15%)、25~34歳:5,348(34%)、35~44 歳:4,009(25%)、45歳以上:3,611(23%)であった。接種場所はSTD診療所:63%、刑務所:22%、地域健康センター:7%、薬物乱用治療プログラム:4%、注射器交換プロフラム:3%、HIVカウンセリング/検査/治療施設:1%であり、29施設のうち13施設では初めてHep- Bワクチンの接種が行われた。連邦予算によるHep-Bワクチン接種の推進は、ワクチン接種の対応能を拡大しており、今後、医療保険適用の見直しとともに HBV伝播の撲滅に重要な手段であると思われる。

References

  • CDC. Surveillance for acute viral hepatitis-United States, 2007. MMWR 2009;58(No. SS-3).
  • CDC. A comprehensive immunization strategy to eliminate transmission of hepatitis B virus infection in the United States: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2006;55 (No. RR-16).
  • CDC. Hepatitis B vaccination coverage among adults-United States, 2004. MMWR 2006;55:509-11.
  • California Department of Public Health. Vaccine-preventable diseases in California, 2002-07. Richmond, CA: California Department of Public Health; 2009. Available at <http://www.cdph.ca.gov/programs/immunize/documents/vaccine- preventablediseasesca2002-07.pdf>. Accessed April 29, 2010.
  • CDC. Hepatitis B vaccination among high-risk adolescents and adults-San Diego, California, 1998-2001. MMWR 2002;51:618-21.
  • Institute of Medicine. Hepatitis and liver cancer: a national strategy for prevention and control of hepatitis B and C. Washington, DC: National Academies Press; 2010. Available at <http://www.iom.edu/reports/2010/hepatitis-and-liver-cancer-a-national- strategy-for-prevention-and-control-of-hepatitis-b-and-c.aspx>. Accessed April 29, 2010.
  • CDC. Hepatitis B virus: a comprehensive strategy for eliminating transmission in the United States through universal childhood vaccination: recommendations of the Immunization Practices Advisory Committee (ACIP). MMWR 1991;40 (No. RR-13).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ