一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)5ヶ月齢の乳児におけるロタウイルスワクチン接種率-・・・

MMWR抄訳

rss

2010/05/07Vol. 59 / No. 17

MMWR59(17):521-524
Rotavirus Vaccination Coverage Among Infants Aged 5 Months - Immunization Information System Sentinel Sites, United States, June 2006-June 2009

5ヶ月齢の乳児におけるロタウイルスワクチン接種率-Immunization Information System Sentinel Site、アメリカ、2006年6月~2009年6月

2006 年2月、Advisory Committee on Immunization Practice(ACIP)はアメリカの全ての乳児に対し、生後2、4、6ヶ月において5価ロタウイルスワクチン(RV)を3回接種するよう勧告を出し、2008年6月には2回目の接種を生後2、4ヶ月に1価ワクチンを2回接種するよう更新した。1回目の接種は生後14週と6日までとしている。CDC はImmunization Information System(IIS) Sentinel Siteデータから、1)2006年6月~2009年6月における5ヵ月齢の乳児における1回以上のRV接種率、2)2009年第2四半期におけるRV接種率と他のワクチン[ジフテリア、破傷風、無細胞性百日ぜき(DTaP)ワクチン、7価肺炎球菌結合型ワクチ(PCV7)]との比較に関して分析した。 2008~20012年のIISのSentinel Siteは、アリゾナ、コロラド、ミシガン、ミネソタ、オレゴンおよびウイスコンシン州の一部とノースダコタ州、ニューヨーク市全域の計8地域であり、2009年6月30日現在のデータでは、参加する乳児は23,532名(164~11,767名/地域)、RVワクチン接種率は平均72%(コロラド州:48%~ノースダコタ州:86%)であった。1回以上のDTaP接種率は85%(ニューヨーク市:71%~ノースダコタ州:93%)、PCV7接種率は85%(ニューヨーク市:72%~ミシガン州:91%)であった。コロラド州ではRV接種率と DTaP/PCV7接種率の差がともに37%と最も大きく、ミネソタ州ではDTaP接種率との差が2%、ノースダコタ州ではPCV7接種率との差が4%と最も小さかった。また、2004~2007年にもIIS Sentinel Siteであったアリゾナ、ミシガン、ミネソタ、オレゴン州では、勧告の発表から1年後には50~60%となり、その後、1四半期ごとに2.7%増加し、2009年第2四半期には74%となっている。ワクチン接種の導入により2007-08年、2008-09年におけるロタウイルスの感染期は前年に比べ短くなり、発症例の重症度も軽減しているため、今後も接種状況をモニターし、接種の拡大を推進していきたい。

References

  • CDC. Prevention of rotavirus gastroenteritis among infants and children: Recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2009;58 (No. RR-2).
  • Kempe A, Patel MM, Daley MF, et al. Adoption of rotavirus vaccination by pediatricians and family medicine physicians in the United States. Pediatrics 2009;124:e809-16.
  • Patel MM, Janssen AP, Tardif RR, Herring M, Parashar UD. A qualitative assessment of factors influencing acceptance of a new rotavirus vaccine among health care providers and consumers. BMC Pediatr 2007;7:32.
  • CDC. Rotavirus vaccination coverage and adherence to the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP)-recommended vaccination schedule-United States, February 2006-May 2007. MMWR 2008;57:398-401.
  • CDC. Influenza vaccination coverage among children and adults-United States, 2008-09 influenza season. MMWR 2009;58:1091-5.
  • Nuorti JP, Martin SW, Smith PJ, Moran JS, Schwartz B. Uptake of pneumococcal conjugate vaccine among children in the 1998-2002 United States birth cohorts. Am J Prev Med 2008;34:46-53.
  • CDC. 2000 National Immunization Survey child data tables: coverage levels by milestone ages; 19 months by state and IAP. Available at <http://www.cdc.gov/vaccines/stats-surv/nis/tables/00/19months_iap.xls>. Accessed January 14, 2010.
  • CDC. 2008 National Immunization Survey child data tables: coverage levels by milestone ages; 3 months and 5 months by state and local area. Available at <http://www.cdc.gov/vaccines/stats-surv/nis/data/tables_2008.htm#age>. Accessed January 6, 2010.
  • Khare M, Piccinino L, Barker LE, Linkins RW. Assessment of immunization registry databases as supplemental sources of data to improve ascertainment of vaccination coverage estimates in the National Immunization Survey. Arch Pediatr Adolesc Med 2006;160:838-42.
  • CDC. Reduction in rotavirus after vaccine introduction-United States, 2000-2009. MMWR 2009;58:1146-9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ