一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)ヨーロッパ、アジアへのアメリカ人旅行者におけるダニ・・・

MMWR抄訳

rss

2010/03/26Vol. 59 / No. 11

MMWR59(11): 335-338
Tick-Borne Encephalitis Among U.S. Travelers to Europe and Asia - 2000-2009

ヨーロッパ、アジアへのアメリカ人旅行者におけるダニ媒介脳炎-2000~2009年

ヨーロッパにおいてダニを介して感染するアルボウイルスはダニ媒介脳炎ウイルス(TBEV)が最も多く、ヨーロッパおよびロシアにおけるダニ媒介脳炎 (TBE)の発症数は年間約10,000例である。TBEは中国の一部の地方でも風土病として知られているが、発症数に関する情報はない。TBEVは脳炎を起こすダニ媒介フラビウイルスであるポワッサンウイルス(POWV)と同類であり、血清検査では交差反応を示す。北アメリカでは2000年までにヨーロッパへの旅行者2名にてTBEの発症が報告されており、今回、CDCにより2000~2009年におけるTBE発症例についての調査が行われ、5例が確認された。全例でTBEVまたはPOWV免疫グロブリンM(IgM)抗体が検出され、プラーク減少中和試験により急性TBEと診断された。うち4例はヨーロッパ/ロシアへの旅行者であり、1例に軽度の認識障害を残すが、全例にてほぼ完治に至っている。1例は中国へ旅行した15歳女児であり、この症例では認識障害は完治したが、重度の構語障害と軽度の動作緩慢症状が残っている。TBEによる脳炎および髄膜炎は、他のウイルスによる脳炎、髄膜炎との臨床鑑別が困難であるため、医療提供者は州または地域の保健機関へ診断の援助を求めるべきである。TBEVの検査はCDCのSpecial Pathogens Branchにて、TBEVおよび他のアルボウイルスの検査はArboviral Diseases Branchにて実施可能である。

References

  • Suss J. Tick-borne encephalitis in Europe and beyond-the epidemiological situation as of 2007. Euro Surveill 2008;13(4-6):1-8. Available at <http://www.eurosurveillance.org/viewarticle.aspx?articleId=18916>. Accessed March 18, 2010.
  • Lu Z, Broker M, Liang G. Tick-borne encephalitis in mainland China. Vector Borne Zoonotic Dis 2008;8:713-20.
  • Hinten S, Beckett G, Gensheimer K, et al. Increased recognition of Powassan encephalitis in the United States, 1999-2005. Vector Borne Zoonotic Dis 2008;8:733-40.
  • Leonova G, Kondratov I, Ternovoi V, et al. Characterization of Powassan viruses from far eastern Russia. Arch Virol 2009;154:811-20.
  • Artsob H, Spence L. Imported arbovirus infections in Canada 1974-89. Can J Infect Dis 1991;2:95-100.
  • Cruse RP, Rothner AD, Erenberg G, Calisher CH. Central European tick-borne encephalitis: an Ohio case with a history of foreign travel. Am J Dis Child 1979;133:1070-1.
  • Barrett PN, Plotkin SA, Ehrlich HJ. Tick-borne encephalitis virus vaccines. In: Plotkin SA, Orenstein WA, Offit PA, eds. Vaccines. 5th ed. Philadelphia, PA: Elsevier; 2008:841-56.
  • Lindquist L, Vapalahti O. Tick-borne encephalitis. Lancet 2008;371:1861-71.
  • Kaiser R. The clinical and epidemiological profile of tick-borne encephalitis in southern Germany 1994-98: a prospective study of 656 patients. Brain 1999;122:2067-78.
  • Rendi-Wagner P. Risk and prevention of tick-borne encephalitis in travelers. J Travel Med 2004:11:307-12.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ