一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)母乳栄養の開始と期間における人種および民族間の相違

MMWR抄訳

rss

2010/03/26Vol. 59 / No. 11

MMWR59(11): 327-334
Racial and Ethnic Differences in Breastfeeding Initiation and Duration, by State - National Immunization Survey, United States, 2004-2008

母乳栄養の開始と期間における人種および民族間の相違

American Academy of Pediatricsは母乳栄養を生後6ヶ月までに開始し、生後12ヶ月まで継続することを推奨しており、Healthy People 2010においても母乳栄養の開始、生後6ヶ月および12ヶ月での母乳栄養継続の目標値をそれぞれ75%、50%、25%としている。今回、CDCはNational Immunization Survey(NIS)の2004~2008年データから、2003~2006年に出生した乳児の母乳栄養に関する分析結果を発表した(50州およびワシントンDC、総回答数:100,930)。その結果、母乳栄養を与えたことがあるとの回答は73.4%、生後6および12ヶ月まで母乳栄養を与えたとの回答はそれぞれ41.7%、21.0%であり、人種別ではラテン系にてそれぞれ80.4、45.1、24.0%、非ラテン系白人にて74.3、43.2、 21.4%、非ラテン系黒人にて54.4、26.6、11.7%、アメリカインディアン/アラスカ原住民にて69.8、37.1、19.4%、アジア/太平洋諸島にて80.9、52.4、29.7%であった。州別では2州(ミネソタ、ロードアイランド州)を除き、有意ではないが、非ラテン系白人に比べ非ラテン系黒人にて母乳栄養率が低く、12州およびワシントンDCでは20%以上の開きがあり、また、アラバマ、アーカンソー、ケンタッキー、ルイジアナ、ミシシッピおよびサウスカロライナ州では非ラテン系黒人における母乳栄養率が45%未満であった。全体的にラテン系における母乳栄養率は西部にて低く、東部にて高い傾向が認められた。分析可能なサンプル数(各群50名以上)を満たす州において、Healthy People 2010の目標値を満たす州はラテン系:33/49、非ラテン系白人:27/51、非ラテン系黒人:1/33州であり、生後6ヶ月までの母乳栄養の継続に関してはそれぞれ8/49、14/51、2/33州、生後12ヶ月までの継続は12/49、14/51、3/33州であった。以上、母乳栄養率には州および人種により大きな相違が認められ、CDCはとくに非ラテン系黒人女性に対して母乳栄養の促進と支援を開始し、2009年12月には母乳栄養に関する会合を開いており、今後、これらの成果が期待される。

References

  • Gartner LM, Morton J, Lawrence RA, et al. Breastfeeding and the use of human milk. Pediatrics 2005;115:496-506.
  • CDC. Breastfeeding among U.S. children born 1999-2006, CDC National Immunization Survey. Available at <http://www.cdc.gov/breastfeeding/data/nis_data/index.htm>. Accessed March 23, 2010.
  • CDC. Statistical methodology of the National Immunization Survey, 1994-2002. Vital Health Stat 2005;2(138).
  • Grummer-Strawn LM, Shealy K. Progress in protecting, promoting, and supporting breastfeeding: 1984-2009. Breastfeeding Med 2009;4:S31-9.
  • CDC. Racial and socioeconomic disparities in breastfeeding. MMWR 2004;55:335-9.
  • Ludington-Hoe S, McDonald PE, Satyshur R. Breastfeeding in African-American women. J Natl Black Nurses Assoc 2002;13:56-64.
  • Gill S. Breastfeeding by Hispanic women. J Obstet Gynecol Neonatal Nurs 2009;38:244-52.
  • Nommsen-Rivers LA, Chantry CJ, Cohen RJ, Dewey KG. Comfort with the idea of formula feeding helps explain ethnic disparity in breastfeeding intentions among expectant first time mothers. Breastfeed Med 2010;5:25-33.
  • Li R, Scanlon KS, Serdula MK. The validity and reliability of maternal recall of breastfeeding practice. Nutr Rev 2005;63:103-10.
  • Molinari N, Wolter KM, Skalland B, et al. Quantifying bias in a health survey: an application of total survey error modeling to the National Immunization Survey. Presented at the annual meeting of the American Association for Public Opinion Research, May 14-17, 2009, Hollywood, FL.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ