一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)暫定的結果:医療関係者における2009年インフルエ・・・

MMWR抄訳

rss

2010/04/02Vol. 59 / No. 12

MMWR59(12):357-362
Interim Results: Influenza A (H1N1) 2009 Monovalent and Seasonal Influenza Vaccination Coverage Among Health-Care Personnel - United States, August 2009-January 2010

暫定的結果:医療関係者における2009年インフルエンザA(H1N1)1価ワクチンと季節性インフルエンザワクチンの接種率-アメリカ、2009年8月~2010年1月

1986 年以降、Healthcare Infection Control Practices Advisory Committee(HICPAC)とAdvisory Committee on Immunization Practices(ACIP)は、全ての医療関係者(HCP)にインフルエンザワクチンを年1回接種するよう勧告している。しかしNational Health Interview Surveyのデータによると、1989年以降にHCPのインフルエンザワクチン接種率が49%を超えたシーズンはない。2009年8月、ACIPは HCPを2009年インフルエンザA(H1N1)1価ワクチンの優先接種対象者とした。この報告は、2010年1月に実施したインフルエンザワクチン接種に関するインターネットによる母集団ベースパネル調査に参加したHCP1,417名の回答結果をまとめたものである。2010年1月中旬までの推定ワクチン接種率は、2009年パンデミックインフルエンザA(H1N1)ワクチンが37.1%、季節性インフルエンザワクチンが61.9%であった。全体として 64.3%が2種類のワクチンのどちらかを接種しており、この接種率は過去最高であったが、両ワクチンの接種者は34.7%のみであった。2009年 H1N1ワクチンの接種率は、雇用主がその接種を仕事上必要、あるいは推奨している施設のHCPが、雇用主がワクチン接種を仕事上必要とせず推奨もしていない施設のHCPに比べて、それぞれ約8倍、4倍高かった。HCPのインフルエンザワクチン接種は患者の安全対策として重要であるため、医療施設管理者は今後のシーズンのHCPにおける予防接種率を増加させるために努力する必要がある。

References

  • CDC. Influenza vaccination of health-care personnel: recommendations of the Healthcare Infection Control Practices Advisory Committee (HICPAC) and the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2006;55(No. RR-2).
  • CDC. Prevention and control of influenza. MMWR 1986;35:317-26.
  • Caban-Martinez AJ, Lee DJ, Davila EP, et al. Sustained low influenza vaccination rates in US healthcare workers. Prev Med 2010;50:210-2.
  • Walker FJ, Singleton JA, Lu P, Wooten KG, Strikas RA. Influenza vaccination of healthcare workers in the United States, 1989-2002. Infect Control Hosp Epidemiol 2006;27:257-65.
  • CDC. Use of influenza A (H1N1) 2009 monovalent vaccine: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2009. MMWR 2009;58(No. RR-10).
  • Harris KM, Maurer J, Lurie N. Influenza vaccine use by adults in the U.S. Arlington, VA: RAND Corporation; 2009. Available at <http://www.rand.org/pubs/occasional_papers/OP270>. Accessed March 25, 2010.
  • US Department of Health and Human Services. Increase the proportion of adults who are vaccinated annually against influenza and ever vaccinated against pneumococcal disease. Objective 14-29. Healthy people 2010 (conference ed., in 2 vols). Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2000. Available at <http://www.healthypeople.gov/document/html/objectives/14-29.htm>. Accessed March 25, 2010.
  • Palmore TN, Vanderluis P, Morris J, et al. A successful mandatory influenza vaccination campaign using an innovative electronic tracking system. Infect Control Hosp Epidemiol 2009;30:1137-42.
  • Babcock HM, Gemeinhart N, Jones M, Dunagan WC, Woeltje KF. Mandatory influenza vaccination of health care workers: translating policy to practice. Clin Infect Dis 2010;50:459-64.
  • Lindley MC, Yonek J, Ahmed F, Perz JF, Williams Torres G. Measurement of influenza vaccination coverage among healthcare personnel in US hospitals. Infect Control Hosp Epidemiol 2009;30:1150-7.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ