一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)集中治療を要した妊娠女性における2009パンデミッ・・・

MMWR抄訳

rss

2010/03/26Vol. 59 / No. 11

MMWR59(11):321-326
2009 Pandemic Influenza A (H1N1) in Pregnant Women Requiring Intensive Care - New York City, 2009

集中治療を要した妊娠女性における2009パンデミックインフルエンザA(H1N1)-ニューヨーク市、2009年

New York City Department of Health and Mental Hygiene(DOHMH)は、2009年4月25日より妊娠女性における2009 H1N1感染症に関するサーベイランスを開始した。サーベイランスの結果、2009年において妊婦16例と分娩後女性1例(計17例、20~37歳)での 2009H1N1感染が確認され、ICUには4~6月に9例、10~11月に8例が入院していた。入院時の妊娠週は34(6~41)週であり、入院日数は 12(4~38)日間、うち5例は妊娠以外に重度の合併症を有していた(喘息/心血管疾患:1、鎌状赤血球疾患:1、喘息:1、発作性疾患:1、糖尿病:1)。17例中11例が妊娠の第3期であり、うち5例は急性呼吸窮迫症候群(ARDS)を来した。全例に対しoseltamivirが投与され、9例が入院中に出産(うち4例は緊急帝王切開)したが、1名が死産、1名が出産直後に死亡し、また6名が新生児ICUに入っている。2009年5~6月のデータ分析では、2009 H1N1による入院は非妊娠女性に比べ妊婦にて7.2倍、ICUへの入院は4.3倍高値となっている。今回、17例のうちワクチン接種を受けていた症例は 1例のみであったが、感染の予防にはワクチンの接種が最も有効であることから、妊婦、分娩後の女性および妊娠の予定がある女性に対し、ワクチン接種の重要性を認識させるべきである。

References

  • Dodds L, McNeil SA, Fell DB, et al. Impact of influenza exposure on rates of hospital admissions and physician visits because of respiratory illness among pregnant women. CMAJ 2007;176:463-8.
  • Freeman DW, Barno A. Deaths from Asian influenza associated with pregnancy. Am J Obstet Gynecol 1959;78:1172-5.
  • Harris JW. Influenza occurring in pregnant women. JAMA 1919;72:978-80.
  • Jamieson DJ, Honein MA, Rasmussen SA, et al; Novel Influenza A (H1N1) Pregnancy Working Group. H1N1 2009 influenza virus infection during pregnancy in the USA. Lancet 2009;374:451-8.
  • Louie JK, Acosta M, Jamieson DJ, Honein MA; California Pandemic (H1N1) Working Group. Severe 2009 H1N1 Influenza in Pregnant and Postpartum Women in California. N Engl J Med 2009; 362:27-35.
  • Creanga AA, Johnson TF, Graitcer SB, et al. Severity of 2009 pandemic influenza A (H1N1) virus infection in pregnant women: New York City, May-June 2009. Obstet Gynecol 2010;115:717-26.
  • CDC. Prevention and control of seasonal influenza with vaccines: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2009. MMWR 2009;58 (No. RR-8).
  • CDC. Evaluation of rapid influenza diagnostic tests for detection of novel influenza A (H1N1) virus-United States, 2009. MMWR 2009;58:826-9.
  • The American College of Obstetricians and Gynecologists. 2009-2010 influenza season assessment and treatment for pregnant women with influenza-like illness. Washington, DC: The American College of Obstetricians and Gynecologists; October 15, 2009. Available at <http://www.acog.org/depart ments/resourcecenter/2009h1n1triagetreatment.pdf>. Accessed March 19, 2010.
  • CDC. Updated interim recommendations for obstetric health care providers related to use of antiviral medications in the treatment and prevention of influenza for the 2009-2010 season. December 29, 2009. Available at <http://www.cdc.gov/h1n1flu/pregnancy/antiviral_messages.htm>. Accessed March 19, 2010.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ