一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)呼吸器発疹(RS)ウイルス活性-アメリカ、2008・・・

MMWR抄訳

rss

2010/03/05Vol. 59 / No. 8

MMWR59(8): 230-233
Respiratory Syncytial Virus Activity - United States, July 2008-December 2009

呼吸器発疹(RS)ウイルス活性-アメリカ、2008年7月~2009年12月

呼吸器発疹ウイルス(RSV)は世界中の1歳未満の小児における細気管支炎と肺炎の主因である。アメリカでは毎年RSV感染症により乳児約 75,000~125,000例と65歳の成人177,000例が入院し、65歳の成人14,000例が死亡する。RSVシーズンは通常秋に始まり冬から春にかけて続くが、RSV循環の正確な時期は地域や年によって変動する。アメリカではNational Respiratory and Enteric Virus Surveillance System(NREVSS)のデータがRSVの季節性発現の監視に利用されているが、そのデータによると2008-09RSVシーズンはU.S. Department of Health and Human services(HHS)のフロリダを除く10地域で10月中旬~12月下旬に始まり、2月中旬~4月中旬に終息した。これらHHS10地域におけるシーズン期間は14~23週間(中央値:16週間)であった。フロリダでは2008-09RSVシーズンは7月中旬に始まって2月初旬に終息し、期間は 30週間であった。現在の2009-10RSVシーズンについては、2009年7月28日の週~2010年2月20日に50州全てとワシントンDCの 634の研究所でシーズン開始が報告された。またRSV抗原検出検査を行った316,453検体中50,070検体(16%)が陽性であった。以上、 2008-09シーズンのRSV循環パターンは2007-08シーズンと同様であり、やはりHHS10地域とフロリダでシーズンの開始・終息・期間に違いがみられることが明らかになった。RSV循環の季節的変動の知識は、急性呼吸器疾患の原因としてRSVを考慮する時期や重度疾患リスクの高い小児に対する RSV免疫予防提供の時期の決定に有用である。

References

  • Shay DK, Holman RC, Newman RD, Liu LL, Stout JW, Anderson LJ. Bronchiolitis-associated hospitalizations among U.S. children, 1980-1996. JAMA 1999;282:1440-6.
  • Falsey AR, Hennessey PA, Formica MA, Cox C, Walsh EE. Respiratory syncytial virus infection in elderly and high-risk adults. N Engl J Med 2005;352:1749-59.
  • Mullins JA, LaMonte AC, Bresee JS, Anderson LJ. Substantial variability in community RSV season timing. Pediatr Infect Dis J 2003;22:857-62.
  • CDC. Respiratory syncytial virus activity-United States, July 2008-December 2008. MMWR 2008;57:1355-8.
  • American Academy of Pediatrics. Respiratory syncytial virus. In: Pickering LK, Baker CJ, Kimberlin DW, Long SS, eds. Red book: 2009 Report of the Committee on Infectious Diseases. 28th ed. Elk Grove Village, IL: American Academy of Pediatrics; 2009:560-9.
  • Welliver RC Sr. Temperature, humidity, and ultraviolet B radiation predict community respiratory syncytial virus activity. Pediatr Infect Dis J 2007;26:S29-35.
  • Zachariah P, Shah S, Gao D, Simoes EA. Predictors of the duration of the respiratory syncytial virus season. Pediatr Infect Dis J 2009;28:772-6.
  • Hall CB. Nosocomial respiratory syncytial virus infections: the “Cold War” has not ended. Clin Infect Dis 2000;31:590-6.
  • American Academy of Pediatrics Committee on Infectious Diseases. Modified recommendations for use of palivizumab for prevention of respiratory syncytial virus infections. Pediatrics. 2009;124:1694 -701.
  • Light M, Bauman J, Mavunda K, Malinoski F, Eggleston M. Correlation between respiratory syncytial virus (RSV) test data and hospitalization of children for RSV lower respiratory tract illness in Florida. Pediatr Infect Dis J 2008;27:512-8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ