一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)13価肺炎球菌結合型ワクチン認可前の幼児における浸・・・

MMWR抄訳

rss

2010/03/12Vol. 59 / No. 9

MMWR59(9):253-257
Invasive Pneumococcal Disease in Young Children Before Licensure of 13-Valent Pneumococcal Conjugate Vaccine - United States, 2007

13価肺炎球菌結合型ワクチン認可前の幼児における浸潤性肺炎球菌疾患-アメリカ、2007年

アメリカでは2000年に開始された7価肺炎球菌結合型ワクチン(PCV7)の接種により、5歳未満の幼児における浸潤性肺炎球菌疾患(IPD)の発症率は 76%減少しているが、非PCV7血清型肺炎球菌によるIPDの発症率は増加している。2010年2月、Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)は新たに認可された13価肺炎球菌結合型ワクチン[PCV13:PCV7が含有する血清型(4、6B、9V、14、 18C、19F、23F)と新たに1、3、5、6A、7F、19Aの6種の血清型を含む]の接種に関する勧告を発表している。ここではCDCによる PCV13認可前(2007年)における5歳未満のIPD幼児例に関するデータ(Active Bacterial Core surveillance:ABCs)の分析結果を報告する。2006~2007年はコネチカット、ミネソタ、ニューメキシコ州およびカリフォルニア、コロラド、ジョージア、メリーランド、ニューヨーク、オレゴン、テネシー州の一部の郡にてIPDサーベイランスが行われ、5歳未満の幼児493例にてIPD の発症が確認された。年齢別発症数は12ヵ月未満:155(36%)、12~23ヶ月:124(29%)、24~35ヶ月:71(17%)、36~47ヶ月:48(11%)、48~59ヶ月:29(7%)であり、人種別の発症率は10万人あたり黒人:35.8、他民族:30.7、白人:18.4であった。血清型は427例にて明らかであり、PCV13に含まれる血清型による発症が274例(64%)を占め、260例はPCV7に含まれない血清型(3、 7F、19A)によるものであり、19Aによる発症数は180例(42%)と最も多かった。入院および臨床転帰に関しては272例にて明らかであり、 168例(62%)が入院し、4例(2%)が死亡した。これらのデータから、アメリカにおける発症数は4,600例、PCV7血清型により70例、 PCV13血清型により2,900例と推定された。今後、PCV13の導入によりさらにIPD発症数は減少することが期待され、認可後のモニタリングによりその有効性および非PCV13血清型によるIPD発症数の変化が明らかになると思われる。

References

  • CDC. Preventing pneumococcal disease among infants and young children: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2000;49(No. RR-9).
  • Pilishvili T, Lexau C, Farley MM, et al. Sustained reductions in invasive pneumococcal disease in the era of conjugate vaccine. J Infect Dis 2010;201:32-41.
  • CDC. Licensure of a 13-valent pneumococcal conjugate vaccine (PCV13) and recommendations for use among children-Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2010. MMWR 2010;59:258-61.
  • CDC. Invasive pneumococcal disease in children 5 years after conjugate vaccine introduction-eight states, 1998-2005. MMWR 2008;57:144-8.
  • Kieninger DM, Kueper K, Steul K, et al. Safety and immunologic non-inferiority of 13-valent pneumococcal conjugate vaccine compared to 7-valent pneumococcal conjugate vaccine given as a 4-dose series with routine vaccines in healthy infants and toddlers. In: Proceedings of the 48th Annual Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy; October 25-28, 2008; Washington, DC. Arlington, VA: Infectious Diseases Society of America; 2008.
  • Pelton SI, Huot H, Finkelstein JA, et al. Emergence of 19A as virulent and multidrug resistant pneumococcus in Massachusetts following universal immunization of infants with pneumococcal conjugate vaccine. Pediatr Infect Dis J 2007;26:468-72.
  • Kaplan SL, Barson WJ, Lin PL, et al. Serotype 19A is the most common serotype causing invasive pneumococcal infections in children. Pediatrics 2010;125:429-36.
  • CDC. Direct and indirect effects of routine vaccination of children with 7-valent pneumococcal conjugate vaccine on incidence of invasive pneumococcal disease-United States, 1998-2003. MMWR 2005;54:893-7.
  • Hausdorff WP, Feikin DR, Klugman KP. Epidemiological differences among pneumococcal serotypes. Lancet Infect Dis 2005;2:83-93.
  • CDC. Pneumonia hospitalizations among young children before and after introduction of pneumococcal conjugate vaccine-United States, 1997-2006. MMWR 2009;58:1-4.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ