一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)潜伏結核感染症の治療患者における重篤なイソニアジド・・・

MMWR抄訳

rss

2010/03/05Vol. 59 / No. 8

MMWR59(8): 224-229
Severe Isoniazid-Associated Liver Injuries Among Persons Being Treated for Latent Tuberculosis Infection - United States, 2004-2008

潜伏結核感染症の治療患者における重篤なイソニアジド関連肝障害-2004~2008年

1960 年代以降、イソニアジド(INH)の6~9ヶ月投与は潜伏結核感染症(LTBI)の重要な治療法であったが、その適応はINHの毒性と長期治療期間に関する懸念のため制限されている。LTBI治療に関連した重篤な有害事象(SAE)の発現頻度と発現患者の臨床的特徴を検討するため、CDCは2004年1月にLTBI治療関連SAE監視全国プロジェクトを開始し、州の保健局にLTBI治療レジメンに関連したSAEを受動的サーベイランスシステムに報告するよう奨励した。この報告は、2004~2008年の調査結果をまとめたものである。この期間中、SAEとして成人15例(19~63歳)、小児2例(11 歳、14歳)が報告された。全例がINH治療を受け、重度肝障害を発症した。小児1例を含む5例は肝移植を行い、肝移植患者1例を含む成人5例が死亡した。以上の所見より、INH治療患者は年齢やINH関連肝障害の推定予測因子の有無にかかわらず、特異体質的薬剤反応のリスクがあることが強調された。 LTBIに対してINH治療を受ける患者はINHによる肝毒性のリスクがあるため、米国胸部学会(ATS)/CDC勧告に準じて監視する必要がある。また医療提供者は、INH治療中に悪心や嘔吐、腹部不快感、不明熱などの症状が発現した場合にはすぐに治療を中止して受診するよう患者に指導するべきである。

References

  • CDC. Targeted tuberculin skin testing and treatment of latent tuberculosis infection. MMWR 2000;49(No. RR-06).
  • American Thoracic Society. An official ATS statement: hepatotoxicity of antituberculosis therapy. Am J Respir Crit Care Med 2006;174:935-52.
  • Czaja AJ, Carpenter HA. Optimizing diagnosis from the medical liver biopsy. Clin Gastroenterol Hepatol 2007;5:898-907.
  • Bennett DE, Courval JM, Onorato I, et al. Prevalence of tuberculosis infection in the United States population: the national health and nutrition examination survey, 1999-2000. Am J Respir Crit Care 2008;177:348-55.
  • CDC. Severe isoniazid-associated hepatitis-New York, 1991-1993. MMWR 1993;42:545-7.
  • Pediatrics Tuberculosis Collaborative Group. Targeted tuberculin skin testing and treatment of latent tuberculosis infection in children and adolescents. Pediatrics 2004;114: 1175-201.
  • Nolan CM, Goldberg SV, Buskin SE. Hepatotoxicity associated with isoniazid preventive therapy: a 7-year survey from a public health tuberculosis clinic. JAMA 1999;281:1014-8.
  • Sterling TR, Bethel J, Goldberg S, et al. The scope and impact of treatment of latent tuberculosis infection in the United States. Am J Respir Crit Care Med 2006;173:927-31.
  • Menzies D, Long R, Trajman A, et al. Adverse events with 4 months of rifampin therapy or 9 months of isoniazid therapy for latent tuberculosis infection: a randomized trial. Ann Intern Med 2008;149:689-97.
  • Joint Tuberculosis Committee of the British Thoracic Society. Control and prevention of tuberculosis in the United Kingdom: code of practice 2000. Thorax 2000;55:887-901.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ