一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)聴覚障害乳児の発見-アメリカ、1999~2007年

MMWR抄訳

rss

2010/03/05Vol. 59 / No. 8

MMWR59(8): 220-223
Identifying Infants with Hearing Loss - United States, 1999-2007

聴覚障害乳児の発見-アメリカ、1999~2007年

先天性聴覚障害の発症率は、出生児1,000名あたり2~3例である。聴覚障害の見逃しは発話や言語の発達遅滞につながる可能性があるため、米国の全州および準州は聴覚障害早期発見・介入(EHDI)プログラムを確立している。このプログラムは新生児や乳児に対するスクリーニングとその後の追跡調査の確実な実施を支援しており、内容として全新生児における生後1ヶ月以内の聴覚スクリーニング実施、スクリーニングで異常が発見された乳児における生後3ヶ月以内の診断的聴覚評価の実施、聴覚障害確認乳児における生後6ヶ月以内の早期介入とEHDIプログラムへの結果報告を推奨している。聴覚障害の新生児および乳児を発見するための取り組み状況を調査するため、CDCはEHDIサーベイランスの1999~2007年のデータを分析した。1999~2004年と 2005~2007年でデータの報告および収集の方法が異なっていたが、新生児・乳児の聴覚障害スクリーニング率は1999年(22州+準州)の 46.5%から2007年(47州+準州)には97.0%に増加した。またスクリーニングで異常が発見されたが、追跡調査に失敗した乳児(診断や介入サービスを受けなかった場合、あるいはサービスを受けたがEHDIプログラムに結果を報告しなかった場合)の割合は、CDCが初めてデータを収集した2005 年(44州+準州)の64.0%から2007年(44州+準州)には46.1%に低下した。21州では、聴覚障害と診断された乳児の数が2001年の 1,736例から2007年には2,212例へと約500例増加した。以上の所見は、EHDIプログラムにおける聴覚障害のスクリーニング・評価・介入・報告の目標達成に向けた進展を示した。EHDIプログラムによる追跡調査の取り組みの持続的拡大、医療提供者によるデータ報告、データのリンクや統合、医療提供者とEHDIプログラム間での情報共有は、追跡調査の失敗減少や同プログラムの有効性立証のために重要である。

References

  • Vohr B. Overview: infants and children with hearing loss-part I. Ment Retard Dev Disabil Res Rev 2003;9:62-4.
  • US Preventive Services Task Force. Universal screening for hearing loss in newborns: US Preventive Services Task Force recommendation statement. Pediatrics 2008;122:143-8.
  • Brownson RC, Chriqui JF, Stamatakis KA. Understanding evidence-based public health policy. Am J Public Health 2009; 99:1576-83.
  • Joint Committee on Infant Hearing. Year 2007 position statement: principles and guidelines for early hearing detection and intervention programs. Pediatrics 2007;120:898-921.
  • Mason CA, Gaffney M, Green DR, Grosse SD. Measures of follow-up in early hearing detection and intervention programs: a need for standardization. Am J Audiol 2008;17:60-7.
  • Liu CL, Farrell J, MacNeil JR, Stone S, Barfield W. Evaluating loss to follow-up in newborn hearing screening in Massachusetts. Pediatrics 2008;121:e335-43.
  • Christensen M, Thomson V, Letson GW. Evaluating the reach of universal newborn hearing screening in Colorado. Am J Prev Med 2008;35:594-7.
  • Niskar AS, Kieszak SM, Holmes A, Esteban E, Rubin C, Brody DJ. Prevalence of hearing loss among children 6 to 19 years of age: the Third National Health and Nutrition Examination Survey. JAMA 1998;279:1071-5.
  • Ross DS, Visser SN, Holstrum WJ, Qin T, Kenneson A. Highly variable population-based prevalence rates of unilateral hearing loss following the application of common case definitions. Ear Hear 2010;31:126-33.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ